【マラソン・ジョギング】チファニーへの道8 最終章3

まだ完走証が届かないよ~!
だから、レースレポートが完成してなくても、ギリギリセーフですよね?(現在、白紙の朝顔観察日誌を抱えた9/1の小学生の気分。9/1は日曜日だった設定)

今日は一気にレポートを書きあげます!

◎ボランティアさんが凄い

重い膀胱を抱えながらスタートゲートをくぐると、「ドクター」のゼッケンをつけた数十名のメディカルランナーが笑顔と拍手でランナー達を送り出してくれました。

まだスタートしたばかりだというのに、ワタクシ、この居並んだドクターたちを見ただけで胸と目頭が熱くなってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ
だって、ワタクシ、好き好んで走りに来ているだけなのです。
遊び、って言いきったらガチで走りに来ている人たちに申し訳ないのですが、
でもまぁ、遊び。
言い方が悪ければ、ただの趣味なのです。地球の命運も家族の生活費も背負ってない。

でも、そんな私たちをいざという時に支えるために、こんなに多くのプロフェッショナルが待機してくれてるわけで・・・これはもう、血の色が緑でもなければ、感動しちゃうシチュエーションですよねッ

さすがウイメンズだなー!
あんなにたくさんのドクターたちが、控えテントで私たちを待っててくれるんだな~
と目頭を熱くして走り始めたのですが、、しばらくしたら、目の前をドクターたちが激走しててめっちゃ驚きました

えーーッ!( Д ) ゜ ゜ポンッ
「メディカルランナー」って、「ランナーたちのメディカルを担当する人」ってだけじゃなくて、ほんとに「ランナー」なんですね( ゚Д゚)

しかも、超速いww
キロ5分半で走っている最中にアウト側からブチ抜かれました\(^o^)/
リュック(たぶん医療道具が入ってる)を背負ってるのに、キロ5分くらいで激走していました。
「がんばってドクタ~♡」って声をかけるビジョガー達に笑顔で手を振ってたよ。余裕だなドクターwwww

ざっと見渡したところ、30人以上のメディカルランナーがいたので(調べてみたら、60人以上いたらしい)
「お医者様って、やっぱり体力勝負なんだなぁ」と妙に感心しました。フルマラソンを激走するドクター、カコイイ♡

コース内を一緒に走ってくれるボランティアドクターもかっこよかったですが、コース外にいるボランティアさんも、凄かったです。
私が走っていると、交通規制で横断歩道を渡れなくなっていた妊婦さんがいたのですが
なんとその妊婦さん、自転車に乗っていたんです。
横断歩道を避ける歩道橋の前で(ここを登るのか・・・)という絶望の顔で佇む妊婦さん。
うわー、大変だなどうするんだろ??
と思って横目で見ていると、なんと、傍で交通整理をしていたボランティアさんが走り寄って、自転車を担ぎ出しました。
笑顔で自転車を担ぎ、歩道橋を登るボランティアさん。笑顔で頭を下げる妊婦さん。
すごいッ(*´ω`*)惚れるかとおもった~

あぁいうのは、ボランティアとしての仕事というより、心意気でやっているんでしょうね。心がホッコラしました。
交通整理、補給食の受け渡し、トイレの誘導、ゴミ拾いetc
いっぱいいっぱい、いろんな人に支えていただきながら走らせてもらいました。
一人で自転車やバイクに乗っているときとは、また違う楽しさですね(*´ω`*)感謝感謝♡

ほんとは、一人で走ってるときだって、家族とか友達に感謝しないといけないんですよね~。(ヾノ・∀・`)ムリムリ楽しくって忘れちゃうもんね

◎コースプロフィール
「とにかく平坦」ということで有名な、名古屋ウイメンズのコースですが
噂にたがわず、驚愕のド平坦っぷりでした!
ひょっとしたら、大都市型マラソンって、みんなこんな感じなんですかね??
少なくともアップダウンに関しては、事前のコース研究とかペース配分は必要ないと思います。
常に全力でOK。周囲にビルなど建物が多いので、風の影響もほとんど受けません。
あえて工夫するとすれば、ライン取りと補給計画かな?

ほとんどの区間が3車線分の大通りを解放したものなので、秒単位を削ってタイムを狙う人は、イン側を回れるようコースプロフィールを覚えたほうがいいと思います。
私くらいのファンランペース(5時間10分台)だと、スタートからゴールまで、常に人ごみの中を走ることになります。
肘を出しただけで他人にぶつかるほどの混雑ぶりですから、アウト側からイン側まで強引に道を横切ろうとすると、かなりの回数衝突して怒られることになります・・・。(←一度やろうとして懲りた人)
余裕をもって曲がる方向の車線に移動しておかないと、いけないですね。

そうそう、ライン取りよりも大事なことを思い出しました。
ウイメンズは、とにかく参加者が多いので(ウイメンズだけで2万人超です。東京や大阪もこんな感じなんだろうなぁ)
先行するランナーを追い抜くのにとてもパワーを使います。
先ほども書きましたように、肘を出しただけでも他人にぶつかってしまうくらいなので、追い抜くだけのスペースを確保して速度をあげるのに、いつも(郊外型のマラソン)よりだいぶ神経とエネルギーを使いました。

だから、スタートブロックの申請は、慎重に行ったほうがいいと思います。
私の実感だと、最初に申請したブロックより前のブロックに追いついてゴールするのは、かなり頑張らないといけない感じでした。
ずっと平坦だし、写真撮影のために足を止める人も多いので、2~3ブロックは余裕で追い抜けると思ってたのですが
ペースを上げたくても上げられない区間があまりに長くて(実を申しますと、ゴール直前のスプリントまでずっと上げられなかったです)トイレで後退した分を取り戻すだけが精一杯の走りでした。

とは言え、自分の持ちタイムよりも速いブロックに乱入するのは、基本的にはNGです。
ウイメンズの場合、持ちタイムの申請に特段の証明は要求されませんが(大会によっては、公式大会の完走証などを要求されることもあります)、だからと言って持ちタイムより速いブロックにウソを付いて紛れ込んでも、あっという間に速いレースペースに飲み込まれて沈没してしまうと思います・・・^^;
前のほうの団体は、野武士のような顔をしたガチ勢で固められていますので(女子とかなんとか関係ない。オラオラオーラ全開です)、彼女たちに迷惑をかけないためにも、そして自分の心肺のためにも、スタートブロックの申請は誠実であるべきだと思います。
つまり、ウイメンズを申し込むタイミングまでに、十分な自己ベストを出しておくってことですね^^
あ、女性ばかりの大会でしたので、誰かにぶつかってしまったとしても、「死ねゴルァ!」とか「ふざけんなテメェ!!」などと怒鳴られることはありませんでした。みなさん、紳士的でしたね(淑女ですけど)。他の大会では、割とフツーにあるんですよ。みんな、疲れて気が立ってますからね

補給は、水とスポドリは頻繁にありましたが(3kmごとだったかな?もっとあったかも)、補給食は23km地点までありませんでした。
そうすると、私のようなゆるゆるランナーは、ロクなものにありつけません(笑)
ウイメンズは補給食がバラエティに富んでいることで有名な大会ですが、ウイロウやレンコンチップスなどの人気メニューを希望される方は、サブ4クラスまでトレーニングされることをおススメします。

私は、ほら、その、ぜ・・・ぜんぜん欲しくなんかなかったからね!?(ツンデレか)
ツイストパンとかバナナは食べられましたが、ウイロウには最後まで巡り合えませんでした。
レンコンチップスは、わずかに残ったカケラだけ気合いでGet♡美味しかった♡♡

次にウイメンズに出られる機会がありましたら、補給食は基本的にセルフのみにしようと思います。それだけで、タイムが10分くらい縮められる(←つまりレンコンチップスのために4時間台を逃した女)。
などと言いつつ、レンコンチップスだけは次回も外さない決意なのでございました・・・ジッチャン鳩の名に懸けて!

あぁ~( ノД`)シクシク…
今度こそ書きあげようと思ったのに、ゴール部分までたどり着けなかった~_(:3 」∠)_

次回は、感動のゴールシーンをご報告したいと思います!
それではみなさま、今週もがんばりまっしょい
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
関連記事

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳩の大好きアイテム



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RACERS(Vol.44)
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッカンタカハシゴー(第5ゴー)
価格:960円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Star Red レディース半袖ジャージ
価格:20300円(税込、送料別) (2017/4/8時点)


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

リンク