【バイク】朝練報告書

月イチ更新になりつつありますので
タイトルを「朝練日誌」から「朝練報告書」に修正しました(業務連絡)(何の業務?)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
9月某日。
天気:曇り
気温:16度

ほぼひと月ぶりに朝練をした。
行先は100kmのホームコース、所要時間はn(ピー)(※自主規制)である。

出発は夜明けと同時に・・・と計画していたところ
SV2020920.jpg

5:38に出発となった。
(画像は出発時の空の様子を撮影したもの)

4;30には出発する気満々だったので、一時間以上もガレージの前で正座待機する羽目に陥った。

いったい、いつの間に季節は巡っていたのだろうか。
私に断りもなく夏を辞めるとは、けしからん限りである。

心の中で季節の神に文句を垂れてから、ペコリと車体に向かって頭を下げ、SVに跨る。

気温はすでに晩夏を越えて初秋のものとなっている。

ウェアは夏用から内張を外したスリーシーズン用に衣替えし、グローブは夏用を選択した。
指先はかじかまなかったので、グローブはまだ夏用でも問題ないと思うが
ウェアは少し寒かった。
次回は内張を付けるか、インナーウェアを厚手のものにしたほうが良さそうだ。

この日は朝の8時から電気工事の業者が自宅に来ることになっていたので
最寄りの道の駅まで走って、1時間ほどで帰ってくる計画だった。

散乱している洗濯物を片付けて、麿になっている眉毛を描かないことには家に人を上げられない。
ほんとは3時間くらいゆっくりと走りたかったけれど、30kmくらいで我慢して帰ってくることにした。

コロナの影響か、天気が不安定なためかはわからないけれど
道はとても空いていた。
山の中では後続車も対向車もほとんどなく、バイクにもすれ違わなかった。

山の頂で気合いの入ったローディ集団(スポーツ自転車に乗った暑苦しい団体様)とすれ違った。

朝の6時前に山頂付近でハァハァ言ってるなんて、彼らはいったい何時から走ってるんだろう?と疑問に思ったが
きっと彼らも「お前にだけは言われたくない」と思うだろうから、軽く手を振って追い越しておいた。

山の頂を少し過ぎたところで、白いロードスターに追いつかれた。

朝練中に車に追いつかれるのは、最近あまりない事態だったので、少し驚いた。

ちょっとだけペースを上げてみたところ、白のロードスターは自然な速度で追いついてくる。
とてもスムーズな加速だし、静かな排気音だった。
こちらを煽ってくるかと思いきや、ストレートで少し車間を開けるという気遣いを見せてくれた。

私の経験上、
「一見ほぼノーマルに見えるロードスターで、かつ煽り運転などしない人は本物の速い人
ということが分かっていたので、
私は静かに左により、白ロードスターに道を譲った。

白ロードスターはすぐに意図を察して私を追い越し、1秒とかからずに視界から姿を消した。

やはり速い人だったようだ・・・無駄のない加速とハンドリング。
カッコいい✨

でも、そんな彼に追いついて
アクセル一発で華麗に追い越し、追い抜きざまにピッ!と指でサインを送ったら
あたくし、超カッコいいよね?
と思い直し、アクセルを開けてロードスターを追いかけてみることにした。

二度と追いつけなかった。

どうやら、白ロードスター氏は本物だったようだ・・・。
どうやらカッコよくはなれなかったようだ。

そして、白ロードスター氏に追いつこうとしている間に
目的地を通りすぎていた。

だが、この程度のことはいつものことである。

私は冷静に判断し、このまま周回路のホームコースを走り切って100km程度で帰宅することにした。

洗濯物はおパンツだけ優先的に片付け、眉毛は麿のままでOKとする。
そうすれば業者の来訪ギリギリまで走っていられるだろう。

麿眉の不自然さを隠すため、テレビには録画しておいた「おじゃる丸」を流しておくと良いかもしれない。
「おじゃる君って、可愛いよね~!」などと業者に聞こえるように呟いておけば、「おじゃるコスプレをする中年女」という自然な印象を与えられるに違いない。
完璧だ。
余談だが、おじゃる丸は大好きである。


この日は、車も少なかったが、信号に引っかかる回数もとても少なかった。
全行程100kmちょいの間、停車した回数は10回にも満たなかったと思う。

私が信号に差し掛かると、まるで待っていてくれたかのように色が青に変わるのだ。

何度もそういうタイミングを経験しているうちに、昔、父が教えてくれた魔法の話を思い出した。

父は、一緒に車に乗っているときに赤信号に差し掛かると、いつも
「よし、俺が魔法を見せたる」
と言っていた。

青~!青~!・・・信号よ~~青になれ~~~~ホイ!

そうやって時間稼ぎをしていると、たいてい信号が赤から青に変わり
「ヨシ!今日も魔法が効いた」
とドヤ顔で言うのだった。
そして決まって「お前が小さかった頃は、この魔法が大好きやった」と言っていた。

私は、大きくなってもそのお約束の魔法が大好きだった。

父が魔法を披露すると、いつも決まって
「お父さん!何回その話するん?私はもう大人なんやから、もっとすごい魔法が使えるんよ?」
と言って
「青になる、と見せかけてスクランブル式で色が変わらない魔法~!チチンプイ!」とか
「青になる、と同時にお腹が空いてくる魔法~!ぐるぐるホイ!」
などの新しい魔法を披露したものだった。

すると父は笑って
「よし、俺ももっと凄いのを出そう」
と言って、大きなガスを体内から放出したりしていた。
出すな。
私はいつも全力で抗議していた。


男親の最後の手段が「オナラ」というのは、どこの家庭でも同じなのであろうか。
うちのイインチョには絶対に禁止している。

信号運が殊の外良かったおかげで
100kmをn(※自主規制)時間で走り抜けることができた。

事故もなく、ヒヤッとする場面もない安全な周回だった。
リアブレーキの使い方は相変わらずぎこちないままだけど、これは次回以降の課題としよう。

それとも、コーナーの奥でガツンとフロントブレーキをかけて車体の向きを変える動きを試してみようか。
昔はそういう「ツインっぽいヒラヒラした乗り方」を練習したものだったけど、最近やってないよな・・・

などと考えながら、SVを軽く拭い、ガレージのシャッターの前に停めた。
SVを降りてから、車体に向かってペコリと軽く頭を下げた。
今日も一日、事故なく走らせてくれてありがとうSV。

こうして、トラブルもネタもないまま、その日も平和に朝練が終了した。



なお、少し早めに家に着いたおかげで、眉毛は麿から通常運転ラインに戻すことができた。
ただ、洗濯物の散乱は隠ぺい工作が間に合わなかったので
おパンツだけ片付けてから、テレビには鉄腕DASHを流しておいた。

「無人島の開拓って、ロマンがあるよね~!」
と大きな声で呟いて、「開拓が大好きだから、家の中で開拓気分を演出してみた」感を出してみたが
業者に通じたかどうかは、不明である。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
以上、一般主婦による、休日の朝練報告でした。

あー・・・ネタがないのに頑張ってブログ書いたなww
久しぶりにツーリング行きたいな~。はやく次男の受験が終わるといいな♡

次回は、リタイアしたマラソン大会の結果か、イインチョとのスイーツなサイクリングについて記事にしたいと思います。
それでは、また


【バイク】お母さんの夏休み2020

毎年、お盆の時期は
息子やイインチョ(夫)を帰省やキャンプに送り出して
年に一度だけの、「お母さん業を休む日」をねん出しています。

いや、まぁ
普段だって、特に頑張って家事や母親業などをこなしているわけではないのですが
(そこは普通に頑張れよ!という正論は置いといて)
「誰の都合も考えることなく、己の都合と欲望のままに過ごす一日」
というのは、実に、実に大事なのであります。主に心の健康のために、ね( ¯・ω・¯ )ネー

こういうものは、まぁ、あれば嬉しいけれど無くてもなんとかなるものでして。

たとえるならば、クラッチ側のラジアルコントロールレバーみたいなものです。

うちのSV子の場合、ラジポン↑は初期装備にはついておりませんから
バイクとしての機能上、ついてなくても問題ないものです。

ですがひとたびその軽やかさを知ってしまうともう・・・快感すぎて二度と元の体には戻れない。

スポーツ上のコントロール性能を直接的に高める、ブレーキ側のラジポンと違って
クラッチのラジポンは主に快適性のために装着させるぜいたく品ですから
そんなものに頼っているだなんて、ライダーとしての技能と向上心と愛情が足りない・・・
かのように言われることもありますが
幸いなことに、私には根性を補うだけのお金と、快適性のためなら悪魔に売り払っても後悔しない魂を100個以上持ってますので(悪役宣言)
クラッチのラジポンは、早いうちに導入を決めました。

快適です。
後悔など毛筋ほどもございません。
もう、お前と結婚するぜラジポン!
好き!
愛してる!!
俺の味噌汁を毎日作ってくれラジポン!!!
というレベルで好きです。
好きすぎる。

何の話でしたっけ・・・。


ハッ(゚д゚)

そう。
「お母さんの夏休み」ですよ。

結婚して子供までいるんだから、一人きりの日がないのなんてあたり前でしょ?
むしろ幸せなことじゃありませんか。まったく最近の若い子は・・・私があなたくらいの年の頃なんてねぇ・・・

などとホザくウザめのお姑さんは、うちには存在しませんし
イインチョも、妻のメンテナンスに関しては非常に懐の広いハトですので(だが額は狭い。いまのところ。)
あたくしは今年も無事に、夏休みをもぎ取った次第なのでした。

ぃぇ━━ヽ(*゚ω゚)人(゚ω゚*)ノ━━ぃ♪

無くてもいいけど、あるととーっても嬉しい贅沢オプション。
「一人きりの夏休み」
(ラジポンの話、ドコイッタ←好きすぎて結婚したい、のあたり)

今年は、信州方面に行ってまいりましたよ~
無題

写真は、これ一枚。

以上。
(※鳩子女史は、写真を撮るより走り続けるほうを選ぶスタイルです)

ブロガー失格ーーーーー!

いや、でもだって
停車すると燃費が落ちるんですもの( ¯・ω・¯ )

あたくし、ワンタンクでできるだけ遠くへ行くのが好きなのです。


それはつまり要するに、給油が苦tゲフンゴフン

女のロマン、というやつです。
ろまん。
うん、ソレ。

・・・
写真の場所が何処なのかは、ご覧になった方の想像力にお任せいたします。
トイレの隣とはとても思えないような綺麗な写真が撮れましたわ。ありがとう大桑←

朝の5時半くらいに家を出て、8時くらいには写真ポイントに到着しました。

そんな時間だったので売店は開いておりませんでした。

思わずカメラを向けたくなるような、水着ポロリの美女もいません。
映える写真なんて、撮りようが、ない。

敢えてブログネタを探すとすれば
道の駅スタンプラリー帖を埋めるためにここに来たのに、肝心のスタンプ帖を家に忘れてきちゃった!
という程度のネタはございますが
それも、割といつもの形式美&様式美ですので(ザンネン)
「ネタにもならぬわ」と静かに呟いて、コンビニのレシートの裏にひっそりとスタンプを押したのでございました・・・

ショボンヌ
ハト1
(※画像は、鳩子女史の心象風景です)

で。
帰り道は
当然と言えば当然のごとく道に迷ったのでありますが
(某国道をひたすら北上するだけのシンプルすぎるルートで、いったいどうやって道に迷えるんだ?という疑問は、鳩の研究者だけではなく鳩本人ですら長年の謎なのですけれど)

それもまた、ネタにはならない、ただの形式美&様式美。

私も、いい加減自分の方向音痴には慣れてしまいましたので
2回や3回ルートを逸れた程度では、驚くに値しないと思っていたのですが
まさか、こんなシンプルなルートを5回も6回も大人女子が迷うなんて想像もしてなかったものですから

しまいには驚きを通り越して、思わず気絶するかと思いました。
自分に驚いて気絶するとか。ほんと、嫌になる。

何が一番嫌かって
ワンタンクでできるだけ遠くへ行くのが好き」などというワンタンクの誓いを立てているものですから
それだけ道に迷うと、いつガス欠してもおかしくないのです。

いやーーーー
ガス欠こわいーーーーーーー

なぜ、なぜ?・゚・(つД`)・゚・
なぜあたくしは、名古屋の街中を走っているのか。
さっきまで信州にいたはずのあたくしが、なぜ名古屋の街中を放浪するはめに陥っているのか。

ポリシーを曲げて給油するか
はたまた、いっそこのまま名古屋の街で一晩を過ごすか

という究極の二者択一に迫られましたが(いや、一晩過ごしてもガス欠は治らんですけど)

(`・ω・´)「いや、そこを敢えて!!この一発勝負に、賭ける✨」
と、謎の負けん気が心にもたげまして

気合い一発、、見知らぬ道に飛び込んで曲がってみたところ

なぜか無事に見覚えのある道にたどり着きました。

よし。
よくやった、私の野生の勘。


この日も無事に、家にたどり着くことができました('ω')ノ

えぇ。
ワンタンクの誓いも、守り通しましたよ~!
すごくない、うちのSV子!!?250km走っても給油ランプ、つかなかった!!!
(※鳩子メモ:爆音仕様のSV1000Sは、ワンタンク250km走れる優秀な子)

あー、そうそう
様式美その3の「鳩子女史はいつでも雨に降られる件」についてですが
やはりこの日も通り雨に遭遇して、パンツまでぐっしょり濡れました。
ネタにもならぬ、このマンネリさ・・・
ショボンヌ2
ハト2
(※画像は、鳩子女史の心象風景です)

あッ・・・
パンツだなんて・・・セクシーなご報告でごめんなさいねオホホ
くっそー!なんで雨なんて降るんだよ!!!天気予報、100%晴れだったじゃねーーーーか( ゚д゚)、ペッ


以上、2020年の夏休み報告でございました。
はぁ、雨は余計だったけど、今回も楽しかったですよ♡
来年はどこに行こうかな?

それでは、また

【バイク】昔むかしの骨折り話6

Aさんは昔、バイクに乗っていたそうだ。

峠で角を生やして膝を擦っていたこともあるし、バックパックを積載して放浪の旅にでたこともあるという。

そしてある日、バイクで事故を起こした。

「ラインを割ってきた対向車とぶつかりましてね・・・僕も、貴方のように空を飛んだんですよ。
いやぁ~・・・あの時は、ほんと、死んだかと思った。とうとう、やっちまったかなってね。

そしたらね・・・その時、見えたんですよ。
えぇ。走馬灯。
人生が、長い映画のフィルムみたいに・・・こう、ずらーっとね。
あれは感動的だったなぁ~」

ふむふむ(。-`ω-)ワカル
ほんとにね、映画みたいに見えますよね!
あれって、何なんでしょうね?脳から変な物質が出てるんですかね??

などと楽しく相槌を打ちながら、綺麗な奥様に出してもらったお茶を啜っていると
Aさんはさらに、話を進めた。

「それでね。
初めて会った方にこんな話をするのはアレなんですけどね・・・

その・・・それ以来、僕、見えるんです。

( ^ω^)・・・ハイ?
え?走馬灯、今でも見えるんですか??

「いえね、見えるんですよ・・・僕、見えない人が、見えるようになったんです。

・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・( ¯・ω・¯ )

ハイ?( ¯・ω・¯ )

「走馬灯を見て以来、幽霊や守護霊が見えるようになったんですよ!こう、人の後ろにオーラが見えたりとか。
あぁ、貴方の後ろにも見えますよ?どなたか男性の方が見えます。どなたか男性の身近なご先祖さまがいませんか?(←そりゃいるだろうよww)
あ!ごめんなさいね、こんな変な話して・・・でもあなた、とてもいい人に見えるから、つい・・・

僕も走馬灯を見て以来”見える”ようになったから、貴方も”見える”かもしれませんよ!だから、教えてあげたくってね」

お・・・お・・・オカルトきたーーーーーーーウオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアア\( ‘ω’)/

隣では
オカルト嫌いなイインチョが、白目を剥いてお茶を啜っていた

私も、オカルト自体は否定はしないけれど
「貴方も見えるかも」などと言われると、ちょっと引く。
いや、かなり引く。
しかも、バイク事故とセットで話されると・・・何か、バイク事故が人生の行幸だったみたいな流れだったので(やってよかったバイク事故、みたいなね)
そんなことは、ねぇ!事故は、起こさないのがベストだろう!!それは、絶対だぞ絶対!!!
と、内心で激しく反発して動揺していた。

どうしよう・・・
お世話になった人だから、できるだけ気持ちよくお暇(いとま)させてほしいけれど
このまま壺なんか勧められたら、秒で切れる自信が、ある。

いや、私が切れる前に、イインチョがブチ切れるだろうし・・・"(-""-)"(イインチョはオカルトがクソ嫌い)

そう言われて改めて周囲を見渡すと
法事でもないのにキラ☆キラ明かりが灯されている仏壇も、玄関の仏像も、応接間にかかっている謎の掛け軸(達筆な文字でお経が書かれている)も、なんとなく怪しく見えてくる。

というか、それだけ和風な宗教観(?)に見えて、首には十字架が下がってるし、応接間にもキリスト像がある。
うん。
信心深いのは悪くないけれど・・・ちょっと、情報が多すぎるね、Aさん。

Aさんは、壺こそ勧めてこないけど「何か困ったことがあったら・・・例えば見てはいけないものが見えるとか…僕にいつでも相談に来ていいですよ」と話を続ける。

これは・・・ちょっとヤバいパターン?( ˙-˙ )


で、幸いにも。

Aさんは、私たちの空気がサァ・・・っと引いたことを感じてくれたらしく
「いや、変な話してごめんなさいね!とにかく、あなたが無事でよかった!」
と話を畳んでくれた。

それを機に、私たちは深くお辞儀をし、腰を上げてAさんのお宅を辞した。

Aさんは、私たちを玄関口まで送ってくれて「バイク、これからも乗るなら、気を付けてね」
と声をかけてくれた。


ちょっと、判断に迷うことろもあったけれど・・・Aさんはいい人だった。
その後、壺の勧誘もされなかった。

結局、あれはなんだったのだろう・・・
20年近く経った今でも、彼の意図は謎である。

なお、私はその後一度も走馬灯を見ていないし、”見えてはいけない人”も見えるようになっていない。
ぎっくり腰で寝込んだ時、痰が喉に詰まってチアノーゼを起こしたこともあったし、乗っていた車がスピンして対向車線に飛び出したこともあったけれど
いずれも走馬灯は見えなかった。

本音を言うと、幽霊なら見えるようになってみたい。
全部の幽霊が見えたら大変そうだけど、
自分に近しい人の幽霊なら、見てみたいという気持ちはある。
オーラも風水も星座占いも血液型占いも、楽しくて元気がでるならドンドン人生に取り入れればいいと思う。

だけど残念ながら、私にはそれらの才能は皆無のようだ。
妖怪も幽霊も大好きなのに、一度も遭遇できたことがない。

私が人生で遭遇できた妖怪は、イインチョのバイクだけだ。
彼のバイクは、リアルで付喪神である。

彼が余所のバイクを試乗すると、即座にオイル漏れを起こす。
彼が乗り換えを検討すると、その度にどこかしらトラブルを起こして彼の気を惹く。

それでいて、彼の心が疲れた時は最高の吹けあがりを見せて「やっぱり、お前が一番」と彼に言わせしめるのである。

イインチョがエロい手つきでTLのタンクを撫で「お前は、奥さんとよりも付き合いが長いしなぁ。お前を超える楽しいバイクが、未だに現れんのよ」と語りかけると
褪せかけたカウルの色が少しだけ艶を増す・・・ことを彼は知らない。

あれはガチで妖怪である。
私のSV子も、いつかは妖怪になれるのだろうか・・・。

できれば、バイクで事故を起こさなくても、”見える”ようになりたいものである。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
「昔むかしの骨折り話」は、以上で終了です!

書いているうちにいろいろ思い出して、楽しかった♪
事故の話も、こうして俯瞰してみると、さまざまな学習ポイントがあるものですね。
とりあえず、目撃者さんと会うのは以後辞めています(;^ω^)・・・っていうか、目撃者証言が必要なほどの事故を、起こさないようにしてます(実際起こしてません)。

みなさんも、事故には重々お気を付けくださいね♪
次回は、ランニングか自転車の話をUPしたいと思います~♡
では、また




最新記事
最新コメント
鳩の大好きアイテム
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク