愛しいあの人

本日は小ネタでプチ更新。

先週末は、関西のカリスマSV乗りT-MANさんのご一家と、東海のイケメンSV乗りかずんさんのご一家が我が家へ遊びに来てくれました。
子供6名大人6名の計12名が、狭い我が家で大宴会を繰り広げ
その結果、ダイエット中の鳩子さんは一晩で3kg増量しました。

でもいいのです。すごく楽しかったから後悔はありません・・・

というわけで今週から、自転車で走る距離を5km増やすことにしました。


私は過去を振り返らない女!
今週末は、先日呑み残した上等のお酒たちを我が胃袋にお迎えせねばなりませんから、明日のお酒のためなら私は5kmだって10kmだって多めに走れるのです。
明るい未来に向かってGo


今朝は、オットが出張でいつもより早く家を出るそうなので、自転車に乗る時間を30分早めました。

朝の4時。

日の出は5時半くらいですから、外は、早朝というより完全に深夜の様相です。

(これだけ暗いと、サイクルコンピュータの値は全く見えないから、今日は記録を気にせずゆったりのんびり走るわよ~♪)
と思いながらペダルに足を乗せた途端
ここ最近なかなか出会えなかった、あの愛しい人のエンジン音が聞こえてきました

そう。
新聞配達のカブのおじさんです。

おじさんたら!最近はこんな時間に走っていたのね!!
オット!出張してくれてありがとう!!おかげで愛しいあの人に逢えたわーーーー

当然、わたくし0.3秒でトップギアです。

うぉぉぉぉ待ってて私の永遠のライバルぅぅぅぅぅ(シャコシャコシャコ

そして、カブの後姿を捕捉した瞬間!
自転車のライトが突然消えました。
オット!バカチン!!!自転車のライトの電池はもっとこまめに換えておいてよーーーー

本日の教訓:電気工学科を卒業した女は、電池交換を機械科のオットに任せてはいけない。(電池の極性を間違えてオットに折檻されるくらいの不具合は、決して気にしてはいけない)

ゆっくり走ればいけるかな・・・とも思いましたけども
ライトが消えると車にひっかけられる可能性が高まっちゃうので、泣く泣く家路に着きました。

鳩子さん、今日もいろんなものに完敗です。

明日こそ、+5kmで頑張ってきます。。。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ダイエット近況報告

今日は、自転車の方のお話。

今年1月から始めた自転車ダイエットの件ですが
実は、意外にもまだ続いています。
朝はもう寒いので頻度は下がりましたけどね(なのにどうしてビール頻度は落ちないのか世界の謎だ)。



自転車ダイエットをしていて、何が辛いかって、
妻のダイエットに異様に協力的なオットのプレッシャーほど辛いものはないのです。

いえ、ダイエットに、ではなく「自転車生活に」というべきですね。

続きを読む

彼のアドバイスは、主旨が一環していて
「もっとペースをあげろ!もっとマッシーンのように漕げ!!」
というものです。

もっと速く!
もっとアグレッシブに!!
もっとストイックに!!!
己のスピードを限界レンジに追い込め!!!・・・
えぇ、要はバイクの時と同じです。

彼はどうして脳みそが筋肉系なんでしょうか。
私はただ、風を感じながら優雅に景色を楽しみたいだけなのに
毎回毎回
「で、今日は(平均時速が)何キロあがった?」
と厳しく問いただされます。

普通、ダイエット中というのは
「で、今日は(体重が)何キロ下がった?」
と聞くものではないでしょうか?

もう、彼の中では体重とかどうでも良くなっている気配があります。
どうしてそんなに妻を筋肉化したいのでしょうか・・・苦手なんだよそういう体育会系ノリ・・・



まぁ、サイクルコンピュータを装備すると、自分の速度や走行距離がリアルタイムに表示されるようになりますので
数値化が大好きな変態技術者肌の彼が、ついのめり込んでしまうのも分からなくはありません。

私もサイコンはつけていますが、なにせ陽が昇るより遥か前の時間(朝4時とか)に走っているので
暗くて表示が見えないのです。

だから、私は数値に踊らされることなく、毎朝優雅に自転車を楽しんでいます。

朝4時といえば、すれ違う車や人影なんて皆無でして
大声で歌を歌いながら走っていても、気にしなくていいのが嬉しいです

ただ、たまに新聞配達の人とはすれ違うので、その時だけは声のトーンを落としています(向こうがギョッとするのが気配で分かりますのでw)

昨日の朝も、延々と続く畑の一本道を走っているときに、新聞配達のカブと出会いました。
相手は、私の少し前方をゆっくりと走っています。

えぇ。

時速30kmくらいのゆっくりしたスピードです・・・バイクにしては。
私が全力をだせば追いつけるくらいの絶妙なスピードです。


もちろん、風を感じながら優雅に走るのが主義のわたくしは全力で追いかけましたが何か?

たいてい、タイヤが二つの乗り物に乗っている人は、追いかけられるとブッチギリたくなるのが人情というものらしく、
カブも私が追い抜くとアクセルをあけやがりました

おのれ!エンジンにものを言わせるとは!!
こっちは一馬力(いや一鳩力)なんだぞ!
本気になったら追いつけないじゃないかオマエノカアチャンデベソー

私が敗北感にまみれていると、
ふと敵は前方の民家で停車しました。

やった!!
アイツはペナルティを負ってるぞ!!!(いや、それが彼の仕事なんですが)

私、敵が停車中に激漕ぎして遥か後方に追い抜きました!!

ふはははは!!!今日も勝ったーーーー!!!!


と、私が勝利に酔っていると、遥か後方から迫りくるエンジン音・・・・・

明らかに先ほどよりもスピードアップしたカブが、猛烈に追ってきます

どうして2輪に乗る人は、どいつもこいつも大人げないんでしょうか?(注:自分は除外)


私は、疲労で震える二の足を酷使して、全力でカブから逃げました。

しかし迫りくるカブのエンジン音・・・

あぁ、もうだめ追いつかれるこんちくしょーーーー

とそのとき、すぐ後方でエンジン音が停止しました・・・・やった!!ありがとう新聞を取ってくれたそこの民家の人!!!!

その時、私は、新聞屋さん以上に新聞の普及を喜びました。
やっぱ時代はペーパーメディアよね。インターネットだけじゃだめだってウンウン(棒読み)


そんな感じで10分ほどカブとデッドチェイスを繰り広げたら、もう気絶しそうなくらい疲れました。

やがてカブとは袂を分かち、もう鼻歌どころか呼吸も絶え絶えになりながらその日は帰路につきました。

明日こそは、風を感じながら優雅に走りたいと思います。
パパにビンディングシューズのこと聞こうっと・・・

自転車ダイエット、順調です。
最新記事
最新コメント
鳩の大好きアイテム
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク