免許取得・中型編1

さささ、ご遠慮なさらずにポチッと一押しを・・・↓
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ

前回は、「出産前の備えとして、ライセンスチューンをしておこう」という記事を書きました。
まずは小型免許の取得エピソードをご紹介しましたので、今回は、中型免許(普通自動二輪)の取得エピソードをご紹介したいと思います。

============================================================================
結婚後、オットの希望により寿退社し、オットの就職先である東海の地に移住しました。
移住先には友人も親戚もまったく無く、
退職したので仕事も無く、
再就職先は退職時に既に決まっていたので就職活動の必要も無く、
子供もいなかったし、
2人分の家事なんてたいした量じゃないし、
当時は若くて体力も有り余っていた・・・

要するに、当時の私には若さと時間が腐るほど余っていました。
チクショー自分のことなのに何故かうらやましくて腹立たしいッ

そこで、オットの勧めもあって、教習所に通うことにしました。
小型から中免にステップアップするためです。
ちなみに、大型乗りのオットからは
せめて高速に乗れるバイクに乗ってくれ」と説得されたのですが、
いざ免許をとって中型に乗り換えてみると
高速道路?金の無駄だろ。」と軽くいなされて
たとえ一日300kmだろうが400kmだろうが延々と下道でツーリングに連れまわされました。
あれは軽い詐欺ではなかったろうか・・・まぁおかげで幸せになったんでいいんですけどね・・・うぅぅん。

中免では、小型と違ってスラロームが課題に追加されます(波状路は大型のみ)。
それから、急制動と一本橋の条件が多少難しくなります。

小型取得時には一本橋でとても苦労したので、中免の時もそこがネックになるだろう・・・
と予想して入校したのですが、実際には、一本橋ではほとんど苦労しませんでした。
バイクの排気量が上がったことで直進安定性が増したこと、
それから、小型の時に死ぬほど(うん、軽く20時間以上)練習したことが功を奏したためだと思われます。
あれは、(難しいけど)リラックスできれば難しくない課題だと思います。
公道では、一本橋よりよっぽど厳しい条件ですり抜けとかしますから(^^;

中免の教習で私が一番苦労した課題は、「片手で2速ホールド、2個のパイロンの内側を八の字旋回する」というものです。

図解↓
090115図解

図解からもお分かりかと思いますが、
一回ならともかく、連続で旋回するのがとても難しいッ
「は~、なんとかこけずに回れたよ~」と油断して走っていると、次の旋回時の進入が甘くなって絶対こける(ノ_-。)

この課題は通常の教習課題では(当然)無く、当時の教官さんが私専用に設定してくれたものでした。


ということで、長くなってしまったので次回に続きます。
次回は、名物教官さんとの出会いについて言及いたします。乞うご期待!?
関連記事

コメント

No title

そうなんですよ~その教官さんにはほんとに感謝しています!
公道ノーヘル時代・・・ということは、自動車の免許をとったらついでにバイクも運転できるというやつでしょうか。
うちの父も「オレはナナハンが運転できる!」といつも威張っています。自転車も運転できないくせに・・・笑(←運動音痴は親譲り)

No title

いや~いい教官殿でしたね~。中々できませんですよ!教習所のカリキュラムの中では!(無いんだから大型でも、片手取り回しぐらいですから)爺の時代は大型、中型、小型なんてありませ~~~~ん!即大型でなにせ公道はノーヘル時代ですもの(高校時代はナナハンに乗って通学もok(ただし届けは必要でしたが)実にいい時代ですな~~~
Secret

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

リンク