【バイク】SV1000S(K3)の予備容量、らしきもの

先日、朝食用の卵焼きを焼いている時、窓の外を見ていた長男氏が「・・・今日は暑くなりそうだね」と呟きました。

卵の焼き加減に気を取られていた私は、ついうっかり
「あー、6月は一年で一番紫外線が強いらしいから、日焼けに気を付けてね~」
と安易な相槌を返してしまいました。

・・・「一年で一番?」キラリン

( ¯・ω・¯ )しまった。下手こいた。

そこからはもう、卵を焼いている場合などではありません。

「一年で一番」とは、どういう意味か。
一か月の紫外線の積算量を言うのか、一年で一番紫外線のピーク値が強い日が6月に含まれているのか、「一番」とは過去何年分の統計から出されているのか?その統計は、どこの機関が出しているのか?

そして、なぜ「6月」なのか。7月や8月ではないのか。5月はどうなのか。などなど。

彼は、決して私に「正確な話をしろ!裏付けの取れていないデータを口にするな!」と責めているわけではなく
純粋に、
「どうしてだと思う?僕はこう思う。お母さんはどう思う?何を知ってる?」
と、会話を楽しむために話題を膨らませるのです。

息子って、ほんとに可愛いですよね( *´艸`)

可愛い。息子可愛い。世界一可愛い。いや宇宙一可愛い。

でも息子よ・・・
朝、卵を焼いているオナゴは会話を楽しむ余裕などないので頼むから「そもそも紫外線とは」なんて話題を振らないでくれまいか。


っていうか・・・
その「会話を楽しむ」の方向が、ね。
その話題を「楽しい」と思うかどうかは・・・母さん、ちょっと自信ないな。
だいぶ傾向のとんがった女子じゃないとね・・・難しいんじゃないかなって・・・うん(。-`ω-)

結局
・「一年で一番」は、語弊のある表現だった。(なんかね、紫外線にもA波とかB波とかあるんだそうです。B波は6月が一番強い・・・年もある・・・けど、一般的には8~9月のほうが紫外線量は多いのだとか)←卵を焦がしながら調べた

・6月は夏至がある。ということは、天気にもよるけど、6月の日照時間が一年で一番長い、場合もある→紫外線量が多い

・6月は雨天曇天が多いから、日焼け対策を怠りがち→でも上記の理由で紫外線の量は多めなので、日焼けしやすい。要注意月間

・まぁ、夏至があるってことは太陽との距離が一年で一番近いわけだから、紫外線も増えそうだよね(ザックリだなオイ)

・ちなみに紫外線というのは、波長が「あ、それは知ってる。一応聞いてみただけ」ぅおい!知っとるんかーい!!なんね、その「一応」て!!!(怒)

ということで話がまとまり、「あー、ようやくすっきりした」と納得してもらえました。

いい加減な話をすると、「気持ち悪い。」といってトコトン質問攻めされるんですよね・・・。

母さん、デルタTの生き物(直観と瞬発力で生きるナマモノ)だから、いつも息子氏に怒られています。

まぁ、世の中にはスポーツの得意な子もいるし、ゲームのうまい子もいる。
うちの長男氏は、たまたま「物理」が好きな子なのだと思います(それがテストの点数と結びつくかは未知数)。

・・・ただ「たまたま」と言っても、遺伝子には出処がありますし、環境的にもアレなんですけどね( ^∀^)ゲラゲラ>イインチョ


過日、Twitterで、予備タンクの容量に関する面白いつぶやきを読みました。

予備タンクといっても、当たり前ですけどタンクが二つあるわけではなく、
と言ってリザーブコックがついてるわけでもないみたいです。

ガソリン警告灯が点灯してから何キロ走れるか、っていうのを「予備容量」と呼んでいるみたい。

この「予備」という言い方
よく、バイク乗りの方の話題で耳にするのですが、これまではずっと意味が分からなくて不思議に思ってました。

私は昔、リザーブコックのついているバイクに乗っていたので
それなら「予備」と言われてもピンとくるんです。
リザーブコックひねってから何キロ走れるか、ってことかなと。

でも、SVのようなリザーブコックのないバイク(っていうかインジェクション車?)だと、何をもって「予備」というのかなー?と。
(余談ですが、先日とあるキャブ車の燃料フィルタやオートコックの設計図を見ました。意外と見たことない方も多いと思うんですけど、あれね、すっごいびっくりしますよ!ほんと!超シンプルだった!!!もしサービスマニュアルに載ってるなら、一度眺めてみることをお勧めします。面白いよ~)

それと、もう一つ不思議だったのは、どうやったら「予備容量」って分かるのかな??っていう点です。

サービスマニュアルとか、ネットで見つけてくる諸元表などを眺めても、なかなか「予備容量」って載ってないのです。

例えばうちのSV子だと
sv1000s.png

こういう諸元表なら、すぐに見つかるのですが
「予備容量」は・・・なかなか見つからない。

うーむ(´・ω・`)
どうやって調べたらいいんだろう・・・。

と、これまでは思っていた次第なのですが、

そこで出会ったのが、Twitterでのとあるつぶやきだったのです。

そのフォロワーさんは、常日頃燃費を計測しているのです。
で、実際にガス欠まで走ったことがある(アホ)ので(しかも複数回)、「経験的に、自分のバイクのタンク容量は分かっている。カタログ値が正確であることは実証済」のだそうです。(※「アホ」は誉め言葉です)

そしてさらに「ガソリン警告灯が点灯してからガス欠まで走ったことがあるので、予備容量も分かる。経験的に知っている」という趣旨のことが書かれていました。

(゚д゚)
な・・・
なるほど!!!!

それなら、私にも分かる!!!
だって
私も、ガソリン警告灯がついてからガス欠寸前まで何度も走ったから( ¯・ω・¯ )
(※誰か褒めてください)

これって、ひょっとしたら、私のほかにも、知りたい人がいるかもしれない。
こういう情報こそ、「実際に乗ってみないと分からない」情報なのではないか、と思いました。

もちろん、乗り方とか体重とか装備(バイクもライダーもね)によって、全然事情は変わってくるので
あくまでも参考値です。情報を信用するかどうかは自己責任でお願いいたします。

が、カタログの「継続走行距離」とか「燃費」とか、ましてやカタログに載ってない「予備容量」とかは
参考になる方もいらっしゃると思います。よかったらご参考までに。

条件としては

・ライダーは体重50kg以下
・ホイールはノーマル
・マフラーはリミッターカット済(軽い!でもカーボンではない)。爆音仕様
・制限速度順守(追い越しのときはちょっとくらいアクセル開けるけど、基本的に道交法は守ってます(`・ω・´))
・くねっくねの峠道は走らない
・でも信号の少ない快走路を走ってる

という感じです。

その状態(割とノーマルツーリングライダーじゃね?と自分では思ってるのですけど)で
SV1000Sは、ワンタンク230kmは無点灯で走れます(※ガソリン警告灯です)

それから
点灯後、50kmはガス欠せずに走れます
(※繰り返しますが自己責任でお願いします(;´・ω・))

私は、足つきが怖いので、常に給油は控えめ(満タンにしない)を心掛けていますので
おそらく、SV子の燃費は18km/lくらいだと思います。体感的なものですけど。

と、すると
おそらく、SVの予備容量は4Lくらい、なのかなーと推察します。
3Lだとあまりにもカツカツですもんね・・・4Lはあると思う。

まぁ、体重50kg以下でSVに乗ってる人がどのくらいいるのか、需要があるデータなのかは疑問もありますが
自分用の覚書にもなりますので、記事にしておこうと思います。

ガソリン携行缶、1本くらい買おうかな~~~毎年悩むんだよね~~~(そして買わないx17年)

以上、たまには頑張ってバイクの記事を書いてみました。
次回は、マラソンの話をUPしようと思います♡

それでは、また
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
鳩の大好きアイテム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク