Hondaモーターサイクリストスクールに行ってきた!

今日は、「HMS」関係で検索かけた方のために
いつもとは文体を変えて、まじめにレポをお届けします。

2012年5月13日
鈴鹿サーキット交通教育センターで開催された「Hondaモーターサイクリストスクール」(HMS)に参加してきました。
料金・コース・アクセス等の詳細は以下のURLをご参照ください。

http://www.honda.co.jp/safetyinfo/HMS/mschool.html

バイクのライディングスクールにも色々な種類があって
自動車教習所で自車で行うものなんかだと、数千円で参加できます。
また、プロのライダーが講師となって、一緒に公道へ出てより実践的なレッスンをしてくれるタイプとかだと
一日数万円することもあります(まぁ、それでも参加してみたいですけどね…東京がメインなんだわ。残念)

HMSは、レンタル車輌あり(自車は×なのかな?多分。)で、昼食もついてくるプラン。1万円台のスクールです。
これを安いと取るか、高いと取るかは人それぞれだと思いますが
私は、自車を絶対に転がしたくなかったので(だってクラッチレバーだけでも2万円近くするんだよ!チクショウ愛してるぜブレンボ!)
このスクールを選択しました。

なお、レンタル車輌は7種類のなかから選ぶことができました。
2012年製の小ブレードもあった!ピカピカでした~・・・私は初回参加なので、堅実にスーパーフォアを選びましたけどね。
もっと腕に自信があったら、小ブレードに乗りたかったな~

一日のスケジュールはこんな感じ
9:30~        受付開始
10:00-11:00  ブリーフィング・車輌点検・慣熟走行など
11:00-12:00  ブレーキ
12:00-13:00  昼食
13:00-14:00 パイロンスラローム
14:00-15:00 Uターン、低速バランス
15:00-16:00 コーススラローム
16:00~        片付け・アンケート記入⇒解散

各単元の間には10分程度の休憩時間が設けられています
わりとゆったりとしたスケジュール・・・に一見みえますが、やってみると意外にハードです^^

コースはこんな感じ
120515コース1
120515コース2

休憩時間になると、教官さんが練習してました。まじめだねー
120515教官さん


お弁当はこんな感じ(え?無用ですか?w)
120515弁当

おおまかな流れは前述のように決められていますが
実際は、参加者のレベルや希望にあわせて臨機応変に毎回内容を変えてくれるようです

今回は、初参加の人(私だ!)やクラッチがつながらなくて往生する人(私だ!)、
コースを何度も間違える人(私だ!)、挙句にはバイクに轢かれる人まで出た(私だ!もうほんと"存在しててゴメン"な気持ちだったよ!!)
ので、比較的ゆったりとした内容だったようです・・・なんスか。頭丸めればいいんスか!(逆切れ)

私の参加した「初中級 レディースDay」のクラスには、非常にアタリの柔らかい優しい教官がついていましたが
同日にお隣で開催されていた「中級クラス」では
オラー!ステップを踏め!!もっと踏め!!もっと切り返しを早くー!!
と男らしい怒号を飛ばしまくる教官がついていたので(そして参加者の誰も、その程度の怒号にはビビッてなかった。爆音で聞こえなかったか?w)
クラスによって、または参加者のやる気に応じてレッスンの雰囲気はまったく違うようです。

でも、ですね。
お金を払って時間をやりくりして、一生懸命参加しているわけだから
怒号が飛び交うくらい厳しいレッスンのほうが、本当なら良かったと思うのです。

全ては、バイクに轢かれるようなトンマが悪いと思います・・・あいつが(っていうか私なんですけど。)
クラス全体のレベルを下げたんだと思う。
とても反省したので、生まれ変わったらもっと真面目に生きたいと思います。

各レッスンの内容については、記事にして良いものかどうか判断がつかなかったので
興味のあるかたは個別に質問ください。
コメントの非公開を使ってもいいし、Mixiで聞いてくださってもOKです。

Uターンや低速バランスについては、レディースコースのみの実施だそうです。
そのほかのクラスではメニューに組み込んでいないので、そのあたりを重点的にやりたいかたは当クラスがお勧めです。
男性で参加したいかたは、残念ですが、すね毛を剃って性別を詐称するしかなさそうです。
(ただ、教官さんいわく”参加者の強い希望があれば、他のコースでも臨機応変に対応します”ということでした。すね毛を剃る前に要相談、ですね)

今回、他の参加者のかたにも迷惑かけどおしでしたし、家族にも多大なる苦労をかけてしまいました
いくら鉄の心臓とはいえ、さすがに申し訳なくてもう二度と参加は・・・・
しません、といったら女が廃りますのでやっぱり参加しようと思っています。

みんな(誰?)ゴメン。半年くらいしたら、また参加するね。
やっぱ、Uターンとかちゃんとできるようになりたいしね・・・継続的に練習してないと、すぐにできなくなりそうだし。

今回の参加者のかたで、「25年ぶりにライダーに復帰しました」という女性がいました
すごく上品で綺麗で華奢な女性でした。
「え?25年!?」と思わず年齢を想像しそうになったけど
そんな野暮なことは流石の駄鳩の私でも控えちゃったゼ、というくらい好印象の女性。
つい先週、車校でペーパードライバー講習を受けたばかりということでしたが
その割には、スラロームで「きゃぁ!右も左もステップすっちゃった♪」と楽しんでおられました
そのくらい、講習が楽しくて為になった、ということかと思います。

小柄で上品なその女性をみてると、マイミクさんのあの人を思い出しちゃったなぁ
いつかライダー復帰したら、この手のスクールはいかがでしょう(そっと西の空に語りかけてみる)

以上、HMSの体験リポートでした♪

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←「どこがいつもと文体変えてるの?」とは聞かないでください。ただいま 12位!オーイェー

くじらツーリング・復路編

私がツーリングに行った先週末が大雨で、
オットがツーリングに行く今週末が全国的な快晴・・・
あなたは、逆テルテル坊主を死ぬほど作りたくなったことがありますか?↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ

彼、最近自転車通勤のせいで体脂肪率が急激に落ち、冷房とかですぐに風邪を引くようになりました。
みなさま、体を鍛えれば全方位的に丈夫になるというわけではないようです、ご注意です
昨日の夜、寝室の窓を開放して寝たのは私ですが何か?

そして本日咳き込みはじめた彼・・・
私は無罪です。もしくは単なる過失。
故意ではありませんとも。えぇ。



さて。「くじらを見てもないし食べても無い」くじらツーリング・復路編です。

続きを読む

前日の天気予報では「午後から雨」との予報だったので
「もしかしたら、今日は予報が外れて一日お天気だったりするかも・・・・」と期待しつつ目覚めた、二日目の朝。

ダンダン!ダダダダダダダダ!!!!

と、強烈な雨が屋根と窓を叩く音で起床しました。

思いっきり予報が外れて、朝から強風・大雨です。

あの時の絶望感・・・
たとえるなら、「高級ソフトクリームを奮発して買ったら、食べる前に転んで全部床に落とした」時の気分に匹敵します。
すさまじい絶望感。
初めてのSVソロ・ロングツーでウェットコンディション・・・
雨の日のライディングは本当に怖いんだってばもうぅ~~~

それで渋々レインスーツ等の準備を始めたのですが、あまりの緊張感でお腹から雷の音がゴロゴロしてくる…

そう、私は、緊張するとお腹を下す体質なのです。

ところで今回のお宿のトイレ、ここが問題のある場所でして、
トイレスペースへの入り口と、トイレ個室入り口と、掃除道具室入り口の計3箇所に扉があるのです。

で、その結果
慌ててトイレに駆け込もうとしたら、トイレと間違えて掃除道具室に飛び込み・・・
掃除道具室を飛び出してトイレに駆け込もうとしたら、間違えて廊下への扉を開け・・・
デトックス終了後トイレから出ようとしたら、再度掃除道具室の扉を開け・・・・
助けてドラえもんーーー!私、トイレから出られないのーーー!!
と、怒りを露にしている間にまたお腹が痛くなってトイレに駆け込み・・・・・

なんで、あんな狭い場所に3つも扉を設けるのでしょうか。
おかげで、トイレから出られなくなって遭難するところでした。

そんな感じでちょっと予定よりは遅れましたが、朝の5時にはお宿を出発しました

外は、バケツをひっくり返したような強烈な雨・雨・雨・・・・
そんな早朝の悪天候の中ですが、車は意外と多く走っていて、
車が上げた盛大な水しぶきで視界を奪われたり、センターラインを割ってくる車に殺されかけたりしながら、
でも何故か気分は楽しくて(いかん、私もいよいよ変態の仲間入りか・・・?)
鼻歌を歌いながら運転していました。

しかし、歌が「毎日かあさん」のオープニングに変わったとき・・・あれがいけなかった。
「毎日かあさん」とは、息子が大好きなTVアニメでして、
「あぁ、いつも一緒に観てたよね・・・」なんて思い出してホームシックが再発し、目から雨がじんわり
しかもその歌詞が
♪今度生まれ変わっても~やっぱお母ちゃんがいいな~~
なんていう母泣かせの問題フレーズなので、鳩子嬢の顔面は一気に大雨洪水警報勃発。

ふぉぉぉーー!涙は拭えても、ヘルメットのなかの鼻水までは拭えんのじゃぁぁぁ!!!

と絶叫しながらのライディングになりました。

迂闊な歌を選んでしまったな自分・・・次は気をつけようっと。


そして、なんといってもこの日の一番の想い出は、片側一車線規制のあった工事現場での出来事です。

朝の5時台にもかかわらず、雨の中ちゃんと警備員さんが交通整理をしている工事現場がありまして
「お疲れ様です」と軽く頭を下げて通り過ぎようとした時のこと。

ふと見ると、ミラーの中で警備員さんが旗と誘導灯を大きく振っていました。
なんだろう?と思ってバイザーを開けると、
「単車は大変だぁ!気をつけていけよ!!がんばれーーー!!」
と叫んでくれているのが聞こえたのです

おじさんは、見えなくなるまでずっと旗と誘導灯を振ってくれていました。

あの時のおじさん、どうもありがとう。
おじさんこそ、お仕事がんばってくださいね・・・

もちろん、鳩子嬢の顔面には再度大雨洪水警報が勃発しましたとも。

ガソリンスタンドのおじさん、SAの食堂のおばさん、道の駅で隣に停まった車のおじさん・・・
この日は、会う人みんなが
「雨は大変じゃね!!」
「がんばりなー!!」
「気をつけてなーー」
と声をかけてくれました。

あぁ、まだまだ世の中捨てたもんじゃないですね。
人情は、いまだ世間に残っておりました。

たくさんの人の声援(?)に励まされ、正午前には自宅に無事到着!
あんな大雨の中、なぜか晴天の前日よりも早いペースで走りぬきました。

そして、
自宅に帰り着いて、チビ達と感動の再会を・・・!
果たそうとしたら、誰も家に居ませんでした。
みんなでショッピングセンターに遊びに行っていたらしい。
母のことなんぞ、誰も心配しとらんかったわい。

ぽつーん・・・


ま、そんなこんなで
これといって面白いイベントがあったわけではありませんが
個人的には、とても楽しいツーリングでした。

あぁぁまた行きたいな~~~~今度は晴れた日に(笑)

以上!「くじらツーリング」レポートでした♪
SV乗りのみなさーーーん、また私と遊んでやってくださいねーーーーー
ちょっとは上手になったよ~~~(^^)/

くじらツーリング・往路編2

自転車ダイエットのおかげで、ずいぶんと筋肉量が増したようです。
二日目現在、筋肉痛がほとんどありません!!

フィジカルトレーニングってすごいですね~~~(もし3日目に筋肉痛がきたら、それは間違いなく老化現象ですねどうしよう)↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ


では、昨日の記事の続き。

100kmほど高速を走ってから下道に降り、峠に次ぐ峠を快調に超えながら一路和歌山を目指しました。

いやぁ、写真に撮れなくてとても残念!

紀伊の山々って、すごく神秘的ですね。
見慣れた信州の山々とは植生がまったく違うので、受ける印象がだいぶ変わります。
「もののけ姫」とか、ちょうどそんな感じ。
神様の一人や二人は十分棲んでいそうな気配です。

続きを読む

四国の道にとても雰囲気が似ているのですが、一番違うのは警察がいないこと
四国はやたらネズミ捕りが多くて閉口しましたが、和歌山では覆面もレーダーもまったく見ませんでした。

道はくねくね、車はごくわずか、空気は爽やかで警察はいない・・・・
天国って意外と近いところにあったんですね
和歌山、素敵です

で。
この日の昼食は是非太地で・・・・と当初計画していましたが
くじら料理を食べるほどは財布に余裕が無かったし、あまりに暑くて口からエクトプラズムが出そうだったので
太地のちょっと手前、「七里御浜」という道の駅で昼食休憩をとることにしました。
この日の昼食はコレ
「めはり寿司」。
高菜を混ぜ込んだご飯が、大きな葉っぱに包まれている食べ物です。
外側の葉っぱごといただきます
お寿司とはいっても、中身は寿司飯ではありません。
ただのでっかいおにぎり・・・って感じです。

素朴なお味でそれなりに
でもおにぎり二つで630円って、ちょっと高すぎっ
まぁ道の駅のレストランなんて「カツサンド 750円」とかいう世界ですから、頑張っているほうだと思うんですけどね

そうそう。
そこの道の駅には、100円で使えるマッサージチェアが置いてありまして
私、ソフトクリームは諦めて、マッサージチェアで疲れを癒しました
オヤジと呼ばれようがこの際どうでもいい。
私は甘味よりマッサージが欲しいby17歳主婦。

「七里御浜」ってこんなところです。
ロマンチックなオーシャンビューを眺めながら、マッサージチェアで極楽気分満喫
天国って意外と近いところに(以下略)


そんなこんなで
14時には順調に太地町へ到着しました。

さて、宿のチェックインも15時からだし、くじら観光に出かけようかしら~~~
・・・と思った途端、空から雨粒がポタリ

まぁ、くじらは、つい先日息子と観たばかりですし夏にはまた来る予定ですから
今回はお宿で大人しく過ごそうかな・・・・と、宿の周辺をお散歩していると

「あ、これは息子くんとみた風景」
「息子くんはあの時、こんなこと言ってたわね」
「息子くん、今度はあれが食べたいって言ってたっけ・・・」

などなど息子くんとの思い出が大量にフラッシュバックしてきて、鳩子嬢の顔面だけ大雨警報発令

慌てて宿に駆け込み、宿のマスターやお客さんとおしゃべりして気を紛らわすも
部屋に戻るとまたまた涙の嵐・嵐・嵐・・・

子育てから一時的に開放してもらう目的で旅に出たはずの鳩子嬢、一日目にして「家に帰りたい病」が発病。
その間、二人の愛息子達は「おかーしゃん」の単語をほとんど口にすることも無く元気に明るく過ごしていたそうです。

息子くんと下見に来たのが完全に裏目にでました。
何を見ても何を食べても、思い出すのは彼の笑顔や仕草ばかり・・・
あぁ、私の子離れはカナリ難易度が高そうです。ダメなお母さん・・・・il||li _| ̄|○ il||l

結局、この日は息子の暖かさを思い出して枕を濡らしながら、20時には就寝。
次の日はできるだけ早く出発して、できるだけ早く家に帰ろうと決意しました。
人は、子供を産んだから母になるのではない。子供を育てながら母になっていくのですね・・・ホロホロリ


というわけで、次回は「くじらツーリング・復路編」に続くのでした。
長くてごめんねー
最新記事
最新コメント
鳩の大好きアイテム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク