親子サイクリングをサポートしてみた☆

昨日の小一息子と母の会話

「週末の体操教室、お父さんと一緒に自転車で行ってみる?片道3kmくらいだから楽勝でしょ?」

息子「うん!いくいく!!あそこの教室までの道って、坂道があるから好きなんだ♪」

「そうなの?でも、その日は午後からスイミングスクールもあるから、体力残しておかないとね」

息子「大丈夫だよ~。ねぇお母さん、スイミングも自転車で行っていい?」

「え!?だって片道5kmくらいあるよ?泳いだ後って疲れるし、大丈夫なの?」

息子「うん!平気!!だって、5kmも走れば山があるかもしれないから♪ぼく、山があると元気になるんだよ

おかしい。息子の言ってることがおかしいです(´・ω・`)

「山があるから元気になる」ですって?

もしかして、夫の霊がチャネリングしてるんじゃないかしら(註:まだ生きてます)。

小学一年生のセリフとしては、あきらかに異常がみられます。
普通は、坂や山道を避けて走るもんなんだよ!山にトキメくなんて、変態の始まりだよ息子!!!

こんにちは。変速のついてない自転車でバリバリと山を登る息子が眩しい今日この頃@鳩子です。

彼ら小学生男子は、車体は軽いほうがいい、とかコンポネーントが云々、とか…そういう理論を感覚と体力で軽く凌駕して自転車ライフを楽しんでいます。

きっと、頭に羽が生えているんです。
自転車にまたがると、3秒で脳みそが羽ばたいて迷子になるようです・・・7時までに帰って来いって、昨日もあんなに言ったのに!!!真っ暗になるまで毎日帰って来ん!!!(怒)


さて、今日はそんな息子と自転車の話題♪

先週末、夫と小一息子が、初めての親子サイクリングに挑戦してきました。

片道40km程度のプチサイクリング!
たった40kmですが、かなり急坂な上り坂がなんども襲ってくるコースで、しかもお泊りして翌日も山道を走るサイクリングなので
息子としては、かなりの大冒険だったようです。

私も一緒に行きたかった~~~

でも、今回は自宅で「一羽サポート隊」を結成(?)しておりました。
要するに留守番。
努力と根性が大嫌いなおサル次男の子守をしておりました。つまらんッ


とはいつつも、そこはワタクシも大人の女ですから
悔しさは胸に収めて、精一杯サポートに努めました。

小一男子のサイクリングに最適な距離を調べたり(だいたい、小学生低学年で40~50kmというのが定説のようです)
自転車を室内保管させてくれる宿泊先を手配したり
息子達の着替えや所持品を用意したり
薬や日焼け止めを荷物に入れたり・・・

夫がサイクリングに行くときは朝食ひとつ用意しない鬼嫁のワタクシですが、息子のためならどこまでも聖母になれます。不思議です。

もちろん、息子を先導してくれる夫に対しても大きな信頼と感謝を寄せていますが
息子とでかける彼の顔が、「息子とでかける良き父の顔」というより、どうみても「子分を引き連れて悪いことをしにいく大将の顔」に見えて
どうもねぇ~素直に感謝を表する気になれないのです。

うん・・・
この感謝の気持ちは、深く胸にしまっておこう。
本人が忘れるくらい深い場所に、ねww


そして
さんざん大騒ぎして夫と息子を送り出し
疲れた身体にムチ打って家事仕事を済ませ、次男と遊びつつ宿の情報を夫の携帯に転送したりしていた昼下がり・・・


事件が起きました。

夫より電信
「あのさ~、ボクの家の鍵が玄関に置いてない?」

家の鍵?
ゴソゴソ

あぁ、あるね。
でも家の鍵なら、無くても別に困らないでしょう?家には私が居るんだし・・・

「あぁ、やっぱりあった?今、喫茶店でランチ食べようと思って自転車に鍵をかけたんだよね」

・・・まさか。
この、家の鍵の横についてる小さな鍵は・・・「要するに、家の鍵には自転車のキーがくっついてるんだね?動けなくなったのね?」

「あぁ、そうそう(笑)よくわかったね!」

そりゃーわかるでしょう


サポート隊、まさかの現地派遣。

ネットで喫茶店の住所を調べて~

ナビに住所を登録して~

昼から出席する予定だったスイミングスクール(次男)に欠席の連絡をいれて~

お昼ごはんも食べずに慌しく山道へ出発

なにが嫌って
うちのクソカーナビ!!(失敬、言葉が乱れました)

何度リルートを要求しても、かならず峠道を指定してくる!!!(怒)
車がすれ違えないような峠道を!!
このワタクシに!!!!
通れると思っておるのかお主!!!!!。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン(錯乱中)

えぇ、泣きながら通りました


盛大に鼻水と涙を撒き散らしながら(大人の女?)、死に物狂いで峠を走りました


うわぁぁん!!!峠なんて大嫌いだーーーーー。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

何度か幽体離脱を繰り返しながらようやく現地にたどり着くと
夫と息子は、美味しいランチを食べてお会計中でした・・・


なんだろう。この「納得行かない」感。

次男は、空腹と疲労によりナビ席で爆眠しておりました・・・あぁ、あたしも気絶したいッ
でも、帰りも峠通らなくちゃ・・・・うわぁぁぁん。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン


まぁね
息子達に怪我がなかったので、これくらいのトラブルで済んで良かったです

スイミングにいけなかった次男サルは、チョコレート一つで機嫌を直してくれましたし

鍵を忘れた夫は「お父さん、ボクのことより、まず自分のことでしょ?」と息子に説教されたようです(笑)

息子の説教はかなり堪えたことでしょうww
ま、しっかりものの夫でも、こういうこともあるってことですね


今回のサイクリングで得た感触ですが、息子の脚力からいうと、もっと長距離でも走れそうです

あまり極端に走らせて故障させるのも怖いですが、本人が楽しんでいるので、いろいろと連れ出してあげたいです

私なんて、すぐに追い抜かれちゃうなぁ

もし、10歳前に息子に追い抜かれるような事態になったら・・・

新しい自転車の購入を鳩金融大臣に申請します(註:私の身の安全を確保するため、隠し文字にしてあります)

そうならないよう、私も朝練でバリバリ頑張ります

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ←夫が次男サルを担いで走ってくれれば、家族サイクリングの実現も近いかも・・・気が付いたら私が背負ってる羽目になりそうですけどね
関連記事

コメント

No title

>ルナルナさん

私の遺伝子だって、混じってても良さそうなもんなのに(涙)
顔も性格も坂フェチも、全て夫の遺伝子です。

私の遺伝子じゃありませんよ!ありませんったらッ!!

>まゆさん

息子は、下り坂が好きなんだそうです。
「下り坂を走るためには、上り坂を走らないといけないんだぞ!」と夫が諭してました。
こうして、少年は騙されて大きくなるんですね。

>Lynnさん


まったく、これだから男の子は・・・って、そういえば私もやってました(笑)
ジャリンコの習性なんですね、諦めますww

Lynnさんのセキュリティは、リモコンで操作するタイプなんですね!
私のイモビは、特定のキー操作に反応するタイプです。

うちの夫のTLは、さらに高度なセキュリティがかかっていて
TL菌に感染していない人が跨るとコーナーで曲がらなくなるバイオセンシング方式です。
特許出願中です。

No title

自分も子どもの頃、わざわざ坂道に登っては降りしてましたね。男の子なんてそんなもんでは?(笑)

TLのセキュリティのリモコン忘れて出かけて、集合場所で解除しようとして初めて気づいたことありましたよ。
その時はバイク借りて、リモコン取りに戻りました。
往復1時間・・・orz

No title

私も坂道好きです。ただし、下りに限る!
山好きということは将来は峠好きに…将来楽しみですね(笑)
家族サイクリング楽しそうですね♪

さすが

血は争えないとはこのことなんですね!(≧∀≦)
遺伝ってこわいw
Secret

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳩の大好きアイテム



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RACERS(Vol.44)
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッカンタカハシゴー(第5ゴー)
価格:960円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Star Red レディース半袖ジャージ
価格:20300円(税込、送料別) (2017/4/8時点)


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

リンク