【ジョギング】今朝のバトル

今日のトレーニング
●ジョギング
JOG5km(キロ6:14平均)

息子の汚机を片付けていたら、昨年度(今年の3月)のクラスメートからの寄せ書きが出てきました。

見ると「いつも勉強を教えてくれてありがとう。クラスが変わっても頑張ってね」的なメッセージが
女の子らしい丁寧な文字で書かれているのです。

・・・うむ(´・ω・`)

息子に「君、女の子に勉強を教えてあげたの?」と聞くと
はー?覚えてなーい、と鼻をほじりながら適当な返事が。

メッセージに記名があったので、書いたのがどんな子だったのか聞いてみると
どうやら、前回の授業参観のときに息子の落し物を私のところに届けてくれた
あの賢そうな女子だったことが判明。

息子、ちょっとフラグ立ってる!?

「あの子か~。なかなか可愛い子だよねぇ」と私が言うと
「・・・うーん・・・僕、女子って顔が覚えられん。どれも同じに見える。」と信じられないような返事が!Σ(゚Д゚)

息子、すでにフラグ折ってる!?

彼流の照れ隠しの一種かとも疑いましたが
ほじった鼻くその行方をどうしようか途方に暮れている彼の様子から察するに
息子、マジで非モテ街道驀進中です。

息子の同級生のママ友さんは
バレンタインにクラスの女子から貰ったチョコレートのお返しに悩んでいました(手作りにすべきか高級チョコにすべきか。なんでホットケーキミックスのお返しがゴディバに化けるんだ・・・どんだけ高効率投資なん)とこぼしていましたが
おかげさまで、私にはまだまだそんな悩みは到来しそうにありません。
たぶん息子が30を超えても悩めないのではないでしょうか・・・
「シャツのすそをズボンに入れろ!」という悩みは50になっても続きそうですけどね(´・ω・`)

さて、今日はジョギングの話題♪

今日は、朝のうちに定例のジョギングを済ませてきました。

冬の間は、朝の寒さと暗さに負けて夜にトレーニングしていましたが
そろそろ朝トレに切り替えられそうな気候になってきました。
朝のトレーニング、気持ちいい~(´∀`*)

朝に走ると
明るいから足元が見えやすいですし、血圧が上がるので朝の支度が捗ります。
一晩眠って疲れが取れたおかげか、ご飯を食べなくても長い距離を走れますし
いいこと尽くしだと思うのです。
何よりも、夜にゆっくりお酒が飲めるのがイイですね(と、まるで夜に走るとお酒を飲んでいないかのようなフリをしてみる)

ただし、そんないいこと尽くしの朝ランにも、欠点はあります。

それは、ご近所の朝ランナーと遭遇しやすい点です。

うちの近所では、夜よりも朝のほうがランナーが多いです。
街灯も無い暗い田舎道が多いからでしょうか・・・
朝は、足元が明るいのは有難いのですが、その分顔もはっきり見えます。
これが、困る。

スッピン&ノーブラで走る自然派スタイルが鳩子流ですから
(こだわりのマイスタイルのように言うのはやめろ。ただめんどくさいだけやろ自分)
できれば日の光のもとで人と顔を合わせたくはありません。

なので、不運にも遭遇してしまった場合は
「おはようございまーす」と可能な限り小さな声で挨拶をしつつ
全力疾走ですれ違って相手の視界から消えるように心がけています。
フハハ、このスピードなら私の姿が見えまい!残像しか残さないよ!←眉なしBBAの残像

すれ違うときはこの戦法でOKなのですが
困るのは、「相手と進行方向が同じ場合」です。

相手の真後ろ(相手と同じ車線の歩道)を走っていると、ハァハァと荒い息を吐きながら延々とストーキングしているようで、ちょっとキモい。
かといって、相手の向かい側の車線に進路変更すると、相手の視界に入りやすくなるのでスッピン&ノーブラがバレてしまう。
ルートを変えようにも、田舎のあぜ道は一本道で他に避ける場所もありません

結果、「相手を追い抜く」以外の選択肢がなくなるわけです。

という次第で
本日も、キロ7分くらいのペースで走っていたミドルエイジングの男性を
頑張って追い抜く羽目に陥りました・・・私もキロ7分で走りたかったのに!( ;∀;)
(だからこそ延々と追走することになるので、早めにペースを変えなければお互い気まずくなる)

「おはようございまーす」と可能な限り小さな(中略)
その男性を追い抜いたのですが

ここで、事件が発生しました。

軽く追い抜いたはずのおじさんが、キロ6分のペースで猛追してくるΣ(´∀`;)


ちょ!
やめてよおじさん!!
さっきまでキロ7分だったじゃん!!!?

追い抜いた直後に追い抜かれたら、死ぬほどかっこ悪いじゃん(; ・`ω・´)

仕方なく、私は死ぬ気でキロ5分半のペースに上げました。

・・・・・・・
ちょ!
やめてよおじさん!!
死にそうな勢いでゼロゼロ言いながらキロ5分のペースで追走しないで!!!!(悲鳴)


朝の住宅地
死相を浮かべながらキロ5分弱のペースで全力疾走するBBA(スッピン&ノーブラ)
+喉から異音を発しながら激走する中年男性。コワイ。

正直、死ぬかと思った。

っていうか、ちょっとだけお花畑が見えたよね。大きな川の向こうで誰かが手を振ってた気がする。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。あぁ・・・・!

お腹に力が入りすぎて、おト○レに行きたくなったどうしよう


つД`)・゚・。・゚゚・*:.。あぁ・・・・!
ついでに足も攣りそう。あと3秒で攣る自信がある。


・・・
あまりの苦しさに、私がお腹と足を押さえてペースを落とすと

おじさんはほのかに微笑を浮かべて「おはようございまーす」と挨拶をしながら
私を華麗に抜き去って行ったのでした・・・。


私、朝の5時から、いったい何やってるんでしょうね・・・。
お腹も足も痙攣させながら、残ったのは屈辱感おじさんの微笑みだけですよ・・・・・orz

そんな、今朝のトレーニング風景でした。
は~死ぬかと思った。
明日は誰にも会わずに走れるといいなッ
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
関連記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

リンク