暴走嫁疑惑

このたび、学生時代仲の良かった友人が結婚することになりまして(おめでとー!おめでとー!>さくらちゃん)
苦労人で努力家の彼女の幸せを思って、他人事ながら勝手に涙して(早い早い!式の3ヶ月前に泣くなよ!!)喜んでいたのですが

なにぶん、披露宴が地元(遠方)で開かれるもんですから
帰りの電車があるかな、とか、夫に子守を頼まなくちゃ、とか、何着ていこう!!白いスーツしか持ってない(爆)とか
まぁ、女ならではの大騒ぎをしていました。

で、まぁ、騒ぎが一段落して、「お招きありがとー!出席するよー!」とメールで返事をだしていたら
友人から返信メールが二通・・・

一通目は事務的なアレコレに関するメールで、二通目は・・・

「で、友人代表スピーチのほうは大丈夫よね?

こんにちは。
人は、本当に驚くと漫画のように珈琲を吹くもんだと学んだ@鳩子です。

やーーーーーだってだって!
友達多い人だし、社会的に地位も名誉もあるきゃりあうーまんの友人なので、まさか私に振ってくるとは思ってなかったんですよー

こういうのって、できるだけ古い付き合いの友人に頼むのがセオリーなんですかねぇ・・・驚いたけど嬉しいもんですねぇ(´∀`*)

でも、大事な式にミソを付けたくないので、全力土下座でお断りしました。
だってーーお祝いの気持ちは誰よりも持ってるけどさーー無理だもん話せないもんッつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

そしたら、参列経験豊富(スピーチ経験も複数有)な夫からド叱りされました・・・「君は、一体どこまで内弁慶なんだ!!」って(涙)

うぅ・・・ごめん、さくらちゃんッ
KちゃんとかSちゃんとか、就職してからの士族の友達とか!そういうもっと適役の人にお願いして!!
正座して「ごめんなさい」って100回書くから許してぇぇ


さて、そんな「内弁慶100%☆」なワタクシがお届けする今日の話題は・・・バイクの話題♪

先週末は、地元のホームコースに朝練に行ってきました。
さすぺんしょーんのセッティングだよ♪♪

今回の目的は「リア圧側を半クリック固くした状態(最強から1回転半)で伸び側を振ってみよう」です。

ドコドコドコ


ドコドコドコドコドコ

ギューンギューン

ブンブンブブブン

結論

うん。わかりません。

il||li_| ̄|○il||li

だめだ・・・
全然わかんね・・・・・・

あのね
「あ、さっきと違うな」っていうのは分かるんですよ

でも、慣れた道を気持ちよく流してる分には、どのセッティングも別に不都合がないので・・・

どのセッティングがいいのか、わかんない。どれでもいーじゃん。と思っちゃう。

んーんーーー
やっぱり、もっと長い距離を走らないとダメかなぁ

いろんなところにツーリングに行って、苦手な山道を走りこんでみないと分からないのかも。

もしくは、ちゃんと理論を勉強して、感覚ではなくて理論的にアプローチしないと迂遠なのかもしれません。

難しいねぇ。でも面白いねぇ!!

また、今週末に時間を作って走りこんでみたいと思います。

サスセッティングって、面白いですね!!ハマっちゃうよ~~


でね。

セッティングを出す過程で、何度か山道を往復していたら
後ろから、現代的なネイキッドバイクが追いついてきました。

信号待ちで並んだので「お?一緒に出ちゃう??頑張って走っちゃう??( ̄ー ̄)ニヤーリ」と期待したんですけど
いざ発車してみると、全然追いついてこない・・・

まさか、途中で転んだりしてないよね・・・と不安になってミラーを覗くと
遥か遠くに小さく写っている。


そうかそうか・・・ゆっくり走りたい派なんだな~(←残念そうw)
では、視界に残ると変に気が散るかもしれないので、さっさと視界から消えちゃおう!

と、私なりに気を利かせて。
アクセルを開け、そのネイキッドをぶっちぎって走り去ったわけです・・・


で。その翌日。
会社帰りの夫から、電話が来ました。

ちょっと奥様。そこに正座しなさい。」

「は?」

「日曜日の朝・・・○○交差点で、あなたはネイキッドをぶっちぎりませんでしたか?

「は?・・・あぁ、紺色のネイキッドね。あのおっそいバイクなら軽くぶっちぎったけど・・・え?なんで知ってるの!?」

「正座しなさい、奥様。あなたがぶっちぎったネイキッドは、私の会社の同僚です。ひどい!”おそい”とか言うな!!

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

なんでも、会社でバイクの話をしているときに
「日曜日の朝、○○交差点付近で小柄な女の人がツインのバイクに乗ってた。アベレージ80km/hくらいで追いかけたけど、全然追いつけなかった」
という話が出たらしい。

○○交差点・・・ツインのバイク・・・と嫌な予感がした夫は
「それって、メタリックブルーのハーフカウルのバイクでした?」
と聞いてみたそうな。

「あー、そうそう。黒っぽいジャケットを着てた。女性らしい白とか赤のウェアじゃなくて、黒っぽい服装だったよ。メットは青だった」と言われたらしくて・・・

夫はたまらず
すんません。それ、俺の嫁です。嫁が暴走でご迷惑をおかけしてスンマセン」
と謝ったそうです。

やべぇ。暴走がばれたオレ(´・ω・`)

うひゃーーーー!!夫の同僚だったのか~~~
(そうと分かってればぶっちぎったりしなかったのに!ww)

「だから俺、“じゃぁ、次回は細い峠道に誘い込んでください。彼女、すぐに反省すると思うんで。”って言っておいた。」

コラ 私の弱点をバラすでない、夫よ

「・・・言っておくけど、峠に誘い込んだりしたら3秒で“お先にどうぞ”のハンドサインを出すわよ?あたし、容赦しないんだからね!」

(# ゚Д゚) どんだけ内弁慶なんだ君は!!威張って言うようなことか、ソレ!!!」

“身に覚えが有りません”ってその人に伝えといて。だって証拠はないもの。」

「しかも否認か!限りなく黒に近い状況証拠や!!っていうかさっきのは自供だろ!」

身に覚えがありません。暴走なんてしてません。

「でたでた。カツ丼食わせて吐かせるか。」

「( ゚ω゚)  <誰か!弁護士を呼んで!」

・・と、まぁ。
こんな騒動がありました。

みなさんも、峠でバイクをチギるときは注意しましょうね^^;

うっかり夫の同僚なんかをチギったら、正座でカツ丼を食べる羽目になりますのでね・・・

それでは、また明日

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←ホームコース以外では、借りてきた猫のように大人しい人間です。ホントだよホントだよ!!(´∀`)
関連記事

コメント

No title

>Sharkeyさん

はい。おっしゃるとおりです・・・
精進しますぅ(涙)

>kさん

暴走なんてしてません(否認)
したことありません(虚偽報告)
ごめんなさい(自供)

朝は団体さんがいないので楽なんですよー
たまに皮つなぎを着た怖い団体さんに遭遇しますが、すぐに視界から消えるので無問題です。
悔しくなんかないんだからね!?

No title

朝から暴走してるんですね~~

気にせず 走りましょう~~~(笑)

団体さんとか抜く時は結構気を使いますが~~~。

No title

次回は、細い峠道でセッティングしてはいかがでしょうか?

苦手な道を、楽に走れるセッティングを探るのも楽しいと思いますよ。
Secret

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

リンク