海老で鯛を釣るの巻

こんにちは。昨夜、年明け一発目のジョギングに励んだら、胸ではなくて腹が揺れたカリスマダイエッター@鳩子です。
あらためて禁酒とか禁酒とか禁酒を心に誓いました。
あと禁酒とか。
お正月は鯨飲したからなぁ~週末まではしっかり禁酒しなくちゃっ

さて、今日の話題はこれ↓♪
130108時計


オレゴンの心拍計付きスポーツウォッチ

昨年の結婚記念日の際、夫のリクエストによりTL(バイク)のブレーキパッドを贈ったのですが
「プレゼントが消耗品だけだなんて、あまりにも味気ない!しかも”磨り減る”て!!どんだけ縁起悪いのん!!?」
と夫婦の行く末を案じて、追加でルービックキューブを贈ったのです。
将来を案じた結果が玩具か・・・よく考えたらそれもどうかという選択肢ですが、まぁいいや。

んで、変なところで凝り性な我が夫は、ものの数ヶ月で6面全部を揃えられるようになったわけですが(私は一面も揃えられません。開始1分で猛烈に分解したくなる。)
ある日6面を揃えたキューブを手にして
「うん。なかなか良いものをもらったから、僕も何か買ってあげよう」
と彼が言い出したのです。

海老鯛イベント、キタ━(゚∀゚)━

コホン
え、いえ・・・もちろん、ワタクシそんな下心があってプレゼントしたわけではありません

「まぁありがとう!あなたのその気持ち、とっても嬉しいわ!でもいいのよ、気にしないで、その気持ちが何よりの贈り物ですもの金品なんて何もいらないわダーリン・・・」

と、心の中でつぶやいて表立ってはついうっかり
「ヒャッホー!心拍計ヨロ」
と言ってしまいました!


建前と本音、間違えた。

そんな次第で
ちょっとした手違い(?)の結果我が家に妻用の心拍計が降臨しました。

ちなみに夫が使っている心拍計は、私が数年前の誕生日にプレゼントとして贈ったものです。あっちはGPS付き

彼は「心拍計が欲しいなら、僕のを使えばいいよ」と以前から言ってくれてたんですけど
彼が汗だくの汁だくで装備していた心拍モニターを装備するのが躊躇われたのでよんどころない事情により、装備したことありませんでした。
ごめん夫。その芳香に酔える位の強い愛が私には・・・ウッ

ずっと欲しかったのよ~うれしぃぃ~~
やはりですね、ジョギングにしろ自転車にしろ、心拍数のチェックはダイエットを考える上で非常に重要だと思うのです。

食事を減らしてがむしゃらに運動するだけでは、オーバー30の中年性脂肪(笑)はまずもって落ちない。
心拍数を考慮した効率的なトレーニングが必要なのでっす。

世のダイエット系サイトで一般的に言われていることですが、脂肪を燃焼させる有酸素運動を効率よく行うには
心拍数=220-年齢、または最大心拍数*0.7と言われています。

でも、これってちょっと雑な話で、どのくらい酸素を取り込める体質なのか(=普段の心拍数)は人によって開きがあるので
実際に測定してみた結果から算出するのがベストなんスね

というわけで、さっそく測定~~
測定~
測・・・

説明書を読まないと設定できないなんて、ひどすぎるとおもいません奥様?
(注:鳩子さんは高専卒の理系)

この無礼者!先日、ホームベーカリーのスイッチの切り方が判らなくてコンセントをブッコ抜いたアタクシ様と知っての狼藉かお主!!!
(しかも、コンセントぶっこ抜いても設定がリセットされなくてアワアワ泣き出したアタクシ様がここに一名)

息子に「お母さん、どうして電気を流すと電灯が光るの?」と聞かれて「小人さんが電灯のなかで頑張ってくれてるからよ」と応える理系ママ
(「小人さんがどんな風に頑張るの?」「大人になったら判るわよ(これ以上聞くな、というオーラを撒き散らしながら)」にとって
3行以上書かれている説明文を読むのがどんなに苦痛か。知らないとでもいうつもりなのでしょうか。担当者出てこいや。

「ねぇねぇ、心拍数計ってー」とお願いしたら「チ、まったくお前はいつもしょうがねぇなぁ。トキメイてんじゃねぇよ」と男前の声で応えて測定を開始する、くらいの機能はあってもいいじゃない!
>心拍計

そんな音声認識機能が搭載されたら、アタクシ暗い部屋でずーっと時計に向ってぶつぶつ話しかけちゃってるんだろうな…と悲しい妄想に耽りながら、一生懸命説明書を読みましたが
使いこなせるようになるまでには、まだちょっと時間がかかりそうです。
説明書、字がちっちゃいの・・・ろ、老眼なんかじゃないんだからね!?


あ、さっきの「有酸素運動に効果的な心拍数」の話ですが
安静時心拍数と最大心拍数なら測定器が無くても計測できます
朝起きたときの心拍数(一分間の脈拍数)①と、30分くらい自転車を激コギしたときの心拍数②を求めて

(②-①)*0.7+①

私の場合、安静時心拍数①が60、最大心拍数②が220ですから

(220-60)*0.7+60=172

あとは、心拍計をきちんとセッティングして、走行中の心拍数を観察すればOK。
心拍数172をキープした状態で走り続けると、酸素を取り込む能力が向上し持久力UPにつながる(これをLSD練習といいます)わけですね。

走行距離や時間を増やすことも大事なトレーニングの一つですが、それだけではなかなかタイムが上がらない・・・というレベルの人は
心拍数を意識したトレーニングが効果的だと思います。
ある程度身体が出来てくると、タイムが上がらなくなってくるんですよね~
まぁ私の場合は、単に腹が重くて走れないだけともいいますけどね・・・。お正月の9日間で5%以上体脂肪率がUPしたさ・・・。


とゆーわけで、心拍計の話題はここまで!うまくセッティングできたら後日こちらで報告します!

今日は、余計な話題をもう一つ。
先日、自転車関係のブログを放浪していた際、国東半島で行われる自転車レース「ツールド国東」の話題を目にしました。
センチュリーライド、と呼ばれるレースがメインのイベントのようです。
センチュリーライドとは、100マイル(160km)を制限時間内に走りきることを目的とした自転車レースのことです

160km・・・今の私にはトンデモナイ距離に思えますが、まぁ、いつかは挑戦してみたいな、と密かに思っているわけです。
いつかは体重40kg台の巨乳美女になってやろう、とか、いつかは20代のモテ系ブロガーになってやろう、とか、そのくらいには真剣に検討しているわけです。人間、為せばなる。

開催地が国東半島、てのが魅力的なんですよ~
子供の頃、家族で旅行したことがありますが、気候がよくて景色が良くて、温泉もあってとても好きな土地なんです。
いつか帰省した際にでも立ち寄りたいと思い続けてきましたが
自転車のイベントで行くなら、これ以上の好機はないわけです。
帰省ついでならジジババがチビの面倒を見てくれるに違いない

で、「いいよね~行ってみたくない?ツールド国東!」という話題を夫に振ったら
「ふーん。で、どこで開催されるの?」という返事が・・・。

ど、どこって!!だから、国東だっつーの!Σ(゚Д゚)

と、ここで軽くカルチャーショック。夫が「国東」を知らなかった!!
っていうか、調べてみたら周囲の愛知人、ほとんど「くにさき」を読めなかった!!
(注:「国東」は「くにさき」と読みます)

言われてみれば、変わった読み方ですよねぇ。なんか歴史的謂れがありそう。
でも、元九州娘の私にしてみれば、けっこう新鮮な驚きでした。
「なおす」は通じたのにね~意外なところに県境が隠れているもんだ。
(私の地元では「なおす」=「収納する」の意味で使います)

そんな偉そうな話をしておきながら、実は国東半島が山口から何キロくらい離れているか、まったく知らないんですけどね
(゚∀゚)アハハハ
愛知から行くよりは近いだろ!みたいな♪

だって地図は説明書よりも読み辛いんだもんー(あら?賛同者の気配が消えた・・・)
この超ド級方向音痴がいつか国東半島にたどり着けましたら、山口県からどのくらい距離があったかどうかリポートしますね(え?リポート要りません?)
それではまた明日~

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←ふと「(愛知から)四国って、大阪より近いんですかねぇ」と上司に尋ねたら、彼は静かに凍ってました・・・「鳩子さん、旅は旦那さんと一緒に行った方がいいよ」だって。あれ?
関連記事

コメント

No title

うーん、たしかに・・・。0.6を係数にして152くらいにすべきですかね・・・。

No title

心拍172とかLSDの範疇を遥かに超えて無酸素運動に近いレベルですて。
マフェトンさんの本を参考にするとヨロシよ。
Secret

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

リンク