宇宙刑事ギャバン THE MOVIEを観てきた☆

あれー?
ランキングサイト(スズキ)の記事タイトル一覧に「宇宙刑事ギャバン」がないなー??

こんにちは!特撮ものなんて全然興味ないけれど、息子達が騒ぐから仕方なくお付き合いで観に行った・・・と主張しても誰にも信じてもらえないセレブブロガー@鳩子です。

保育園ママのお知り合いに「ギャバン、観に行ったんですよ~」と言ったら
やっぱり!鳩子さんなら公開日に行くと思ったわ」と笑顔で言われ
「む、息子達が騒ぐから仕方なく、ね!」と抗論したら
「もーまたまた~!」と超笑顔で笑われました・・・アタクシ、いつの間にそんなキャラに・・・??


とゆーわけで、
「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」を観に行ってきました。公開日翌日に。(←ささやかな抵抗)

夫は昔本当に好きだったらしく、細かい設定にも異様に詳しいのですが
私はシャイダーの変身シーンをおぼろげに覚えている程度で、それほど思い入れはありません。女の子だからねー(本当だってば!アタシはクリーミーマミ派だもん!)

なので、あまり作品の質には期待せずに観に行ったのですが
いざ始まってみると、SUZUKIのバイクやSUZUKIの車がめっちゃアクションしてる!!!かっこいいじゃーん
と意外とワクテカな展開。

しかし、
あんなにSUZUKIがフロントラインに押し出されていたのに、ブログランキング(スズキ)上ではあまり取り上げられていないようなので
今日は映画の見所なんぞをご紹介したいと思います。
ネタバレしたらゴメンね、気をつけるけど!



「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」は、二代目ギャバンが活躍するお話です。
初代ギャバンがドン・ホラーを倒してから30年経過・・・という設定。

まず、オープニングのサイドカーレース!
映画が始まると同時に、激しいサイドカーレースのドッグファイトが出てくるのですが
これがンもーーー超カッコいい!!ヽ(*´∀`)ノ

帰宅後に夫に確認したら、初代ギャバンがサイドカーを愛好していたらしく
その設定を踏襲したようです。

昔はとても盛んだったようですが、いまはあまりレースで見なくなりましたよね

私はマン島の古い映像でレースを見たことがあったのでそれほど驚きませんでしたが
現代っ子の息子達は
「わー!お母さん、あの乗り物何!?」「バイクにねんねしてる人がいるよ!危ないね~」
などと大興奮して観ていました。

バイクにねんねしてる人↓
121025サイドカー
(画像提供「原付RIDE」
そうだね、危ないね~(笑)

残念ながら、イマドキのサイドカーレースは見たことがありませんけれど
さすがに、映画のアレはCGなんだろうなぁ・・・
サーカスかよ!?という派手なアクションでサイドカーを操っていました。

映画を観ているときは気づきませんでしたが、
どうやらそのサイドカーレースで使われてるバイクと、主人公の十文字 撃(名前も顔も素敵に暑苦しい)が地上で乗り回してるバイクが同じもので、青のジスペケ1000。
カラーリングはオリジナルなのかな?サイバリアンという名前でした。

アクションもこなし~の、後ろに美人のヒロインを乗せ~の・・・バイク乗りの夢と憧れと(一部の誤解)を撒き散らしてスクリーンに颯爽と登場!

うちの息子が「このバイクカッコいいね~~~お母さんも、(SVを乗り換えて)こっちのバイクにしたら?」などとウットリとしていうので
「あぁ、お母さんね。このバイクに(免許的には)乗れるのよ。っていうか、母さんのSVなら撃くんより速いかもね。
と軽く息子を騙したら
「えぇぇ!お母さんってすごい!すごい!」と本気で私を尊敬していました。
なんスか?全国のR1000乗りに謝ればいいんスか!?(逆切れ)

というか・・・
全国のR1000乗りに折檻されても文句は言えませんが・・・・・
実は、映画を観ている間、主人公のバイクがジスペケなのかバンディットなのかイマイチ自信が持てなかったのです(あぁ、夫に殺される!!!)

いや、あの、スズキのバイクだということはすぐにわかったんですよ!!メーカーロゴなかったけど!!!
ででで、でもさーーなんだか市販のGSX-Rとは形がちょっと違う気がしたんですよ~~夫が一緒に来てくれてれば直ぐにわかったんでしょうが
アタクシはメカに弱い乙女なので、車種の見分けがいまだに苦手でねゴニョゴニョ(TLとSVでないことは判った!それだけは判った!)


それから、車!
撃君が敵に超ボコられて、あわや一巻の終わりか!・・・というタイミングで
いかにも怪しげな(破って下さいといわんばかりの)シャッターをバリーー!と打ち破って
初代ギャバン登場♪
初代ギャバン、一条寺 烈50歳。やっぱり超暑苦しいマスク!!でもカッコイイ。

SUZUKIのジムニーに乗ってた!!!

これも、あとから夫に聞いたのですが
昔のギャバンは赤のオープンタイプのジムニーに乗っていたらしいですね。
それは流石にもう販売していないから、イマドキのジムニーを・・・ということなのでしょうが
ヒーローが軽自動車に乗って、シャッター破って登場って、なんだか無理がありすぎるってば(笑)

「もうちょっと頑丈な車で助けに来ればいいのにねぇ」と息子に話しかけたら
「そうだよね。もっと大きくておしゃべりする車じゃないと変だよね」と息子も申しておりました。
キットか!渋いな息子!!(笑)(注:後で確認したら「カーズ」や「ゴーオンジャー」のことのようです)

悪役の女幹部が微妙に年増でエッチでSMだったこととか
ほんのチョイ役で出てたシャリバンとシャイダーがオーズの伊達ちゃんとゲキレンジャーのゲキバイオレットだったとか
特撮ものがお好きな方には他にも見所満載な作品だったと思います。
それほど特撮に詳しくなくても、あれだけSUZUKI車が大暴れしてくれれば、SUZUKI乗りならそれだけで楽しめると思う。

この秋、お勧めの一作です
子供さんを口実にして、ぜひ!(←やっぱり口実だったの!?)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←しかし、幼馴染の主人公達二人(サイドカーレーサー)が揃って宇宙飛行士になる、という設定はいくらなんでも苦しいよなぁ~やっぱ宇宙飛行士はスーパーエリィトな科学者じゃないとね!今日は帰り道に「宇宙兄弟」買っちゃおうっと♪
関連記事

コメント

Secret

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

リンク