【自転車】新・車・誕・生☆

今日は、あの日からちょうど一年・・・
3年間親子二人三脚で頑張って、神庭って頑張り続けて挑んだ統一日。

子供の入試って、自分の入試よりも心が削れます(;´・ω・)
まさか、鈍感無神経だけが取り柄のこのアタクシが、ストレスのあまりに咳風邪をこじらせて咳喘息になってしまうとはなぁ・・・

そして、入試が終わった途端にスーパー全快して「マヂか!すげぇな!!鳩の回復力、パネェ!!!」とイインチョを驚愕させることになるとはね(笑)

三か月以上、どんな薬も効かずに寝る時もせき込み続けて、もう一生このままかと思うくらい心も弱り果ててたのに
入試が終わった途端にケロッと治りました。ほんと、心と身体って不可分ですよね。

ただ、イインチョに
「ねぇ、普通、入試が終わった途端じゃなくて、結果発表聞いてから体調が治るもんじゃなの?君の心配事、一番はソコじゃないの?」
と言われたときは
ハッ!
ってなりましたけどね(゚∈゚ )タシカニ・・・
なんか、まったく根拠はないけど、きっと大丈夫な気がしてたんですよね・・・・・入試さえ乗り切ればなんとかなるかな、と。

鳩子17歳。
まだまだ爪が甘いお年頃なのでした。17歳だからシカタナイシカタナイ!!!
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

さて、今日は、我が家のニューフェイスの話題と、お洒落なランチの話題を報告します♡

まず、我が家のニューフェイスのご紹介
新車

アンカーのRS6、納車されました!
(納車しました、されました・・・この論争を自分で感じることになろうとは、ね・・・なんかスッキリしないのよね、”納車されました”って( ¯・ω・¯ ))

ANCHOR(アンカー)というのは、ブリヂストンのレース用自転車ブランドです。
11速ですってよ奥様・・・我が家のどの車両よりもお高いですわ(; ・`д・´)

私にはスペシャのシラス、イインチョウにはミヤタのロードフライヤーと服部製作所のオリジナルフレームの2台が既にありますので
このマシンは、中学生の長男用の車両です。

中学生でロード!
親よりも高いロード!!!

生意気ーーーーーー!
(でも、そういうもんです・・・子育て費用って、感覚が鈍っちゃうのよ)

自転車ショップの初売りで、特売になっていた子をGETしました。
長男もお年玉をブッ込んで、かなり自腹を切ってました(笑)今年のお年玉、ほぼ全額消えたwww

まぁ、ゲーム機は絶対に買わない鳩家ですが、自転車にはかなり甘いのを自覚しております・・・楽しいよ~~~新しい自転車買うって、たまらん楽しい( *´艸`)

しかも、長男と私の体格は現時点でほぼ一緒ですから
ディメンジョン的に、私が乗っても何の問題もありません。
(※論理的な問題は除く)

ぐっへっへ・・・乗ってやんよ、お前の自転車・・・(^p^)←長男にマヂで嫌われる顔

長男が今乗っているエスケープR3は、小5の次男にシフトします。

そうすると、次男が今乗っているジャイアントの子供用自転車が空いてしまうのですけど・・・

どなたか、使いませんか?( ¯・ω・¯ )
キレ家も自転車が足りてるし、ガバにゃん家はまだ小さいしなぁ・・・
もし、どなたかご入用の方がいましたら(身長125-145cmくらい対応です)、リア友限定でお譲りします。
鳩子のLINEまたはTwitterのDMでご連絡ください☆

次!
先日、某城下町のお洒落なカッフェでランチしてきました♡

この度、ハケーンを卒業して某企業に就職することになった鳩子・・・
楽しくて気楽なハケン生活に笑顔でお別れすべく(訳:有休余りまくってたから消化してやるぜチクショー)、職場のお友達と女子会してきました。

うふ。
女・子・会(↓女子会のイメージ)
阿吽の阿

え?
なんで石像の画像が出てくるのか、ですって!?

それはね・・・
ランチ一食で漱石が二人も飛び立ってしまったからよ( ¯・ω・¯ )

お洒落なランチ・・・!高い・・・!!

メニュー表をみてあたしゃ、思わず顔が阿吽の阿になりましたよ・・・
(しかも、別注文のデザートが2000円もするの!一人2000円よ!!!注文、できるわけ、ない!!!!)

お店、女子で満員
予約は常に満席

女子の世界・・・スゴイ・・・日本の経済の救世主じゃんね・・・

そんな、救世主ランチがこちら
半熟卵とコロコロ肉のシチュー

んー♡
うまい♡♡

半熟卵とコロコロ肉(要するにただのミンチ肉)のシチューです。
オイチイよ~~( *´艸`)
マラソン大会前に、ダイエットを中断して暴食してしまいました。スーパーハイカロリー。だが(いや、それだからこそ!)ウマイ!!!

ちな、ただいま私のスマホの待ち受け画面は此方です
注意書き

ダイエット台無しぃぃぃぃ
わが青春に悔いなしぃぃぃぃぃぃ

いや~
そんなこんなで、楽しい一週間でした。
来週末は、とうとうフルマラソンレース決戦日です!

マラソン終わったら、バイク乗るんだモレ・・・(*ノωノ)

みなさん、どんな週末をお過ごしですか?
しっかりリフレッシュして、来週も元気に頑張りましょうね♪

以上、新車報告と、阿吽ランチの話題でした。
次の更新は・・・・マラソン明けに・・・なる、かな(仕事爆発中)
それではみなさま、よい週末を

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←どうぞ、力尽きそうな鳩に、優しい応援のワンクリックをお願いします!

【自転車】彼らと過ごした春2019

この世はでっかい宝島!
そうさ、今こそ アドベンチャー!

サイクリングロード


今年のGWは、中学生男子+小学生男子+大人男子+大人女子の計4名で
滋賀県の琵琶湖まで家族サイクリングしてきました

小学生男子は10歳
中学生男子は12歳
です。

走行距離、片道80kmx2日のまったりサイクリングでした(*'ω'*)

小学生を連れて片道80km、というと、人によってはだいぶ驚かれますが
我が家では割と余裕のある距離ですし、経験豊富な委員長(父)が先導してくれてますので
あんまり緊張せずに走ってこれました。

続きを読む

うちの中学生男子は、すでにアワイチ(淡路島1周175km)もビワイチ(琵琶湖1周160km)も成し遂げていますので、
今回は、完全に「お付き合い」のサイクリングです。

今回は、ビビりで慎重派の次男を鍛えるために、母たっての願いで実現した家族サイクリングです。
「割と余裕のある距離」なんつってますけど、内心、母はビビりまくりでした(つまり、次男のビビりはTHE母遺伝)

隊列は、先頭から
(先頭)長男-父-次男-母(しんがり)
です。

家族サイクリングするときの隊列って、結構みなさん悩まれると思います
うちも、結構迷いました~
とくに先頭!
隊長機(父)がいいか、母がいいか。

もし私が方向感覚に優れていて全体のペースを調整できる走力があるのなら
私が先頭、っていうのが一番安心なんです。
やっぱり、一番体力と経験のない次男のお尻を隊長機がカバーするのが、ベストなんですよね・・・公道走行はキケンがアブナイから"(-""-)"

でも、悲しきかな、私にはその走力も方向感覚もありませんので
一番弱い小象を親象2頭が挟み込む布陣にしました。

先頭をいく長男は、すでに私より経験豊富なサイクリストですし
サイコンを持たせて「時速15kmくらいを目安に走れ」と指示を出してあります。

基本的には隊長機が道の指示を出して
長男は、隊長機の声が聞こえるようにゆっくりペースで走ってもらいます。
声が聞こえなくなったら止まれよ、と言っておきました。頼もしい先頭機でした。

そして、私は次男のお守り。
後ろからのんびり、次男のお尻をつつきながらのサイクリングでした。

距離的には、次男も一日80kmくらいなら余裕で走れる体力の持ち主なのですが
心配なのは、根性(笑)のほうです。
道中、2回ほど峠を越えます。
坂道で足をついたら、心が折れるんじゃないか・・・
泣き出して「ぼく、もうダメ」なんて言い出すんじゃないか(汗)

そんなことになったら、ど根性派の委員長と長男がどんなに渋い顔をするか・・・
それだけが、母の一番の心配の種でした(いや、もっと他にも心配しなきゃいけないことはあるんですけどww)

なので、出発前に、次男に秘策を吹き込みました。

いいか、次男。
今日は、2つの峠がある。
もし、この峠を、足をつかずに登りきることができたら…
母が自分のお小遣いで、君にガンプラを買ってあげよう

この作戦を静かに聞いていた次男は、大きくうなづいて言いました。
わかった、お母さん(`・ω・´)
峠が二つあるんだから、ガンプラは二つだね?


・・・え?(゚∈゚ )

さらに、次男は力強く言いました。
明日も同じ道を帰るんだから、4ガンプラだね?

(゚∈゚ )・・・ア、ハイ

結論から申しますと
次男は、笑顔で4ガンプラをGetしました。

母のお小遣い財布は死んだYo・・・
世間の、お母さまがた
あなたの可愛いお子さんは、ひょっとしたらあなたの脳内で「私の可愛いベビちゃん」かもしれませんが
現実には結構しっかりちゃっかりと育っているかもしれません。
こういうときだけ算数(損得計算)が早い男め・・・


今回のお宿は、こんなところでした♡
宿泊所

お部屋の中に、自転車をもって入れる「ビワイチプラン」です(^^)/
朝食(軽食)付きで、一部屋4000円とちょっとでした。
シングルの部屋を4つ確保したんですけど、セミダブルの広さだったのでゆったりできました~
息子たちも、一人で一部屋使うなんて初めての経験だったので、かなりハイテンションになってました。
初日は8:00出発で15時には到着したので
周辺のショッピングセンターをぶらぶらしたり、みんなでテレビみてプチ宴会したりで(私の部屋が宴会部屋だったww)
のんびりと過ごしました。

ガンプラ効果かどうかはわかりませんが、次男は常に明るくマイペースに走ってくれました。
成長したね~

途中、観光らしい観光もしてませんが
お楽しみといえば、こちらの喫茶店
喫茶店柏
中山道の柏宿にある喫茶店「柏」です( *´艸`)

こちらの喫茶店は、歴史資料館に併設していまして
親切で気持ちの良いおばちゃんたちがもてなしてくれる、とっても素敵な喫茶店なんです。

なんかね、田舎の親戚の家に遊びにきたみたいな(笑)、そんな暖かい気持ちにしてくれます
喫茶店柏2

ほらね。
どうみても「親戚んちに遊びにきたジャリンコ2名」の図

ぜんざい

お餅、びろ~~ん
ぜんざい、おいしそうだったなぁ・・・

私はこちらを注文しました
やいとうどん
こちらの地域の名物「やいとうどん」です。

やいと、とはお灸(もぐさ)のことだそうです。
とろろ昆布がもぐさに見えることから命名されているそうな。
お醤油ベースのお出汁が美味しい逸品でした(*'ω'*)オイシカッタ

さて。
今回の行程、
いくつか峠(といっても、それほど激しくはありませんでしたが)がありましたが
次男は「ガンプラマジック」で必死に頑張れています。

最初は、そんな次男の後ろをまったり走って面倒を見ていたのですが
途中、登りにさしかかると、時速が10kmを切ってしまって大変つらい・・・

私くらいのへなちょこサイクリストになると、峠はスピードを保ってないと登れないのです(`・ω・´)エッヘン
いやーーーー立ちごけするーーーー(笑)

なので、峠が登り調子になったらさっさと次男を追い抜いて
委員長に追いついて「あとは( `・∀・´)ノヨロシク」と言い置いて長男を追いました。

次男のことは委員長に任せて、私は長男と対決することにしたのです。

もうね~
男子も中学生にもなると、なかなかオカンとは遊んでくれなくなります。

オカン、寂しい・・・

でも、うちの長男は「超」がつく負けず嫌いなので
私が後ろからブチ抜いたら、本気で追ってきてくれるかもしれない。

それもまた、男の友情親子のこみゅにけーしょんになるかもしれない
と、そう思ったので
峠のふもとから、猛烈な勢いで長男を追いかけました。


ふはは・・・
ふはははは・・・・!!!

母、思わず声が漏れる。

長男ったら
私の接近も知らずに、のんびり~と峠を登っています。

ふふふ
しんがりを走っているはずの私が追い抜いたら、さぞかし驚くだろうな( *´艸`)ププ

中学生、覚悟せよ!

と、追いつきかけたその途端!!!

後ろを軽く振り返った長男は、ニヤリとニヒルに笑って
あっという間に加速して母の視界から消えました

「うん。なんか、お母さんっぽいものが追ってくるのは見えてたよ。何か僕に用があるのかな?と思ってスピードを緩めておいたけど
何も用はなさそうだったんで、置いていかせてもらった

中学生男子に、気遣われた母
そして置いて行かれた母の立場や如何に?

なんなん中学生男子・・・
そこまでの気遣いができるなら、わざと母に負けて見せるくらいの優しさを見せてみなよ!!ヽ(`Д´)ノプンプン

母を置いていく際に見せた、長男のダンシング・・・
バリバリ伝説の
「・・・何かを感じたら、俺についてこい!ヤングライオン!!」
のシーン(うろ覚え)を思い出しました(笑)
ヤングライオンはお前さんだっつの。

まぁ、そんなこんなの楽しいイベント(?)がありつつも
往復約170km、事故もなく楽しいサイクリングでした。

事故といえば、母が一回立ちごけしたくらいかな(笑)
一番どんくさいのは私ですわ~

このくらいの距離は、長男にとってはすっかり「お付き合い」程度になってしまいましたが
またいつか、彼と一緒に走れたらいいなぁと思います(次男?あいつは・・・ガンプラ貯金をしてからだねww)

委員長、先導役お疲れさまでした~

以上、家族サイクリング2019レポートでした!
GW,みなさまはいかがお過ごしでしたか?
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ

【自転車】おススメの自転車小説

縁あって、今年は小学校の保護者会の役員をやっておりまして
数十名ほどの団体の旅行計画を立てています。
(保護者会と旅行がどう結びつくんだ??と不思議に思われたメンズは、奥様たちに聞いてみるといいよ!独身貴族たちは(´ω`)触らぬ神に祟りなしで生暖かくスルーしてくださいww)

これだけの人数が動くとなると、場所の確保や食事の手配だけで一苦労なんですが
それよりも今一番苦労しているのは、バスや食事場所での座席割です。
あの人とこの人が2人チームで、こっちの人は3人グループで・・・4人がけの座席でみんな仲良くご飯を食べるには
どうしたら良いか??(算数の勉強)
6人掛けのテーブルを出してもらって・・・6と4の最小公倍数が12だから・・・ブツブツ
え?あの人とこの人って超仲悪いの!?(社会の勉強)
やべ、バスの座席で隣にしちゃったよ!座席表、白紙に戻して検討やり直しだ~
おぉ!モレ一番苦手な人と隣になっちゃった・・・(道徳の勉強)

でも、どんなに苦手な分野でも、飛び込んでみれば全て良い勉強だなって思います。
やらされてる感ムンムンで引き受けると超つまんない。
どうせやるなら、何でも最大限楽しみたいですよね。
この峠を越えたら、私もちょっとは一皮剥けるでしょうか

大人になっても、日々これ勉強ですね

さて、今日は自転車の話。

先日、息子たちの運動会があったので、久しぶりにシラス(自転車)を出動させました。
我が家は小学校まで片道3kmあるのですが、駐車場が十分でないため、移動手段は自転車が最適なのです。
その日は折悪しく委員長が不在だったため、2kgのお弁当箱と敷物類を全て背中に背負って、スポーツ自転車で出動しました。

移動中、通学途中の息子の友達に「あ!長男くんのお母さんだ!!なんか凄い帽子(ヘルメット)被ってる~!!!」
と指を差されましたよ(笑)(長男は全力で気づかないフリしてた(笑))
次男は「あ!僕のお母さんだ♡イエーイ
とピースサインで声をかけてくれました。小4男子、カワユス(*´ω`)(そして小6男子の可愛げのなさったらモゥ!)←でもカワイイ

久しぶりに外で自転車に乗りましたが、やっぱり自転車は超ーーーー気持ちイイっす\(^o^)/
マラソンにはない疾走感、バイクにはない人馬一体感があります。
どれ一番好きかって聞かれると困りますが(あーー・・・でもやっぱりバイクかなぁ。あの仮面ライダー感がタマランのよね~)
二輪で走る乗り物は、つくづくしみじみと気持ちの良いものでございます。ハァ、気分爽快~~

長男、小学生生活最後の運動会でしたが
鳩子母、ワンオペ育児にてんてこ舞いで写真を撮り損ねました
おぅおぅ、最後の運動会だったのに~~~
一番のシャッターチャンス時はPT〇のお仕事中でした(落涙)

ま、でも心のアルバムには焼き付けたもんね!
モレ、この記憶を何度も脳内再生して飲みながら泣くんだ・・・
(そして付き合わされる委員長に100万回くらいウンザリ顔をさせてやる)

そんな鳩子母に、お疲れさま&結婚記念日オメデトーのプレゼント(賢い委員長)
グローブ

カプリミュールのサイクルグローブ~( *´艸`)
ウエアとおそろいのデザインなんです♡
グヘヘ
可愛いでしょ~~

今年は時間が無くて全然バイクも自転車も乗れないけれど
来年は彼ら二輪たちと一緒にもっといろんなところへ行きます!
ダムカードも集めるし、HMSにも行くんだぃ

ツーリングに出かけられない分、今年は自転車関係の小説を集中して読んでます(イメージトレーニング)。

自転車小説と言えば、筆頭は此方↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サクリファイス (新潮文庫) [ 近藤史恵 ]
価格:594円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入



近藤史恵さんの「サクリファイス」シリーズです。
自転車ブームのけん引役とも言われる逸品ですね。
ロードレースを全然知らない人でも楽しめる、サスペンスタッチの青春小説です。

まったくの門外漢だった私でも、ロードレースの駆け引きと楽しさの一端が分かりました。
バリバリ伝説を読んでヒデヨシにキュンと来た人なら、アシストの素晴らしさにきっと痺れることでしょう。
これを読むと、かの有名な「弱虫ペダル」はしょせん高校生の部活動なんだな・・・と思ってしまいます(いや、あちらはむしろそこが楽しいんですけどね)

もっとプリミティブに胸キュンした人には此方をおススメします↓



竹内真さんの「自転車少年記」です。

ロードレースとまではいかないけれど、自転車で旅をするのは大好き・・・という男子たちのハートを
キュンキュン萌え萌えに掴みまくること間違いなしの逸品です。
私は男子ではありませんが、うちの男子たち(40代&10代)がまさにコノ領域なので、母心を爆裂させながら読んでしまいました。

アホ男子、超カワユス(*´ω`)

この小説を読むと、男子どもの青春に「母」という生き物は不要である、ということがよく分かります(飯風呂掃除係は必要)。
風呂、飯、自転車、デザートにかわい子ちゃん・・・だけで彼らの幸せな世界は完成している。勝手なもんだわ。

以前この小説を読んで、息子と夫に「キミタチ、ちょっと自転車で日本海でも見てきたら?」と声をかけたら
彼らほんとに旅立って行ったんですよね~
それもまた、我が家の良い思い出です。

そして、鳩子おススメの自転車小説の最後は
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セカンドウィンド 1 [ 川西 蘭 ]
価格:771円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セカンドウィンド 2 [ 川西 蘭 ]
価格:771円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セカンドウィンド 3 (小学館文庫) [ 川西 蘭 ]
価格:788円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入


川西蘭さんの「セカンドウィンド」です。

これもまた、超有名どころの自転車小説です。
1巻が中3、2巻が高2、3巻が高3の自転車少年(青年)「洋」を描いた物語です。

「自転車少年記」は、主人公の男の子が保育園から大人になるまでを綴った物語ですが
「セカンドウィンド」は思春期真っただ中の男子の物語です。
こちらの作品ではロードレースの魅力にも触れられていますし、寮生活を送る男子たちの青春群像でもあります。
まさにこれから思春期に突入していく小6男子を育てている母としては、涙なしには読めない作品なのでした・・・(やっぱりあいつら母とか要らんイキモノ)

この作品、2巻で「洋」が「自転車に乗る怖さ」に向き合うシーンがあります。
転倒が怖くてゴールスプリントに打ち込めない主人公は、自分にロードレースの適性がないのかと苦悩します。
それに対し、彼の友人は「怖さを克服するには、技術しかない。怖いと思う気持ちは、普通のことだし恥ずかしいことでもない。技術なしに怖さを感じないようになることは、それは勇気とは言わない、ただの無謀だ」というような言葉をかけるのです。

怖さを克服するには、練習しかない。
蛮勇はいらない。必要なのは技術なのです。
いい言葉です。

こうして振り返ってみると、男子が主人公の作品ばかりですね~
女子が主人公の自転車小説も、今後探してみたいと思います!
競技人口は男子のほうが多いだろうから、仕方ないけれど、女子サイクリストの話も読んでみたいな~

以上、今日は自転車小説の紹介記事でした!
Lynnさん~♡「セカンドウィンド」はおススメですよ~♡♡

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ←高千穂遥さんの「ヒルクライマー」はあまりに有名すぎるので紹介を割愛しました。もちろん、外しのない楽しさです!!こちらも超おススメ~
最新記事
最新コメント
鳩の大好きアイテム
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
リンク