【マラソン・ジョギング】みのかも日本昭和村ハーフマラソン大会:2016参戦記3

第3話、13km関門地点~ゴール編です!

13kmの関門を見事クリアした私を出迎えてくれたのは・・・・


坂。

めっちゃ長い坂。

え・・・・(,,゚Д゚)
さっき倒したラスボス(仮)、実は単なる第一形態だった!?
第二形態、デターーーーー
(ってことはきっと第三形態もあるのねーーーーーつД`)・゚・。・゚゚・*:.。)←第六形態くらいまでアッタ。デスピサロ超えた。

私は、高級ニュゥタウンに住むセッレーブ主婦ですので、家の周りは坂道ばかりです。
過去二回出場した志摩スペイン村でのハーフマラソンも坂がちなコースでしたし
この程度の坂はなにほどのこともございません。


・・・だったらいいな(´・ω・`)

くそーーーーーーつД`)・゚・。・゚゚・*:.。登っても登っても終わらねぇぇぇ
右足が!ピキピキして死にそう!!!「マジでピキする5秒前」って感じ!!!(古い)

これまでの大会では、「絶対に歩かない」という目標を掲げていましたので
いつも、歯を食いしばって坂を登ってきました。
たとえ歩くようなスピードになっても、絶対に歩かない。
意地でも止まらない。
目に汗が入って、足が痙攣して、吐く息がうめき声に変わっても
手に汗と血を滲ませながら、鬼のような形相で坂を登ってきました。

が。

今回は方針を変えました。
たぶん、そういう我慢が、足の限界を早めちゃってたんですよね。
このたびは、きつい登り坂では歩きを取り入れて、
下りでその分スピードを上げる「終わりよければ全てよし」走法に切り替えました。

というわけで、14km地点ですでに「歩き」タイム発生。

どぎつい坂ならこの方法もありかなと思います。
登りで我慢して稼ぐ(というかロスを減らす)ペースより、下りで楽に稼ぐタイムの方が確実に速いからです。
ただ、一度足を止めると動けなくなる可能性もありますし
登りが頻繁に現れるコースだとロスが多くなりすぎます。功を奏するかどうかはケースバイケースですね。

まさに足を止めたその瞬間
後ろからとんでもない人に声をかけられました。

「すみませーん、警察のものですけど

・・・・は?
警察!?

警察に声をかけられる瞬間・・・嫌ですよね~~~~死ぬほど血の気引きますよね(`;ω;´)
(バイクや車を運転する人なら、分かってくれますよねこの気持ち)

もしかして私、スピード違反してた!?
うそ、そんなに速かった!?時速50kmくらい出てたかしら(´゚ω゚`)

とマジ一瞬考えましたが(オリンピック出られるわ)、

「対向車線、車が通りますので走らないでください~」

と言われて安心しました・・・伴走バイクじゃなくて、伴走ポリスだった・・・

二人組みのおっさんポリスがマラソンコース上を走っていました
どうやら、21km全線走ったようです。
ランナーに注意を促しながら、たまにはコースを逸れてランナーに声をかけながら、それで21kmを走りきる・・・警察の仕事もいろいろあるものですね。
白バイじゃなくて伴走する警察官は初めてみましたよ。ちょっとだけ好感度が上が・・・・ることはないですwwポリキライ

私は、警官が視界に入ると、それだけで腹が立って気分が悪くなりますので(嫌い嫌い大嫌い)
歩くのをやめてペースを上げ、彼らを追い抜きました。
右足は攣る寸前でしたが、坂を下るまで一度も振り返らずにペースを上げました。
あとでアプリを確認したら、この区間で自己ベストが出ていました。キロ5分前半で走っています。
我ながら、私のサツ嫌いも相当気合が入ってますね。

この後、ランナーズハイがやってきて足が軽くなりますが
坂がくるたびに「歩き」を取り入れていたので、それほど全体のペースは上がっていません。
途中で補給箇所が何箇所かありましたが、紙コップが切れたようで何も飲めませんでした。

足が遅いランナーは、水も補給も口にできないことが多いです。
21km程度だと補給食はなくても大丈夫ですが、水はさすがに飲めないと厳しいです。
もしこの記事をハーフ2時間半前後の人が読んでいたら、給水ボトルを持参して走ることをお勧めいたします。

補給食だけじゃなくて、完走賞のトン汁とかフルーツも、鈍足ランナーには縁がないんですよね。
売り切れていたり、待ち行列が長くなりすぎていたりして、めったに口にできません。
エントリーフィーは同じなのに、ちょっと不公平よなと思ったりもします。
まぁ、文句があるなら速く走ってみろ!ってことですかね。プンスカ(`・ω・´)

途中、坂道を登ってヒーヒー言ってる時、沿道から
「峠まで500m~!がんばれ~~!!」
という微笑ましい声援を受けました。
これを聞いた周囲のランナーは
「え!この先、これよりひどい峠があるの!!?」「この坂道、峠じゃなかったの?」「もうやだ!この先峠があるなら今は歩く!!」
と大騒ぎしていましたww
「峠が終わるまで500m」の意味だったのでしょうか?
冷静になれば分かりますが、走っているときは軽く血の気が引きましたwww

足を温存するために歩きを取り入れた今回の作戦ですが
ピッチが崩れるので、走行時間が暗算できなくなります。

そのために腕時計で現時点での時間を確認しながら走る予定だったのですが
ちょっとした手違いで「腕時計とか存在しないワールド」に入り込んでしまったので
ゴール関門時間に間に合うペースなのかどうかが、まったく分からずに走りました。

だいぶ歩いてしまったし、もしかしたらもう間に合わないんじゃないか・・・
足が痙攣してもいいからペースを上げるべきなんじゃないか
いやいや、最後まで諦めずに足を動かして走りきれば大丈夫なんじゃないか・・・・
心は千々に乱れました。

途中、関門時間(ゴールまで2時間半)への不安が抑えきれなくなったので、意を決して沿道で応援してくれている方に
「すみません!今何時ですか!?教えてください!!」と声をかけたのですが
私が声をかけた方は、チラリと腕時計を見て
「だ・・・大丈夫!まだ間に合いますよ!がんばって!!^^」
とだけ答えてくれました。

あぁ、今、なにか軽く噛みましたよね。・゚・(ノД`)・゚・。
今、ガケップチなタイムの感じなんですね
間に合わないかもーーーーーーキャーキャーヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ

死ぬ気でペースを上げて、ようやく昭和村に帰ってくると
2kmの素敵な登り坂がランナーを待ち受けています。

ここのコース考えた人、マジでS。絶対S・・・・orz

涙も枯れて、朦朧としながらゴールを目指していると
昭和村の駐車場から、委員長(夫)がひょっこり顔を出しました。
「お!来たな~おつかれさ~ん!チビ達も応援に来とるぞ~」

きゃぁぁぁ(´∀`*)息子!息子いるんだ~~

とりあえず(とりあえず言うなww)夫にハイタッチ!

そして、息子めがけてラストスパートを仕掛けました。

息子達にカコイイ母ちゃんを見せる!

これ、全国の主婦ランナーの共通の夢だと思います。
(まぁ、実際は汗と鼻水で、カコイイどころかただの汚いBBAになってますけどね)

「お母さぁん!頑張って~~!」
夫の数メートル先に、可愛いラブ息子が手を出して待っていてくれました。

あぁ・・・泣けるね
息子、可愛いよ息子つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

気力を振り絞って、最高の笑顔を演出して息子x2とハイタッチ!!

息子の隣には、ショウエイパパさん宅の次男くんも待っていてくれました。
「俺も~!俺もハイタッチする~!」

しかし、次男くんは手をヒラヒラと動かしたので、うまくタッチができず。

「ごめんねー!あとでタッチしようね~!」と声をかけたのですが
「俺もハイタッチする~!ゴールまで一緒に走る!!」と言って沿道を爆走しだした(爆笑)ので
いったん速度を緩めて、彼の隣を並走し、大きくゆっくりとハイタッチしました

パチン!と大きく手を叩いたら、彼から笑顔で決め台詞が。
次男くん「ねぇ~、どぉ~?きつい~?」

鳩子「・・・全然?大丈夫だよ?」

このやりとりには、周囲のランナーも大爆笑でした。
私の周りは、関門時間ぎりぎりで走っている人ばかりですから、みんなヘロヘロなんですわww余裕ゼロ。
そんなところに「きつい~?」ですからね・・・
このなんともいえない、ほのぼのとした間合いがツボwwww

こういうときは「全然きつくないし!平気だし!」って答えるのが様式美ですよね。

笑いをこらえながら、無事2時間30分37秒でゴールラインを切りました。

あっという間の150分でした。

応援に来てくれたショウエイパパさん、次男くん、夫、息子
みんなみんなありがとう!
大会を運営してくれた人も、応援してくれた人も、本当にありがとうございました

楽しい150分でした

以上、みのかも日本昭和村ハーフマラソン大会参戦記でした!
長文にお付き合いいただき、ありがとうございました

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ←そして3週間後にはフルマラソンが待ち受けています・・・あぁもう!!!!
関連記事

コメント

No title

>パパさん

ちょっとインフルと戦っていました^^;お返事遅くなってすみません。

もっと大規模な大会になると、ゼッケン番号をネット上でサーチして1キロごとの通過タイムや現在走っている場所などの情報を確認することができます。
現地にいかなくても応援できるし、現地に行く場合でも、コース上のどの辺りを走っているかがわかるので応援しやすいという次第です。このシステムを使うと、10km地点で声援を送って、通過したら急いで30km地点に移動して・・・なんてことができるんですね。個人情報はダダモレですが、とても便利なシステムだと思います。

2・13のマラソンは、インフルで体力が落ちましたので、走るかどうかわかりません。また別の機会に遊びましょう^^よろしくおねがいします。

>パールルさん
すみません、ちょっとインフル(以下略)
ブロガーランナーは皆さんそうですが、走りながら「これネタにしよう」「どんな文章にしようかな」と常に考えながら走っています。
すごい人は、写真やメモを取りながら走っているんですよ。私もそんなランナーになりたいです。

京都マラソンですか!私も走ってみたいです(自転車で)。

鳩子さん、お疲れ様ですー。
よくこんな過酷な状況で、走っている最中の事を覚えてらっしゃいましたましたよね(^-^)/
こちらも来月、京都マラソンです。

えぇ、えぇ、私は走りませんよ。開催されるだけです。

楽しかった〜〜

お疲れ様です
鳩子さん

イヤ〜初めて市民マラソン見ました
いい経験でした(*^^*)
次男が、オチを作った様で
鳩子次男のオチも参りましたが
後ろを追い掛けていく姿は
可愛かったですよ〜

No title

>岡ひろみさん

逮捕されないんなら、バナナの皮でも落としてやりたかったですよ(´∇`)
ジョギングは、いつでも始められる手軽なスポーツですよ~マラソンはちょっとしんどいけどね∧∧;
お鳩にできるのだから、ひろみさんなら大丈夫!すぐにサブフォーになれますよ。ビジョガーよビジョガー!!ww

MP5!!
お疲れ様でした。
ある意味おまわりさんのおかげ??(笑)

鳩子さんのレポ読むと私も走りたくなるけど、
無理だろーなー(*_*)
Secret

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

リンク