【マラソン・ジョギング】チファニーへの道9 最終章4

先週末は、家族みんなで犬山祭りに行ってきました。
KIMG0806.jpg

ちょっとショボい画像ですけれど、これ、山車が点灯する瞬間のレア(?)画像です。地元民ならではの一枚^^

犬山の山車の提灯はろうそくなので(電飾じゃなかった!)、すごくゆっくり点いていきます。
チャッカマンが無い時代は、全部つくまでに何分かかったんでしょうねぇ~

おおきな鳩ぽっぽの山車もありました
KIMG0807.jpg
勇猛なポッポです。
息子二人が「鳩だ!」「鳩ぽっぽが強そうだ!」と大きな声で指を差すので、通りゆく人に何度も二度見されました。

山車の下部には、(私好みの)ムキムキのお兄さんがすし詰めされており、人力で山車を引いていきます。
トラックじゃないのよ~。(音の響きは悪いけど奴隷船方式なのです。
山車の車輪にはステアリングとかついてませんから、交差点で右左折するときは全員で掛け声をかけて
力技で山車を方向転換させます。この豪快さが祭りの見ものの一つ。

この時期になると、毎年犬山の交差点にはチョークで描いたような白くて巨大な円模様が現れます。
山車が方向転換するときに、舗装を削っていくのです。
それを見ると「あー、今年も春が来たな~」としみじみ思うのでした。


さーて、今日こそウイメンズレポートを終わらせます~!

◎レース展開
これが、あたくしの激走の詳細です。
KIMG0808_20180410044811cdd_201804110511244a8.jpg

めっちゃ一定。

スタートロスが12分ほどあったはずですが、それでも最初はだいぶペースが上がってます(トイレから出た直後だけ本気出した)。
その後は、ほぼ一定。

計画ではネガティブスプリット(後半に行くほどペースを上げる走り方)の予定でした。
足も心肺もだいぶ余裕があったので、上手に走っていればあと20分は短縮できたかなーと思います。無念。

ペースを上げられなかった理由は、単純に、人が多すぎたから。
スタートからゴールまで、常に人ごみの中を走りました。
これまで参加してきた大会では、スタートロスは長くても5分以内でしたし、5kmも走ればランナーがバラけていました。

ウイメンズの人気の高さ、参加者2万人という規模を、よく分かっていなかったことが敗因ですね。
それと、トレーニングで30km走を完走していなかったので(途中で力尽きた_(:3 」∠)_)自分の走力が把握できていませんでした。

大会前の半年間、走行距離は100km/月を下回ることが無く、直前の3ヶ月は200km弱走っていたのです。
お手本にしたブログの方々が月に300km前後走る人ばかりだったので、「自分なんて全然ダメダメだ~」と思い込んでいましたが
それだけ走っても一度も故障しなかったのですから、自分で思っていた以上に足が出来上がっていたのだと思います。
レースの高揚感も手伝ってくれるので、㌔6分で押しても走れた気がします。
慎重になりすぎてペースを上げられず、渋滞にもまれてずるずるとタイムを落としていった・・・・そんなレースでした。

とはいえ、タイムはオマケみたいなものでして、怪我無く楽しく走りきれたので、悔いはありません
次に当選できることがあったら、その時は最初から5時間キリを目指して徹底的に走り込みたいと思います!

◎過呼吸でゴール!

30kmの壁とか、足が攣るかもなど当初いろいろなことを心配して臨んだレースでしたが
最後「ゴールまであと2km」の看板を見つけた時点では、まだ息すらほとんど上がってなくて
「ヤばい・・・めっちゃ余裕残しすぎた・・・」と焦っていました。

とはいえ、肘が当たるほどの密度で他ランナーが周囲にいましたから
彼女たちをジグザグと避けつつ、かつペースを上げていくのは非常に足を消耗させます。
なかなか思い切れない。

でも、ゴールに近づくにつれて歩き出す人も増えたので、思い切って飛び出すことにしました。
このまま様子を見てたら、ゴールに着いちゃう。
抜くなら、今だ!(`・ω・´)(※時だいぶすでに遅し)

この時、鳩子女子の脳内には、確かな計算がありました。

このまま息も切らさずにゴールしたら、タキシードを着たイケメン(ウイメンズマラソンでは、ゴール後にイケメンをお持ち帰りできます(※ウソです))にスルーされてしまうに違いない。

ゴールまで全力で走って、ラインを割ったところで健気に倒れ込めば、
「大丈夫ですかお嬢さん・・・」って介抱してもらえるかもしれない・・・!♡

なんだか、力が沸いてきました。
スケベ心は、いつの世も世界を救うのですね。

鳩子、ラスト2km、猛ダッシュです!

待ってて、私のイケメン!!

最後は、数えきれないほどのランナーを追い抜いて、華麗にゴールを決めました!

・・・
KIMG0808_20180410044811cdd_201804110511244a8.jpg
と、思っていたのに実は全然ペースが上がってなかった現実(爆)

めっちゃ一定ですや~ん( ˘•ω•˘ )
私の心象風景では、ウザインボルト並みに華麗なダッシュを決めていたはずなのですが
実際は、ただの疲れ果てたオバチャンランナーがボテボテしていただけのようです_(:3 」∠)_ショックー

そんなこととはつゆ知らず、「あたし、いま風になった。」くらいの感動のゴールを迎えました。
そこをどきなさい、ビジョガーども!このあたし様があなたより先にゴールを決めるのよぉぉぉ(ボテボテ)

口の中は血の味でいっぱいでしたが、ゴールラインさえ超えれば、ナゴヤドーム中央で大の字でひっくり返っても悔いはありません(※迷惑です)。
オラオラでペースをあげ(たつもり)て、ゴールラインをグリコのポーズで通過しました。

ゴーーール\(^o^)/オワタ

・・・・オェェェ!気持ち悪い!!!助けてイケメェェェン♡♡

ゴール会場のナゴヤドーム内では、MCのお姉さんが「最近ジョギングを始めまして~、8kgぐらい痩せたんですよ~」という、超どうでもいいトークを繰り広げていましたが(すげぇな8kg)、そんなことよりも何よりも私はイケメンに介抱してもらうべく
ギラついた目でタキシード隊を探しました。
係員の誘導に従って、いざイケメンの目の前にたどり着いた、まさにその時・・・

息が、吐けない。

ヒ・・・ヒィィ・・・・・ヒィィィィ

人生初の、過呼吸です。

いやー、初めて経験しましたが、あれ、めっちゃ怖いですね!
ほんとに息が吐けなくなるの。吸えるんだけど、吐けないのですよね・・・。くるしい~ッ

だんだん目の前が暗くなってきて、周囲の音も聞こえづらくなってきました。
誰かに助けを求めようにも、誰もこっちを見ちゃいない。気づいてもらえるわけがない。
声もでないし、身体は痺れてくるし
あ、これはヤばい。マジで倒れるかも・・・と意識が飛びそうになりました。

が、その時、紙袋を口に当てるという応急処置を思い出し(受けててよかった、救急講習)
急いで手で口元を丸く覆い、呼気を吸うようにしました。

吸って・・・吸って・・・・おおきく吐いて・・・吐いて・・・吸って・・・ヒヒフー←チガウ

なんとか音と視界が戻ってきたころには
いつの間にかティファニーを手に握らされており、大量の紙袋を持たされていました。
白目を剥いてる間に、お土産ゾーンを通過していたようです。

お土産は、バナナにスポドリにTシャツ、パン、パンレットなど、盛りだくさんでした。
過呼吸で弱った身体には辛かったけど、豪華で嬉しかったです。
イケメン、可愛い男子大学生だったなぁ。よろけて抱きつく計画が台無しだよ~お持ち帰りしたかった( ˘•ω•˘ )残念。

帰りは、1時間ほど歩いて大曽根駅へ。
行きは15分で歩いた道のりですが、帰りは1時間もかかっちゃいました。
最後のスケベダッシュが、身体に堪えたようです(天罰)。

でも、翌日は筋肉痛もほとんどなく、爪も全部無事でした。
ある意味恥ではありますが、翌日も仕事が待っていることですし、これはこれで良かったと思います。

やっぱりマラソンは平地に限りますね~。
名古屋ウイメンズ、当選したら是非また走りたいです(*'ω'*)
今度こそイケメンをお持ちかえりするんだ俺!

以上、アラフォー初心者ランナーによる、名古屋ウイメンズ2018レポートでした!
マラソン、楽し~よー!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←ちなみに、マラソン8年目です。新婚18年目。ツッコミは許可します。
関連記事

コメント

Secret

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳩の大好きアイテム



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RACERS(Vol.44)
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッカンタカハシゴー(第5ゴー)
価格:960円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Star Red レディース半袖ジャージ
価格:20300円(税込、送料別) (2017/4/8時点)


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

リンク