【自転車】アラフォー女子の青春ロングラン参の巻(終)

次男「お母さん、冬将軍って、どんなのか知ってる?氷男なんだよ!」
母「氷男か・・・それ、雪男とは違うの?」
次男「うん!^^ 雪男はね、雪を降らせるだけでしょ?氷男はね、窓を凍らせることができるんだよ!」
母「氷男、やること小さッ!!それ、ぜったい雪男の方が強いよ!」
次男「うん。そうだよ。攻撃力は1だからね」
「弱ッ!!冬将軍、弱ッ!!

東海地方にお住まいの皆様
今年の冬の寒気は、非常に勢力が弱いものと思われます(攻撃力1)



さて、母を萌え殺しかねない次男の話はこれくらいにして
伊賀道中の続き。

ミルクロード(K140)は、起伏も少なく車通りも少ないので
とても走りやすい道でした。

K140に至るまでに多少のアップダウンはありましたが
ひとたびK140に入れば、平坦舗装路の快走路。
牛糞の香りが風に乗って爽やかに鼻をくすぐる、のどかな道でした。


そしてこの道こそが
最後の「快走路」でした。

K140を小山田記念温泉病院の先で右折。名も無き市道に入ります。

ここから
ここから地獄が始まったのでした・・・

えーと
地獄にもいろいろな種類がありますが
私が遭遇したのは、例えば「坂地獄1」です。

あとは、
坂地獄2とか
坂地獄3とか
坂(中略)
坂地獄20を越えたあたりでカウントをやめました。

とにかく登る。
ひたすら登る。

何が一番腹が立つって
登ったあと、坂が下るんです。

いま、私が必死で稼いだ位置エネルギーを!!
なぜ!!!
なぜお前は奪うんだ!!!!

どうせ、下らせたあとは登らせる気でしょ?
一回の例外もなく登らせる気なんでしょ?(※実際、例外はありませんでした)

どうしてそんな酷いことをする?
いいじゃん。
登ったままでいいじゃん!


ただ、鈴鹿山脈の名誉のために一言申し添えますと(どんな弁護士も弁護したことない案件)
鈴鹿の坂は、ジェントルな坂でした。

岐阜地方の山は、「心を折る坂」とでも称する嫌らしさがあります。

あれ?ようやく頂上かな!?
・・・と一瞬期待させておいて曲がり角を曲がったらさらに登り。頂上が見えない登り。(これを”偽の頂上”と呼びます)
「も・・・・もうダメだーーー・゜・(ノД`)・゜・」とサイクリストの心を折る、非情な坂が多く存在します。

それに比べ、鈴鹿の山は
いっけん頂上に見える坂は、ちゃんと本物の頂上でした。
それほど長くなく、きちんと坂が終わる。じぇんとりぃ。

ただ
若干しつこい。

坂。頂上。下る。
坂。頂上。下る。
坂。頂上。下る。
坂。頂上。下る。
坂。頂上。下る。
(以下略)

ここでちょっと話の腰を折りまして
今回作成した自作コマ図をご紹介
141020コマ図

ドヤ( ´,_ゝ`)
意外としっかり作成しているでしょ?

コマ図を拡大していただければわかりますが
この市道を越えた先には、最後にして最大の難関「国道25号」(旧道)=ラスボスが待ち受けています。

市道を抜け、国道1号にチェックイン
山で時間と体力を気力をすり減らし
残り30km(しかもラスボス)を残した時点ですでに日が傾き始めました。

時刻は15時ちょっと過ぎ。

どう考えても16時の到着は無理なので
17時に到着する旨を友人に連絡し
いよいよラスボス制覇に挑みます

もう、リタイアが許されるものならとっくに白旗を揚げているところですが
こんなところで白旗を揚げても、涙を流しても
誰にも助けてもらえませんし、ゴールが歩いて近付いてくるわけでもありません

平坦路だったら、160kmが300kmでも走れる自信がありますが
ロングランの敵は、やはり。獲得標高ですね。
旧道25号はコンビニなどない山道だと事前に聞いていたので
補給とトイレをしっかり済ませて突入しました。

伊賀目指して
夜に呑む極上の日本酒を思い浮かべて



そして坂。
っていうか未舗装路(# ゚Д゚)

国道25号は、採石所の近くを通るためトラックの往来が多いです。
道幅が狭いので一般の車はあまり通りませんが(名阪国道が併走してますし)
たまにブイブイに飛ばした地元軽トラが突っ込んでくるので
かなり神経を消耗します。

しかも採石所の近くは舗装されておらず:(;゙゚'ω゚'):
砂埃対策のためか水も撒かれているので
タイヤの細いロードバイクはかなり怖い思いをします。
しかもワタクシ、ビンディングですしね・・・足、ペダルから外れませんの(´Д⊂ヽ
立ちゴケとパンクに怯えながら、鬼の形相で走り抜けました。

一番危なかったのは、伊賀と甲賀の分岐点でした~
疲労で朦朧とした脳みそで
「えーと、私が行くのはどっちの道だっけかな・・・
忍者の里だったような・・・
伊賀・・・
甲賀・・・・
どっちも忍者やないの。どーすんだ(;゚Д゚)エエー
みたいな。
甲賀に行かなくてよかった・・・。

事前に夫に教えてもらってなかったら、途中で泣き出していたかも。
130km走破した後のあの未舗装路は、ほんとに体と心に堪えましたww

重ねて、大阪のT-MANさんご一家にお礼を申し上げます
伊賀でT-MANさんご一家が待っててくれなかったら
夜の美酒と楽しい宴が待っていなければ
ワタクシ、とうてい完走できなかったと思います。
馬には人参。
鳩には酒。
そしてなにより、愉快な仲間。
(もちろん夫にも大感謝ですぞ。ありがとう。そしてありがとう!)

ようやくラスボスを倒して
伊賀の市内に到着したのは17:05。
待ち合わせ場所の伊賀上野公園を地図で確認しながら、足を休めて回転を緩めていると・・

「がんばれー!」
「あと少しー!頑張れー!」

風に乗って、懐かしい声が聴こえてきました

驚いて後ろを振り向くと、車の窓から身を乗り出して手を振ってくれているT-MANさんご一家の姿が・・・

うわーん、泣いてまうやろ。゚(゚´Д`゚)゚。

141020合流

排ガスと汗でぐちゃぐちゃになりつつも
なんとか泣かずに笑っております。

そして、ゴーーーール
141020ゴール

うわー、きったねぇ顔www
(この楠田枝里子ポーズは、小顔に見えると評判なので試してみました。うん、無駄だよね。)

でも、言葉にできない達成感でいっぱいでございます。
俺様、すげぇ、やったね~(言葉にしてるし)

学生時代、楽しいことはいっぱいあったし、泣いたし笑ったけど
こんな達成感は、味わったことなかったです

夫、T-MANさん御夫婦、その他画面の向こうで応援してくださった全ての方
本当にどうもありがとうございました

そして、ゴールの夜
カラオケして徹夜で呑んで、力いっぱい遊んでもらいましたwww私はともかく、付き合ってくれた方も大変じゃったろうにwwwゴメンゴメン
この日のカラオケ、めっちゃ楽しかったなぁ~
もちろん、翌日は二日酔いも筋肉痛も皆無でしたよ✩

以上、アラフォー女子の青春ロングラン、幕引きです!おわり。

もうしばらく自転車には乗りたくな~い
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ←「これでブルベ参加の扉が見えたね」と夫に言われましたが、そんな扉、全力で閉じてやります(`・ω・´)ブルベなんて、ぜったいイヤ!ロングランはもう懲り懲りッ
関連記事

コメント

あなたのそのコメントにビックリですΣ(゜Д゜)

No title

まじっすか!
真面目が服を着たような人間だとおもっていたのでビックリです(;゚Д゚)

>ひろみさん

うん、攻撃力1ですからねww
バイクも乗りたいなぁ~寒くなって来ましたよね(*´-`)

>ガバにゃん

…一緒に行こうか?エンジンなし車両だよ、もちろん( ・`д・´)
あ、ごめん。あたくしは電車で行くので君だけ自転車ね。現地集合でヨロ。
なお、あなたの笑いのセンスは関西の人(本場ww)も一目置いておりました。ふん( ・`д・´)

>ニーチェさん

それ、最強ですやんww
郵政カブでも楽勝だと思います。

No title

国道25号線。シェルパで走ったときは楽しかった。

No title

おおぉ。
お疲れ様でした。
凄いね~!
一人で伊賀なんて自分なら絶対に無理!

で、奈良はいつ行くの?

すごーい!

すごいすごーい!おつかれさまー!!
私まで泣きそうになった!!(≧∀≦)
私だったらそんなとこでひとりぼっち、ぜったい泣く!
からのお迎え、号(┳◇┳)泣

ともあれお疲れ様でした。
急に寒くなってきたから冬将軍に備えてね♡
あ、備えなくていいのかw
Secret

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳩の大好きアイテム



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RACERS(Vol.44)
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッカンタカハシゴー(第5ゴー)
価格:960円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Star Red レディース半袖ジャージ
価格:20300円(税込、送料別) (2017/4/8時点)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

リンク