【バイク】昔むかしの骨折り話5

なお、保険処理での事故の過失割合は95:5(相手が95、鳩が5)だった。
なので弊記事では相手を「加害者」と記載している(保険処理上、過失割合が多いほうを”加害者”というので)けども
過失が多かろうが少なかろうが、事故は事故。
両方とも被害者であり加害者かな、と思ってる。

でもバイクのほうが圧倒的に痛いので、損だなーーーーとは思うッ
みなさんも、どうぞ事故には重々お気を付けくださいませ・・・。
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
怪我の状態が落ち着いた頃、
手土産を持って、目撃者さんのお宅にお邪魔した。

その方は30代後半から40代前半の、働き盛りという感じの男性だった。
お宅は庭付き戸建て二階建ての和風建築。
新築なのかリフォームなのかはわからないけれど、真新しい建材の匂いがする綺麗なお屋敷だった。

家の中に通していただくと、まず玄関口に金色の仏像が飾ってあって、ちょっとびっくりした。
お金持ちとはお付き合いしたことのない人生だったからよくわからないけど、玄関口に仏像を飾るのはお金持ちのデフォなのか?( ¯・ω・¯ )と不思議に思った。

応接間に通されると、ピカピカの仏壇が開かれていて、お線香の香りがする。

私も実家には仏壇があって、仏間に通されたときはお線香をあげなさいと教育されてきたので
とりあえず、一言断ってお線香をあげさせてもらった。

初めてお邪魔したお宅で、いきなりお線香からスタートしてご先祖さまの話を聞いている・・・というシチュエーションに若干違和感を感じたけれど
なにぶん、人生経験の少ない20代後半のころの出来事だったので「こんなものか?」と自分を納得させる。

そうこうしているうち、目撃者さんの奥様がお茶をもってきてくれたのだけど
これが、とても綺麗で、目撃者さんとはだいぶ年が離れた異国の女性だったので
(あのー、最初から情報が多すぎて困ります!( ¯・ω・¯ ))
と、内心でめちゃくちゃ焦っていた。

みると、私の隣でイインチョ(夫)も
(あのさ、どこから驚いたらいい、俺?)
という風に戸惑った顔(。-`ω-)でお茶をすすっていた。

そして話は、事故当日のことに及んだわけだけれど
心のなかでは(そんな話より!!奥さんとはどこで知り合ったんですかーーー!!どうみても10歳は年が離れているのに、お子さん3人てドユコトーーーー!?)と、ゴシップ知りたがり台風が大きく吹き荒れていた。
(※結局、最後まで奥さんのことは聞けませんでした)

事故の話を聞くと
私は、自分が思っていたよりもだいぶ派手に空を飛んでいたらしい。

目撃者さん(今更ですけど、以後Aさんとします)は事故を見た途端
「あ、嫌なもの見ちゃった~・・・これは死んだな」と思ったそうな。

私は頭を激しく打ち付けていたらしく、軽くバウンドまでしていたので
「あれは脳をやられたな・・・と思ったんですよ」と語ってくれた。

そう思っていたら突然私が身を起こし、「携帯!誰か私の携帯を知りませんか!」と叫び始めたので
Aさんはとても驚いたそうだ。

しかもそのあと、私が誰かに電話し「明後日のツーリングは!絶対に行ってね!!私は置いて行ってツーリングに行って!!!」と言い出したので
「・・・( ¯・ω・¯ )いま、その話する?」と目が点になったそうな。

「いやぁ~、あの時はこの子、頭大丈夫かな?って心配になりましたよww」とAさんは笑って言った。
私も夫も、乾いた笑いで「その節はすみませんでした・・・」と謝るしかなかった^^;;

そうやって場が和んだ(?)あと、ふと思いついたように、Aさんが
「走馬灯、見えましたか?」
と聞いてきた。

まさに「人生初の走馬灯」を体験したばかりだった私は、「見えました!ほんとに見えるんですね~」と元気よく応対した。
するとAさんは
「僕もね、実は昔バイクに乗っていましてね。走馬灯、見たんですよ」
と話し始めてくれた。
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
ここから、Aさんのショータイムが始まりますが
今日はタイムアウトなので次回に続きます。
奥さん、確か二人目か三人目と言っていたような・・・←結局聞いている
Aさん、情報の多い方でした・・・。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
鳩の大好きアイテム
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
リンク