くそったれ坂

来月で5歳になるうちの息子が作成した、未来型バイク
130626バイク1

ハンドルがありませんが、( ・∀・)ノ先生?

「乗ると、勝手に動いて行きたいところに連れて行ってくれるのよ。だからハンドルはいらなーい

なるほど。自動操縦システム搭載なのですね。
でも、どうやって停まるんでしょうか。
ハンドルがないと乗り降りが( ・∀・)ノ不自由ですが・・・

降りなければいいんだよ。ずーっと乗ってるのグヘヘヘ」

Σ(゚Д゚)
未来型とみせかけて、実は呪いのバイクですか先生

こんにちは。若者の斬新なアイデアについていけない年寄りブロガー@鳩子です。

130626バイク2

その後3分で(早ッ)ハンドルが追加されました。バイクを立てるスタンドも。
でもメチャメチャ乗りにくそうなバイクだなぁ~


さて、今日は自転車の話題♪

ダムツーリングから帰宅すると、時間はまだ午前11時。

200kmくらい走った割には時間がかからなかったので(ダムにたどり着けなかったおかげです(怒))
帰宅早々洗濯機を回し、掃除機をかけ、子供の靴をガシガシ洗って2度目のツーリングにでかけました。

今度は自転車~~!!!

秋の奈良サイクリングに向けて、猛特訓です!!

特訓場所に選んだのは、自宅から10kmくらいの場所にある通称「くそったれ坂」

貴婦人・鳩子には少々発音しにくいお下品な名前でごザイマスが
これが、距離といい勾配といい、実に特訓に適した好スポットなのです。


この坂の特徴は、「だらだらと長いこと」。

傾斜率はそれほどでもない(註:坂バカ基準。通常のサイクリストには十分にキビシい)のですが
ダラダラ~と長い勾配が続いて、ほんのちょっとだけ平らな道があって、またダラダラと続く


「あのコーナーを曲がれば、もう頂上のはずだ!もう少しだ!!」と期待させておいて
曲がった途端、次の長い長い上り坂が待っている

長い長い上り坂をなんとか登り終えて、ようやく平らなところにたどり着いて
はーーーーこれでようやく下り坂だわ長かった~~~・・・(;´Д`)ハァハァ
と思ったら次の長い長い長い上り坂が待っている

そういう、とても性格の悪い坂道です。

夫などは、この坂道を「心を折る坂」と呼んでいます。

「もう少しで終わる」と期待させておいて
「うっそぴょーん」と裏切る坂道なので、
純真なサイクリスト達は過去何度も打ちのめされたことでしょう。
(まぁ、坂バカ達は”あぁんもう”と悶え喜ぶことでしょうが・・・。彼らはへん(以下略))


かくいう私も、去年はこの坂で心を折られ、途中で足をついてしまいました・・・

上り坂の途中で足をつく!

これは、サイクリストの矜持をいたく傷つける不祥事なのです。

あれからビンディングも装備したし、ホイールも軽くなった!
脚力もあがったわ!今日こそ足を付かずに登りきるわよ!!!

オラオラオラオラ

オリャリャリャリャリャ

ヒーーーーーーーーー(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

坂バカ予備軍貴婦人・鳩子の心が折れそうになったその時・・・

彼女の目に、ダンシングひとつせずに軽やかに坂を登る美ケツ男の尻が写りました。
あ、「尻」言うてもた。

鬼軍曹のおヒップです。(上品な言い回し)


貴婦人の先導役を押し付けられた買って出てくれた鬼軍曹・TL委員長は、
彼女のやる気を引き出すべく、ごく普通のTシャツにチノパンというふざけた軽装で前を曳いてくれました。

「この程度の坂なら、サイクルジャージとかレーパンなんて全く必要なし~♪フンフン♪

コラ、待たんかいそこのオッサン美ケツメンズ。

なにかい、アタクシと走るのはTシャツで十分、と?
な・・・・・・・:(;゙゚'ω゚'):ナメンナヨォォォォォ(オリャリャリャリャリャリャ

オヤ?

オワタ

一度も足を着かずに登りきりました


おめでとう私。
すごいぞ私。
(ついでに鬼軍曹ありがとう)←投げやり


アベレージは18.5km/h。
総走行距離は20km弱。
うーん、まずまずのペース♪



ポイントは、やっぱりケイデンスですね
軍曹は、初心者は重いギアで走る傾向があると言ってました。

ビギナーは、坂を見るとつい「ギアを残しておこう」と貧乏根性が働いちゃうのです。

で、重いギアでも我慢して踏んでしまう・・・ケイデンス(回転数)が落ちて踏む力が増すと、あっという間にバテてしまうんです。

「ギアを残しておくよりも、体力を残しておくほうが重要だ。坂の手前でもっとギアを落として走れ」と軍曹に指摘されました。

実際、軍曹は私よりかなり高いケイデンスで走っていました。足の回転が速すぎて見えんかった(ウソ)

高ケイデンス・・・心にメモっておきます....φ(・ω・` )

次もがんばるぞ オー

次回は20km/h越えを目指します!

初心者サイクリスト鳩子に応援のワンクリック、よろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ←「お母さん、足を着かずに坂を登ったの?じゃ、僕も行ってみようかな」と小1息子が言い出しました。シングルギアであの坂を登るのか!?生意気な!!!・・・とか言いつつちょっとだけ怖いような期待しちゃうような・・・
関連記事

コメント

No title

こんにちはGBfontanaさん!
峠の入り口のオバさま・・・私もぜひ倒しに行ってみたいですv-91
ブログも遊びに行かせて頂きますね!ご来訪ありがとうございました♪

いじわる峠

「くそったれ坂」~のタイトルに目が留まってしまい お邪魔しました。
実感こもったおミゴトなネーミング。

はじめまして。

実は私も 先日のライドで、「いじわる峠」と(ある方が)命名された坂を走りました。
そこは、「もう終わりかな‐‐」と思うと、「さらに急な斜度の坂が‐‐‐」というのと、
峠の入口のコンビニのオバさまがとても意地悪という 両方の理由とか。

鳩子さま、どうぞこれからも楽しいブロウを‐‐‐。
よろしかったら、私のブログにもお立ち寄りください。

No title

私は以前からずっとこういう感じですよ~^^2輪とおヒップが大好きな普通のスズキ乗りです。

(・∀・;)

私のとはまた違う脳内物質でてる・・・(・∀・;)

No title

感性豊か・・・や、単に下品なだけですがお褒めの言葉、ありがとうございます!
キッズGoogleには嫌われっぱなしの当ブログですが、今後ともよろしくおねがいいたします

No title

感性豊かなネーミングの坂ですね。

ついついすいこまれました。

「美○ツメンズ」って響きもGOOD!( ̄∀ ̄)ノ
Secret

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

リンク