図書館ライダー

昨夜、佐○急便から荷物が届いたのですが
私、何も注文した覚えがなかったんですね。

なので、「本当にうちの荷物ですか?送付主はどなたでしょうか・・・よく似た名前の別の方の荷物が間違って届くんですよねぇ」
と業者さんに確認したのですが、
見ると確かに我が家宛。しかも、注文主は夫。

「あら・・・私、何も聞いてなかったけど、どうやらうちの家族が注文していたみたいですね(笑)」
と業者さんに話しかけたら
「えぇ。どこの家庭にもよくあることです。僕にも覚えがあります。
と爽やかな返答。
へぇ、覚えがあるんだ?(笑)


こんにちは。○川急便さんの気の利いた返答に感心しちゃったよ!@鳩子です。

いいですよね、佐川さん(あ、言っちゃった!)
赤いマークのあそことかブラックキャットなとこは、これまで何度も嫌な思いをさせられてきたんですけど
佐川さんだけはいつも親切丁寧で非常に気持ちがいいです。

ただ、あのオジサンが奥さんに隠れて注文した品物が何だったのかはちょっと気になるところですね(うちはどうせ自転車部品か健康食品だわ)。

やー、平日更新に穴をあけてすみませんでした。

「このブログを見れないと夜も眠れないよ!」という鳩子ファンのみなさま、大変ご迷惑とご心配をおかけしました(沈黙したままのコメント欄をじっと見つめる)

ちなみに私は大人の女なので、嘘も強がりも妄想もぜんぜん怖くありません。
怖いのは小じわと体重計だけ。イタクナイイタクナイ



今日は、バイクとはまったく無縁な話題ですので、バイク関係の方はスルーしてください(クリックだけでもやっていただけると、あなたに鳩のご加護が授かります)。


最近、街でよく痛単車(イタンシャ)を見かけます。
バイクに乗っている方で、アニメや漫画が大好き!俺は(私は)ヲタクだ!!と公言しているかたは、割と多いと思います。
まぁ、ヲタクといってもアニメオタクばかりとは限りませんし、そもそもオタクの定義も凄くいい加減だと思うのですが
「自分はこれが好き!これについては一晩中でも語れる!!」というものがある人は
私は個人的にとても好きです。

それがたとえ「桃色画像に詳しい」とか「爆弾や化学兵器にゾッコン」とか「アナタハ神ヲシンジマースカ」とかであっても
その対象物への好悪は別にして(最後のだけはちょっとアレですけど)、こだわりがあるっていう点で好感を感じます。

かくいう私にも、とある趣味があります(ちなみに尻への愛ではありません、念のため)。

それは私が幼稚園児の頃から温めてきた趣味なのですが
残念なことに、これまで一度として同志に恵まれたことのない、孤独な趣味でもあります・・・

その名も
図書館フェチ。

中学3年間、ずっと図書委員でした。

高専時代は、強引に部活を立ち上げて図書館の隣に部室を確保しました。

新しい街に引っ越したら、職場よりも病院よりもさきに先ず図書館の場所を確認します。

現在、9種類の図書館カードを所持しています。

映画「ラブレター」は私の心の神聖な場所にそっとしまいこんでいます。

小説「図書館戦争」シリーズは、夫にあきれられながらも4回再読しています(でも買ってません。図書館で借りる楽しみが減るから。)


単に本が好き、というだけではなく
図書館そのものにどうしようもなくトキメク体質なんです・・・図書館の匂いだけでご飯3杯はイケる。


しかしまぁ、私もこれまでずいぶんと数多くのバイクブログを尋ねてきましたけれど
ダムフェチ、道の駅フェチという人は結構いるのに、図書館フェチには出会ったことがない!え?そりゃそうだ??

なぜだろ。

公共施設って、まず間違いなく綺麗な道路が敷設されていますし
利用料金は無料だし、トイレだってあるし、冷暖房完備なんですよ!

静かだし、自販機はたいてい設置してあるし・・・駐輪場だってほぼ100%あるし!
道の駅と何が違うの!?
スタンプ?スタンプ台を設置すれば・・・いや、「図書館カード」を創設すべきか(いや、図書館カードはすでにあるか。利用目的が違うだけで。)


凄く穴場的なバイクスポットだと思うのですが、どうしてメジャーにならないんでしょう。


もしかして・・・
「本当は僕ちゃんって図書館フェチなライダーなんだけど、恥ずかしいからブログには書かないんだテヘペロ」
ってことなのでしょうか。


恥ずかしがらなくていいですよ、そこの図書館フェチなライダーさん!
そういうことなら、まず私が「図書館ライダー」なるカテゴリーを創設して全世界的に同志を募りま・・・


図書館フェチライダーのブログがないのは、単に需要がないからであろう。という事実に気が付いて、私は静かにカテゴリーを消去したのでした・・・。


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←市の中央図書館に行きたくて、ゴミ捨て場で拾ったママチャリで雨の中30kmも疾走した女子中学生とは私のことです。司書のお姉さんにゴミ袋もらって本を守ったよ!


追伸:明日は、女子小学生時代にハマった「丘の家のミッキー」を再読するために30km先の図書館まで走ってきます。午後はザリガニハンティングだ!!これも小学生以来だゼー
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
鳩の大好きアイテム
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク