姫はヒメなのヒメなのだ♪

さて、今日はちょっとガチで真面目な記事の更新をば。

・・・と、その前に普通のプチ更新も一本。

先週末は、自転車で初の100km越えツーリングを・・・
する予定だったのですが、いつもどおり雨に邪魔されましてつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
仕方なく、一人ぼっちで20kmちょいの散歩サイクリングに行ってきました。
DSC_0002.jpg

どうよ!この一本道!!

当方、これでも一応日本三大都市?の一つ名古屋の近隣に在住しているのですが
こんな、リアルに消失点が体感できるような一本道がコロっと転がっている土地柄です。
愛知、いいトコよ~走ってて気持ちいいよ~

この日は、近所の走り屋スポット「入鹿池」を目指して出発しました。
「いるかいけ」と読みます。
日本最大級のため池で、ワカサギ釣りと心霊現象の名所でもあります。

車やバイクで走り回るのには狭いけど、自転車で行くなら気持ちのいい周回コースがある・・・という地元噂を聞きつけまして
近所なんだし、一度くらい詣でておくか!と思った次第です。

ま、結論からいうと
死ぬほど迷ったからたどり着けなかったんですけどね(# ゚Д゚)Hahahahahaha

なんか、気が付いたら田縣神社についてるし!!!嫌過ぎるやん、そのお導きッ
田縣神社は、こういうところです↓
「神社サイクリング☆」

もう、迷ってる途中から目的地とかどーでもよくなりました。
うん。ほら、どこかを目指すから迷うんだよ。最初からどこも目指さなきゃいいんだよ(大分追い詰められているもよう)

でもですね!
気持ちよく普通にペダルを踏んでたら、いつの間にか30km/hを越えてた(´∀`*)ウフフ
あたくし、脚力があがったような気がします(追い風マジック)

上り坂になると自然に笑みがこぼれますし、夫の教育が嫌な感じで花咲いてます(´・ω・`)結局こうなっちゃうのよね・・・。

たった22kmですが、大変楽しゅうございました。次回こそは100km越えるわッ





さて、ここからがマジメな話。

ライダーの皆様、「姫ライダー」という存在をご存知ですか?

まぁ、ある意味有名なので・・・「当然知ってるよ!しかもリアルで!!」という方もいらっしゃるかもしれませんが
知らない方のために軽く説明すると

・多数の男性ライダーの中に女性ライダーが一人だけ混じってる条件で発生
・多数の男性ライダーを「取り巻き」と呼ぶ
・男性ライダーに食事やお茶を奢らせる
・「お茶会」と称した勝手なツーリングを企画する
・「姫」は、バイクを降りると非モテ系である

という感じのようです・・・・あぁぁ、書いててほんと凹む|д゚)チラッ<ヨンダ?

一応、私の名誉のために言い添えておきますが
私は、いつも多くの男性ライダーと走ってますが、女性ライダーと走るのもすごく楽しみにしていますし(ただ、周りに居ないのよ。たまに居ても取り立てて仲良くならないし・・・普通に付き合い下手なのです。女としては致命的だがの。)
食事や飲み物を人に奢らせた記憶もありませんし
自分を姫だと思ったことは、一度もありません。

そもそも「姫」とかいう年齢じゃないしね。
リアルに「ばあや」世代ですよ。二児の母ですもの^^;

顔だって、のびたのママを縦に引き伸ばしたようなトホホ顔ですし(夫の名誉のために言っておきますが、
フライパンでつぶしたカエルのような顔”・・・ってほど酷くはありません!!これでも若い頃はモテモテでしたのよ・・・主におじいちゃんと犬に(`・ω・´))

ですが。
それでも。

見る人によっては、私も「姫ライダー」に見えていたかもしれない、と思うのです。

私、足つきが怖いので、バイクを停める場所にものすごく注文をつけるのです・・・怖いからね。
こかすと、自分では引き起こす自信がないので・・・。
それに、自分では道案内しないくせいに、狭い山道に案内されるとすぐ泣き言いいますしね・・・。

以前、とあるミーティングで道に迷って、集合時間に遅れたことがあるのですが
「絶対わざとでしょ?ブログのネタにするために、わざと遅れたんでしょ?」って言われたことがあります。

もちろん、そんなつもりは一切なかったので全力で謝りましたが
あれも、今考えると、そういうことをやりそうなキャラに見られてるんだな(つまり姫ライダー認定されてる)と思うのです。

もちろん、そんな見方をする人ばかりじゃなくて
普通に、初心者ライダーの一人として(14年目で初心者って、それはそれで別の大問題)付き合ってくださる方が大多数だとは重い明日が(私はそう信じてる)

だけどまぁ・・・
自業自得ですね。
私、ほんとに下手で手のかかるライダーですから・・・そんな風に認定されてもしょうがない。
そう思うので、すっげぇ凹むのです。

じゃ、どうしたらそんなことに悩まずに走れるのか?というと
1.誰がなんと言おうと気にしない
2.峠で膝すりの神になる(姫を越えるには、神になるしかない)
3.女子ライダーの友達を増やす
4.一人ぼっちで走る

2番と3番は、ちょっと努力に時間がかかりますが
1番と4番は、わりと簡単です。

2番と3番の努力を続けつつ、それができない間は1番と4番で補う。
これくらいが大人の回答かと。
1番はね・・・微妙ですけど、まぁ、「そういうことにしておく」。

このブログを読んでくださってるライダーの中には「姫ライダー、超ムカつく」というかたもいるかもしれませんが
そういうかたは「こうすれば脱姫ライダーになれる」という方法をアドバイスいただければと思います。
ほら、自覚のない姫ライダーもいるかもしれないし(私は違う、断じて姫じゃない・・・と信じたい@震える声)

こんなことココで書いても誰にも響かないかもしれませんが
「姫ライダー」という言葉があまりにも強烈だったので、勇気をだして書いてみました。
なお、タイトルの「姫はヒメなのヒメなのだ♪」は、人気自転車漫画『弱虫ペダル』に登場する劇中歌です。
速くなれるおまじないなのよ^^
関連記事

コメント

No title

>#96さん

この場合の「姫」は、悪口で使われているようですから、#96さんのお友達の女性には該当しないと思います。大勢の男性に混じる素敵な女性・・・それは「華」とか「紅一点」というやつですね^^

サーキットですか~。お金がかかるしビビりだからあまり興味はないんですが・・・そういう女性、本当に素敵ですね。みぃちゃんみたい(←歳がばれる発言)

姫でいいんじゃないです♪

いや〜タイムリーな話題です(^^)

以前お話したSVを購入した女子がまさに姫ライダーですね。とは云っても奢らせたりは有りませんが、やはり若くて可愛いい娘とのツーリングで男は嬉しそうです。(特にオッサン系)

鳩子さんは②でお願いします(^^;;
普段は大人しいツーリングライダー、しかしその実態はサーキットをバリバリに走ってピットに戻り、ヘルメットを取ると長い髪がバサっと落ちて素敵なお姉様に♡
なんて感じがお似合いだと思います!

・・・・こういう発想がオッサンなんですね、きっと(^^)

>りりさん 私も最近はもっぱら4番専門です( ´∀`)でもりりさんとなら是非ご一緒したいですぅ(^з^)-☆
一人も楽しいし、マスツーも楽しいし、どっちも良いところがありますよね。もっと上手くなって、どんなシチュエーションも気軽に挑めるようになりたいっス

>ゆき姉さん とりあえず、ゆきさんには姫認定されてないみたいで、よかったです!ありがとう!

>ゆき姉 女だけの集まりは面倒…うーむ、なかなか鋭いところを…って、オススメは2番ですか(・д・ = ・д・)タイヘンタイヘン
女性ライダーのツーリングチームって、割と聞きますよ~ゆきさんがライダー復帰されたら、そーゆーのもアリなのでは?私と違って、コミュ力が高いゆき姉さんならきっと楽しいですよぅ( ´∀`)私は、オススメにしたがってまず2番を攻めますワ

同志!!w

「最初からどこも目指さなきゃいい」
うんうん、迷子病の合言葉ですね!!
「どこかに着くことが目的じゃない、走ることが目的なの!!」
も、よく言ってます。

ヒメライダーなんて、あるんですね・・・
私は走り出して1年ずーっと4番だったので。(笑)
このブログ読んでたら、鳩子さんがそうじゃないのわかるのにね。
そんなこと言う人いるんだ・・・
これに関しては1番でよいのではないでしょうか!

私もはじめ3番をしようとしたこともあったけど、無理でした。
そもそも人口少ないし好きなバイク違うし気が合わないし、気の合う人は一人で気ままに走る同志だし。

No title

「ヲタサーの姫」のライダーVer.ですね。

※ヲタサーの姫=ヲタクサークルの姫。同じ様に、男性ばかりのヲタクサークルに一人だけいてお姫様状態になっている女性のこと。

でも、こういう女性って「姫」と言われるほどなので、他メンバーを下僕扱いしたり我侭放題なのが特徴なのです。
多分、いい大人で性格も温和な鳩子さんには、いえ、普通の感覚の人には理解出来ない世界です。
なので、鳩子さんは姫ライダーではないと思いますよ。

他の人に迷惑にならない様にする努力は大事だとは思いますが、3番は無理矢理作ろうとしてもウマが合う合わないってありますし難しいですよね。
そもそもどうやって他の女性ライダーと知り合えばいいの?って感じだし。
女性だけのグループだと、それはそれで女の付き合いって面倒くさいですよ。
2番と3番の努力をぼちぼちやってけばいいんじゃないでしょうか。

そんな気にする事ではないような気がします。
Secret

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳩の大好きアイテム



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RACERS(Vol.44)
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッカンタカハシゴー(第5ゴー)
価格:960円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Star Red レディース半袖ジャージ
価格:20300円(税込、送料別) (2017/4/8時点)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

リンク