【つぶやき】普通救命講習に行ってきた☆

はいはーい、受講してきました~☆
DSC_0619.jpg

いろいろと為になる情報も仕入れてきましたので
今日は講習についてご紹介いたします~
講習をうけた事のある方もそうでない方も、サラッとで良いので目を通していただければと思います

さて、先日19日、普通救命講習Ⅰを受講してきました!
講習には普通Ⅰ、普通Ⅱ、上級の3種類がありますが
上級は普通Ⅰ(Ⅱ)を受講しないと受けられません。
普通と上級の違いは・・・

・・・

・・・・・(なんだっけ)
たしか、6歳以下の小児用救命処置を学べるかどうか、だったような・・・(開始4行で”いろいろと為になる情報”終了)
そ、そんな感じです。

どこの市町村でも、普通救命講習は頻繁に開催されていますが
上級はあまり開催されません。わが町I市では年に一度です。
小児用処置を学びたいかたは、開催日程にご注意くださいね

ほんで。
上級の講習は開催日が限られていることもあって定員いっぱいになるそうなのですが
普通救命講習はちょくちょく開催されるので
講習会場
受講者一名、ということもあるそうです。
ひーーーー!講師とマンツーマンで受講!!
イケメン講師と密室で人工呼吸の練習とか・・・(´-`).。oOキャーーーーー危ないわ危ないわ(何が?)

ま、こういうときのお約束のパターンって、
「講師がおじいちゃんだった」
「講師が女性だった」
「講師が秋田犬だった」
という感じだと思うのですが

この日のお約束オチは・・・・
( д) ゚ ゚ほんとに若いイケメン隊員が来やがんの

ちょ!
おばちゃん、超緊張するーーー!!
っていうか、家から片道7kmをジョギングして会場まで来たから汗かきまくり!!!スッピンで眉なしフォーメーションなんだけど!!!
なんでこんなときに限って本当にイケメン来るかなーッ(注:そういう運命です)

というわけで、
かなり緊張しながらの講習スタートとなりました(@まろ眉)

DVDを見て、実演して、注意点を確認して再度実演・・・
このルーチンを繰り返しながら3時間ほどの講習でした。筆記テストはありません(上級はある)

車の免許をとった20年前と、バイクの免許をとった16年前、15年前と計3回受講経験があるのですが
当時と今では、だいぶセオリーが変わったように思います。

たとえば、胸骨圧迫の回数。
昔は「5回やって1回休み」とか・・・
回数の部分は記憶があいまいですが、たしか数回やって1回休んで、それを1分繰り返して様子を見る・・・・
てな感じだったように思うのですが
現在は
・1分間に100回以上
・圧迫部が5cm以上沈む強さで押す
というのがセオリーのようです。
「以上」を太字にしたのは、「これより多いほうがよい」という部分。
1分間に100回以上・・・かなりハードです。

なので、呼吸停止している人を発見したら
まずは状態を確認して、次に「できるだけ大勢の人を集める」ことが重要なんだそうです。
一人で何分間も圧迫作業を続けられないから、交代要員は多い方が良い、というわけです。

人工呼吸は、胸骨圧迫を30回やったあとに2回行います。
胸骨圧迫30回、人工呼吸2回がワンセット。

人工呼吸は、気道を確保(あごを上にむける)して、鼻をふさいで、口から息を吹き込みます。
胸が軽~く持ち上がるくらい、が目安だそうです。あんまりプー!と張り切って吹き入れてはダメ(肺が破裂しちゃう恐れがあるそうです)

でも、実際の救命現場では、相手が口から血や吐しゃ物を出していることもあるし、たとえば異性の他人に対して迷い無く口を付けられるかというと・・・
なかなか生理的に難しいかと思います。
できるとしたら、ごく親しい友人か身内に対してのみで、通常9割以上の人が躊躇して実行できないのが実情です、と隊員の人も言ってました。

この問題を解決するために、人工呼吸用のグッズも売られているそうですが
なかなか、ね・・・人工呼吸に備えて常にグッズを携帯する、というのも難しい話です。

なので「人工呼吸は、できればして欲しいけれど、できなくても構いません。大事なのは、胸骨圧迫を止めないことです」と言われました。

発見者には、30回、と言わず救急隊員に引き継ぐまで休まずに胸骨を圧迫しつづけて欲しいそうです。
AEDがあればAEDが優先。

l呼吸停止者発見→状態確認→119番通報→胸骨圧迫(誰かにAEDを持ってきてもらうよう指示する)→AEDが届くまで胸骨圧迫→AED→胸骨圧迫

AEDは、最近では割とどこの自治体でも備えていますので
処置の現場が住宅地や官公庁の近辺なら(コンビニにもあるかも)、比較的入手が容易かと思います。

どのAEDも、電源を入れれば勝手に音声ガイダンスが流れますので(自動的に電源が入る装置もある)
ガイダンスに沿って操作すれば誰にでも処置が可能です。
ちょっとおっかないですが、必要な際は迷わず電源を入れましょう。
すぐに電気ショックが始まるわけではないので、大丈夫です(ショックが必要かどうかは、装置が心電波形を確認して判断してくれます。間違ってショックを与えることはありませんのでご安心を)

AEDの箱の中には、電気ショックを伝えるパッドのほかにも、布(汗をふき取る)や鋏(服を着る)などが入っています。
装置によっては、かみそりが入っていることもあるそうです。

「かみそり?鋏があるのに、かみそりも入ってるんですか?何に使うんですか?」
とイケメン隊員に質問したら
「外国人の男性などに使います」
と歯切れ良く答えてもらいました。

「・・・外国人の男性、ですか?」
「はい!」

・・・
みなさん、わかりますか?

「はい!胸毛を剃ります(イケメンスマイル0円)」

( д) ゚ ゚ギャランドゥだ!

「か・・・かみそりで剃るんですか!?」
「はい!パッドが密着しないと、電気ショックが十分に伝わりません!鋏だと毛が残りますから、綺麗に剃ってください!」

綺麗にーー!?

「でも、難しいですよね!その場合は、予備のパッドが二枚入ってますからバリっと勢い良く行ってください!」

バリッとーーーー!?

「はい!そのためにパッドが二枚入ってます!」

む、胸毛対策だったのかッ
みなさん、パッド二枚はギャランドゥ対策だそうです。Take care!

あ、湿布などの貼り薬は火傷の原因になります。きちんと剥がしてからパッドを貼りましょう☆(そういう貼りなおしの為の予備としても機能します)

その他、
「呼吸はあるけど意識がない人への処置方法」
「処置の途中で意識が戻った場合の対処方法」
「異物を飲みこんだ場合の対処方法」
なども学習して講習終了!

一人っきりでしたが、それでも2時間半みっちりレクチャーを受けられて充実した時間を過ごせました。
講習は2年に1回程度受講するのが推奨頻度らしいので
また車検の季節に合わせて受けてみようと思います。上級もまだ受けてないしね~

以上、普通救命講習の体験リポートでした!
スポーツマンのみなさん、たまには受けておきましょうね~
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ←今日はTLミーティングだそうですね。夫は仕事で行けなくて超仏頂面でしたww(私も子守でいけませんがね・・)
関連記事

コメント

Secret

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

リンク