【バイク】クシタニ名東店主催のライディングスクールinSUZUKAに参加してきた☆後編

というわけで、クシタニ名東店主催のライディングスクールに・・・略して「クシキタ☆」(どこを略した!?分かりにくすぎるわ)
後編をお届けします。

今回選択した車両は、VTR250でした。一番小さくて乗りやすいのを選んでやったぉ(`・ω・´)

他の女性陣は、スーフォアやNC750を選んでいました。
車両は、
VTE250,CBR250、スーフォア、CB1100、NC700、NC750、CBR250RR
の中から選べます。

このうち、NC700とCBR600RRについては、初回の人は選択できない決まりになっています。
NC700は低速トルクが低いのでスラロームでエンストしやすく、CBR600RRは舵角が少ないのでS字などで乗りにくいからだそうです。

意外とNC750を選んだ女性が多かったのには驚きました。
もっとうまくなりたい!・・・という意気込みをもって参加されていることが伝わりました。
頭が下がります。

私は、できるだけ足つきが良くて小さいバイクを選びました。
「そんなんで練習になるの?」と思われる人もいるでしょうが
スクールで使用するコースは公道よりかなりタイトなので、自信を持って操れる車種のほうがいい、と個人的には思います。
チャレンジして大きなバイクを選ぶことも、チラっとだけ考えましたけれど
私の根暗な性格からいって、エンストでもして大きなバイクでコケたらその日一日メロメロの走りになっちゃう・・・と思ったからです。

(これだけ一生懸命言い訳してるってことは・・・まぁ、そういうことですので(・ω・)察してやってください)
まぁほら、どれを選んだって自分のバイクじゃないのは一緒ですし
何を練習して何を掴み取るかなんて、人によって違いますから、マイペースが一番だと思います。思います。思うってば!!

うん、それでもコケたんですけどね( ゚∋゚)

こけたーーー!
パイロンスラロームで道に迷ってこけたーーーー!!(前回と同じパターン)

でも、意地でも自分で引き起こした。
スピード遅かったから全然痛くないし?全然気にしないし?(震える声)

私の二つ前を走っていた女性が、最初にコケたんですね。

それにつられて、一つ前を走ってた人も転んじゃった。
ちょっとペースが合わなくて、バイク同士の距離が狭まっていたのです。

で、私はなんとか避けられたのですが、そのときに軽いパニックになって頭が真っ白になっちゃった。コースが分からなくなっちゃった。

それでもなんとかショートカットしてスタート地点に戻ってこられたのですが
気がついたら足がガクガクして、震えが止まらなくて。
リアブレーキが踏めなくなりました。

さらに悪いことに、前周回で転んでいた件の女性が私のひとつ前を走っていて(立て直す間に走行順が変わった)
走行ペースがあわなくて、何度距離を開けても立ち上がりで詰まっちゃいまして・・・
慎重に距離を開けて進入したつもりなのに、立ち上がったら目の前にバイクがいる。

リアブレーキは踏めないし、立ち上がりでアクセルは開けられない。
そりゃもう、転ぶよね(´Д⊂ヽ

自分も下手だから偉そうなことは言えないけど
ひとつ前の人、もうちょっとアクセル開けてくれないかなぁ、それとも走行順変わってくれないかな
・・・と人のせいにしてイライラしかけたのですが、そのとき

「あーぁ、大丈夫?前を見てないでしょ?もっと前を見て。前を見ないからそうなるんだよ」

と講師がアドバイスしてくれたのです。


・・・・∑(゜Д゜)ハッ
なるほど
なんだか、その一言でヒラメイタヽ(゚Д゚)ノ第三の目が開いたパッチリ

立ち上がったら突然目の前にバイクが・・・と思ったということは
全然、先を見ずに曲がってたんですね。
出口、見てない。見てるつもりで、全然見れてないだなって。

もっと視線を先のほうに、遠くを見て、出口を見てアクセル開ければいいんだ
それでスピードが上がりすぎたら、そのときこそリアブレーキ
そのためのリアブレーキ
アクセルを戻したらギクシャクしてしまうんや!そういえばさっき先生がそんなこと言ってた!!(もっと真面目に聞いとけww)

そう思ったら、突然視界が開けてきて(要は上体が起きて出口が見れるようになった)
バイクがグリグリに曲がり始めたんです。

車体を起こす
アクセルを開ける
ブレーキをかける
リアブレーキを引きずりながら曲がる
出口で車体を起こす
アクセルを開ける

デキタ(´∀`*)
めっちゃデキタヾ(*´∀`*)ノ


・・・
でもリアブレーキが踏めない( ;∀;)
もっと踏みたいのに、さっきの転倒の震えがどーーしても止まらないッ

こういうときって
落ち着かなくちゃいけない、と頭では分かっているし
深呼吸もストレッチも何度も試みるんですけれど
自律神経がおかしくなってるっていうか・・・体のコントロールが聞かない。
震えが止まらないのです。

ガクガク((((;゚Д゚))))コワイ
あーん、でも楽しいヾ(*´∀`*)ノ
でも怖い((((;゚Д゚))))ガクガクガク
でも楽しいヾ(*´∀`*)ノ

あー、忙しい。

ブルったりにやけたりを繰り返しながら
たっぷりとスラロームを堪能しました。

この「頭は冷静(なつもり)なのに、身体のコントロールが利かない」という感覚も、大切な知見だったと思います。
どんなに心がけても、頭に言い聞かせても
素人の身体は思うようには動かないものなのですね。ハートの強さなんて、なかなか鍛えられるもんではないー

これを克服するためには、ただひたすら練習するしかありません。
身体に教えてあげるんです。大丈夫だよって。

足つきの恐怖を克服したときも、そうでした。
できる人に何を言われたって、できないものはできない。それはもう、ある程度しょうがない(Before鳩子)。
でも、練習を重ねていればいつかはなんとかなるものです。
そんで、一度できるようになると、もうできなかった頃の感覚は絶対に思い出せない。
本人さえその気になれば、できるもんはできる(After鳩子)。としか思えない。

教えるほうの気持ちも(After鳩子)、教えられるほうの気持ち(Before鳩子)も、両方分かったような気がしました。

結局、勇気を出して「すみません、次、前を走らせてください」と前走の女性に直接お願いしました(Next鳩子)。
最初から、そうすれば良かったんですよね。
言えない弱さww
私のようにかなりあまり上手くない人は、相手のペースに合わせて走るのは難しい。
自分のペースで走れるように、直球で工夫すればよかったのだと思います。
「嫌われるかな・・・偉そうに思われるかな」というのが怖くて、それまではできなかったんですけど
(たぶん、そんなことしてもしなくて「なにこいつ」て思われてんだよ)←デタ、ネガティブ鳩子
遠慮なんて、もっと上手くなってからすべき。反省!

でも、すっごく楽しかった!
あの「グリッ」っていう感触~~たまらんヾ(*´∀`*)ノ

この気付きを自分の中で定着させたいので
来月のHMSも申し込むことにしました。出費がイタイ
でも、いい。今年はツーリングできなかったから、HMSの年にする!

またキャンセル待ちかもしれませんが
参加できたらこちらでご報告します。
次回もVTR250だぜフッフッフ(向上心があるんだかないんだか)
す、、スーフォアまでなら妥協しましてよ!?

最後になりますが
私が参加したのは初級者チームだったので
スラロームやタイトターンに主眼を置いたメニューでしたが
上級者チームなら、もっと実践的なメニューを組んでもらえると思います。
少々値は張りますが、得るものはあると思うので、よかったらベテランライダーの方も挑戦してみてくださいね

以上、HMS二回目体験レポートでした
明日は、自転車の話題をUPします☆

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ←息子達の通信簿(二学期制なので)が帰ってきました。・・・・さて、呑むか・・・orz
関連記事

コメント

No title

>Lynnさん

お疲れ様でした!(紅梅亭、2周目に入りました!ヘルタンまで借りちゃった)

昔CBR250RRに乗っていたので、懐かしくて乗ってみたかったのですが
低速トルクがないと聞いてVTRに逃げました^^;
私ぐらいのレベルだと、乗り越えなくてはならない障壁が(心のほうも技術のほうも)多すぎて、できるだけ敷居の低いバイクがいいなと思ったのです。
結果的には、いい選択だったと思います。乗りやすくて、リラックスできました!結局こけたけど、すぐに気を取り直して再スタートできたのは、大きなバイクを選ばなかったおかげだと思います。

VTRは2速固定で乗りました!
1速で大丈夫なんですね~次は試してみます!
Bチームは、途中でパイロンを組み替えて緩い方向にコース変更されましたが
なかなかコースを覚えられない人がいたので(主に私です!)一回だけ変更して、それっきり固定されました。
正直、「もうちょっと厳しく教えてほしいな~退屈だな」と思うときもあったのですが
その直後に転倒したので・・・もう、なんていうか
「このコースのレベルを押し下げてるのは私かー!」と思って情けなかったです。
ま、そのあとに別の人も転んでいたので、私だけがおミソだったわけでもなさそうですし
自分なりには十分楽しんで何かを掴めた講習でした!
次回は、レディースではなく普通の初中級コースを受講してみます。

サドな講師って、昔は苦手でしたけど、いまは逆にホッとします。
妙に丁寧に低姿勢で対応されると、お客さんとして適当にあしらわれてる気がしてガッカリしちゃいませんか・・・?
ハッ
もしかして私、すっかり委員長に調教されてるでしょうか!?
今度は、イケメンでなくてもいいから本気で怒鳴って叱ってくれる教官さんにあたるといいな~、なんて思ってます。

No title

>パパさん

すみません、いつも暖かいアドバイスありがとうございます!

「前を見て」は、これまでもいろいろな方に指摘を受けました。
ライテク本にも書いてあるし、自分でも実践しているつもりだったのです。
でも、まだまだ十分ではないし、これからも、何度も後戻りしてもう一度思い直して・・・を繰り返すのだと思います。

もっとうまくなりたいし、いろいろなところに行きたいです!
また機会があったらよろしくお願いします^^

No title

スクールお疲れ様でした!
キャッキャウフフ和やかな一日を過ごすつもりでしたが、オリエンテーション終わったら別々でしたね~
結局こっちは野郎ばかりのいつものHMSになってしまいました。orz

VTRはいいバイクですよね。
CBRが無いときはVTRに乗ってます。
4気筒車と比べて、TLにエンジンの特性が似てるから乗りやすいと思いました。

VTR250は2速で乗ってました?
講師からは「2速固定で~」と指示されますが、VTRは1速固定の方が乗りやすいと思います。

4気筒のCB750やCBR600は2速の方が扱いやすく、2気筒のVTR250やVTR1000Fは1速の方がギクシャクせずに乗れました。

「もっと前を見て~」はAグループでもさんざん言われてましたよ。
こっちはスラロームのコースが3~4周ごとに変更され、通常のS字がフルロックからフルロックへの切り返しに変わったり、2つのコーナーをつなげて速度を乗せるラインを取ってると、途中に前の周には無かったシケインが追加されたりと、楽しいコース設定でした(笑)
それで「おっとっとっ!」と、ふらつこうものなら、
「ほら、ちゃんと先をみて走らないと!」
「どんどん、コース変えてくよ~、ちゃんと前見てないとコースアウトするよ~」と突っ込まれます。

AもBも、やることは基本的に同じだと思いますが、Aの方が講師はサドっ気が濃い気がしました・・・

前を…

こんちは〜〜鳩子さん
ライディング上達したようですね❗️
次回一緒に走るのが楽しみです(≧∇≦)
(何時になるかわかりませんが…)
ケーキツーリングの時も同じ様に前を見てって言ったけど…やっと理解して貰えたようで。・゜・(ノД`)・゜・。
Secret

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳩の大好きアイテム



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RACERS(Vol.44)
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッカンタカハシゴー(第5ゴー)
価格:960円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Star Red レディース半袖ジャージ
価格:20300円(税込、送料別) (2017/4/8時点)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

リンク