子猫がミヤタ コルナゴ 僕の彼女はビアンキで

Peugeotが読めなくコメンサル~♪・・・って、プジョーは読めないよね普通。
むしろあの綴りを「あぁプジョーね」と読める女性は危険なのでは。それ、高級車乗りの彼がいるんだよきっと。

最近、何気にマニアックな話をしても「あぁそれはね鳩子さん・・・」と誰かが暖かくコメントを返してくださるので
安心してオタな話が書けます(^^)
今日のタイトルや冒頭部分は、Lynnさんはテッパンとしてあと何人に通じるか・・・mshibaさんあたりが怪しいと踏んでいます(笑)



というわけで、今日は自転車の話題~♪
親愛なる静音嬢のために解説しておくと、「コルナゴ」と「ビアンキ」というのはイタリアの高級自転車メーカーの名前で
「ミヤタ」というのは日本の自転車メーカーの名前です。

ミヤタは、最近はあまりロードバイクを作ってないらしいのですが
むかーしむかし、「ろーどふらいやー」というロードバイクを世に送り出したメーカーなのです・・・これ⇒(生きてる骨董品、なんて言っちゃダメよ。約一名が吼えるから)

先日、デュアスロンの話題の際にチラっと公開しましたが
121119 写真6

これが、現在の私の愛車です。名前は「りむじん」(つけた本人も忘れてた)。

Specializedというアメリカのメーカの自転車です。
「シラス」というシリーズで、2003年くらいの古~いモデル。

Specializedというのは、世界で始めてマウンテンバイクを量産した由緒有るメーカーです。
ロードレースの世界でも第一線で戦うポテンシャルを誇っておりまして、名門といえるメーカーだと思います。

・・・が、私の乗っているマシンはかなりお安いモデル。ロードバイクですらない、エントリー用のクロスバイクです。

でもすごくいいバイクですよ!ホイールもハンドルも交換してかなり性能UP!してますし、丈夫で乗りやすくて、私には勿体ないほどの出来嫁です。

SUZUKIのバイクでいうと、GSXR-1000やハヤブサではなくてジェベル250、という感じかな。
今のところ、私の実力には余るような名機ですので、乗り換えの必要性なんて全く感じていません。えぇ。




うん、それで、ですね。
人は、恋をするのに「必要性」なんてさほど重要ではないのです。
いや、むしろ「高嶺の花」というくらいですから。
ちょいと手の届かない高級マシンのほうが熱く胸を焦がす存在でして。

彼女に釣り合うような自分ではないと知りつつも、いやだからこそ!可愛いアノ子の面影が私の胸を熱く激しく燃え立たせるのです。

そんな、私を魅了して止まない「可愛いアノ子」というのがこちら↓

ビアンキというメーカーの、IMPULSO(インプルソ)というマシン

んーーーー可愛い!!この青緑と白の配色が超~~~超可愛い!!

この子は可愛いだけではなくて、体重もたったの8.4kgなんですってよ奥様!ンマーなんてスリムなのっ!8kg前半ですよ!!
(うちのりむじんは目一杯軽量化して現在9.8kg)

流線型のボディがかなり色っぽいです。アルミフレームだから、丈夫さも○。
これでお値段が14万円弱!お得よ~~~8.4kgでビアンキのマシンで20万円切ってるなんて~~

ビアンキというのは、世界最古の自転車メーカーといわれているイタリアの老舗でして
チェレストと呼ばれる青緑のカラーリングがシンボルカラーとして有名です。

この青緑は、イタリアのマルゲリータ王妃の目の色をモチーフにしたというロマンチックな説があります(イタリア人ってスケベなのかしら)。
一方では、新年のイタリアの空模様を参考にしているという説もありまして(イタリア人って気分屋なのかしら)、毎年微妙に色合いが異なるらしい。

私は、このチェレステカラーにすっかりゾッコン(死語)なので、自転車屋さんに行くたびに「ビアンキ~ビアンキ~」と呪文を唱えながらビアンキマシンを眺めているのですが
まぁ・・・どれもこれもお高い・・・
車で言うと、フォルクスワーゲンのゴルフみたいなお高さなんですorz
同じスペックなら国産車のほうが安い・・・

自転車には手が出せないので、悔しくて

思わずBianchi製のメッセンジャーバックを買ってしまった(イタリア人って商売上手なのかしら)のですが

バッグがBianchiなら自転車もお揃いでBianchiにしたいよね。というジレンマに嵌ってしまふ。助けてードラえもーん

ラテンの陰謀、恐るべし。

いまのところはラテンの陰謀を辛くも退けておりますが・・・我が家の庭から石油が沸いたら、まず最初に買うのはこの子(インプルソ)にします。えぇ、決めましたアタクシ。

というわけで、今日はただ単に私の物欲を世界に発信して、唐突に日記を終えるのでした。さーて、庭を掘りに行くか

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←ローラー台もまだ諦めておりません。3本ローラーが欲しい夫と固定台が欲しい妻との間で毎夜静かな攻防が繰り広げられております。
関連記事

コメント

No title

>ゆき☆さん
ご存知ないですよ~そんなバイクもあるんですねぇ(>ミント)
「なんだかヤンキーっぽいネーミングだな」と夫も言ってましたが、スクーターか何かですか?
今度検索して覗いてみますね
(先日カクレンジャーのバイクを検索して吹きました。サメだー)

お笑い番組でビアンキですか・・・誰かスタッフにスキモノがいたのかしら。
まぁ、ビアンキもお値段ピンキリで、「なんちゃってビアンキ」的な”色だけビアンキ、中身ママチャリ”なシロモノもあるそうです。
お笑いといえば、安田大サーカス(名前が出てこないっ!合ってる?)の団長さんは自転車キチで有名ですね。ケーブルでもよく番組やってるし。
案外、そのコントをやってるかた本人の愛車なのかもしれませんね^^

No title

鳩子さんが、蘭やroseを知らないのにビックリしました!
もしや、ミントもご存知ない??

どうでもいい話ですが、先日お笑い番組を見ていたら、コンビ名忘れちゃいましたが出所の兄貴のお迎えというコントで弟分がビアンキ乗って迎えに来てましたよ。
画像のやつよりもう少し濃い青でしたけど、丁度このブログを読んだ後だったので、「あ、ビアンキだ。」と反応しました。

No title

ふぉぉぉホントにあった!!?(>痛チャリ)

「痛チャリのベースとしては、ロードバイクが大勢を占める。」
なぜ?ロード乗りにはオタが多いのでしょうか!?フレーム一番細くて飾りにくそうなのに~~

「シティサイクル・・・手軽に痛チャリを楽しむことができる。」
手軽に楽しんじゃうんですね。ちょっと吹きましたv-411

先日のマラソン大会でも、コスプレイヤーが多かったですよ~ああいうのは痛マン?いや、単なる「痛い人」か・・・なんかあまり痛くなくて爽やかに感じました。一人ではやらないあたりがポイント?(笑)

No title

>蘭と薔薇

どっちも浜松の変態メーカーのスクーターだったりします。

>イカリ
そっちもあるか~(笑)

>痛チャリ
なんちゃってディスクホイール(今もあるのか?)があったころ、見た覚えがありますよ。

検索したらwikiにものってました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%9B%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AA

No title

ランにバラ・・・そんなものもあるんですかっv-405
「イカリ」なんて名づけたら、「俺のシンジ号」とか言い出す人が出てきそう。逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ!!
痛車や痛単車がメジャーになってきた今日日ですけれど、自転車でもその手のカラーリングが出てくるかな?痛チャリ??

記事にも書きましたが、「ろーどそうるず」を読了しました。全米が泣いた。
他にもいくつか4つ星レベルを読みましたので、また電波飛ばしますね~~

No title

>598,000円
フレーム価格ですからね~
完成車にするといくらになることやらヽ(´・`)ノ

フレットは「HURET」です。
Hは発音しない、最後のTも発音しないのダブルパンチですorz

アンコールも知らないと読めませんね~
「イカリ」も日本らしくていいかも、バイクにはニンジャやカタナ、ランにバラもあるんですから。

No title

C59・・・新城選手の愛機でしたか、確か。お値段は(カチャカチャ)598000円・・・・・・・・・・・・・・・・・・おっとすみません。ちょっと心停止してましたテヘペロ

んーーー!ペウゲオットとカンパノグロとシンプレックスはわかりましたが!!フレットがわからなくて眠れない夜・・・フェルト?(クイズではない(笑))
日本のメーカーですけど、アンコールも読めないくちですよね。素直に”イカリ”って付ければいいのに。そんなことだからイシバシなのよブツクサ

No title

油田が湧いたら、コルナゴにしましょうよ!それもC59!
その昔、C35を羨望の目で見てましたので・・・(^^ゞ

しかし、自転車関係は読みにくいメーカーが多いですね。
ペウゲオットを始め、カンパグノロとか、フレットとかシンプレックスとか・・・
英語も怪しいのに読めるか~ってね(>_<)

ラテン言語は日本人には発音が難しいです(笑)

Secret

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳩の大好きアイテム



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RACERS(Vol.44)
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッカンタカハシゴー(第5ゴー)
価格:960円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Star Red レディース半袖ジャージ
価格:20300円(税込、送料別) (2017/4/8時点)


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

リンク