【バイク】昔むかしの骨折り話6

Aさんは昔、バイクに乗っていたそうだ。

峠で角を生やして膝を擦っていたこともあるし、バックパックを積載して放浪の旅にでたこともあるという。

そしてある日、バイクで事故を起こした。

「ラインを割ってきた対向車とぶつかりましてね・・・僕も、貴方のように空を飛んだんですよ。
いやぁ~・・・あの時は、ほんと、死んだかと思った。とうとう、やっちまったかなってね。

そしたらね・・・その時、見えたんですよ。
えぇ。走馬灯。
人生が、長い映画のフィルムみたいに・・・こう、ずらーっとね。
あれは感動的だったなぁ~」

ふむふむ(。-`ω-)ワカル
ほんとにね、映画みたいに見えますよね!
あれって、何なんでしょうね?脳から変な物質が出てるんですかね??

などと楽しく相槌を打ちながら、綺麗な奥様に出してもらったお茶を啜っていると
Aさんはさらに、話を進めた。

「それでね。
初めて会った方にこんな話をするのはアレなんですけどね・・・

その・・・それ以来、僕、見えるんです。

( ^ω^)・・・ハイ?
え?走馬灯、今でも見えるんですか??

「いえね、見えるんですよ・・・僕、見えない人が、見えるようになったんです。

・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・( ¯・ω・¯ )

ハイ?( ¯・ω・¯ )

「走馬灯を見て以来、幽霊や守護霊が見えるようになったんですよ!こう、人の後ろにオーラが見えたりとか。
あぁ、貴方の後ろにも見えますよ?どなたか男性の方が見えます。どなたか男性の身近なご先祖さまがいませんか?(←そりゃいるだろうよww)
あ!ごめんなさいね、こんな変な話して・・・でもあなた、とてもいい人に見えるから、つい・・・

僕も走馬灯を見て以来”見える”ようになったから、貴方も”見える”かもしれませんよ!だから、教えてあげたくってね」

お・・・お・・・オカルトきたーーーーーーーウオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアア\( ‘ω’)/

隣では
オカルト嫌いなイインチョが、白目を剥いてお茶を啜っていた

私も、オカルト自体は否定はしないけれど
「貴方も見えるかも」などと言われると、ちょっと引く。
いや、かなり引く。
しかも、バイク事故とセットで話されると・・・何か、バイク事故が人生の行幸だったみたいな流れだったので(やってよかったバイク事故、みたいなね)
そんなことは、ねぇ!事故は、起こさないのがベストだろう!!それは、絶対だぞ絶対!!!
と、内心で激しく反発して動揺していた。

どうしよう・・・
お世話になった人だから、できるだけ気持ちよくお暇(いとま)させてほしいけれど
このまま壺なんか勧められたら、秒で切れる自信が、ある。

いや、私が切れる前に、イインチョがブチ切れるだろうし・・・"(-""-)"(イインチョはオカルトがクソ嫌い)

そう言われて改めて周囲を見渡すと
法事でもないのにキラ☆キラ明かりが灯されている仏壇も、玄関の仏像も、応接間にかかっている謎の掛け軸(達筆な文字でお経が書かれている)も、なんとなく怪しく見えてくる。

というか、それだけ和風な宗教観(?)に見えて、首には十字架が下がってるし、応接間にもキリスト像がある。
うん。
信心深いのは悪くないけれど・・・ちょっと、情報が多すぎるね、Aさん。

Aさんは、壺こそ勧めてこないけど「何か困ったことがあったら・・・例えば見てはいけないものが見えるとか…僕にいつでも相談に来ていいですよ」と話を続ける。

これは・・・ちょっとヤバいパターン?( ˙-˙ )


で、幸いにも。

Aさんは、私たちの空気がサァ・・・っと引いたことを感じてくれたらしく
「いや、変な話してごめんなさいね!とにかく、あなたが無事でよかった!」
と話を畳んでくれた。

それを機に、私たちは深くお辞儀をし、腰を上げてAさんのお宅を辞した。

Aさんは、私たちを玄関口まで送ってくれて「バイク、これからも乗るなら、気を付けてね」
と声をかけてくれた。


ちょっと、判断に迷うことろもあったけれど・・・Aさんはいい人だった。
その後、壺の勧誘もされなかった。

結局、あれはなんだったのだろう・・・
20年近く経った今でも、彼の意図は謎である。

なお、私はその後一度も走馬灯を見ていないし、”見えてはいけない人”も見えるようになっていない。
ぎっくり腰で寝込んだ時、痰が喉に詰まってチアノーゼを起こしたこともあったし、乗っていた車がスピンして対向車線に飛び出したこともあったけれど
いずれも走馬灯は見えなかった。

本音を言うと、幽霊なら見えるようになってみたい。
全部の幽霊が見えたら大変そうだけど、
自分に近しい人の幽霊なら、見てみたいという気持ちはある。
オーラも風水も星座占いも血液型占いも、楽しくて元気がでるならドンドン人生に取り入れればいいと思う。

だけど残念ながら、私にはそれらの才能は皆無のようだ。
妖怪も幽霊も大好きなのに、一度も遭遇できたことがない。

私が人生で遭遇できた妖怪は、イインチョのバイクだけだ。
彼のバイクは、リアルで付喪神である。

彼が余所のバイクを試乗すると、即座にオイル漏れを起こす。
彼が乗り換えを検討すると、その度にどこかしらトラブルを起こして彼の気を惹く。

それでいて、彼の心が疲れた時は最高の吹けあがりを見せて「やっぱり、お前が一番」と彼に言わせしめるのである。

イインチョがエロい手つきでTLのタンクを撫で「お前は、奥さんとよりも付き合いが長いしなぁ。お前を超える楽しいバイクが、未だに現れんのよ」と語りかけると
褪せかけたカウルの色が少しだけ艶を増す・・・ことを彼は知らない。

あれはガチで妖怪である。
私のSV子も、いつかは妖怪になれるのだろうか・・・。

できれば、バイクで事故を起こさなくても、”見える”ようになりたいものである。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
「昔むかしの骨折り話」は、以上で終了です!

書いているうちにいろいろ思い出して、楽しかった♪
事故の話も、こうして俯瞰してみると、さまざまな学習ポイントがあるものですね。
とりあえず、目撃者さんと会うのは以後辞めています(;^ω^)・・・っていうか、目撃者証言が必要なほどの事故を、起こさないようにしてます(実際起こしてません)。

みなさんも、事故には重々お気を付けくださいね♪
次回は、ランニングか自転車の話をUPしたいと思います~♡
では、また




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
鳩の大好きアイテム
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク