【つぶやき】哲也、その愛

今日のトレーニング
●ジョギング
JOG7km(キロ6:35平均)
よんどろこない事情により、本日から月末までの10日間で50kmを消化しなければなりません・・・
我が家には妖怪サボローかネコロンブスが棲みついているに違いない(←よんどころない事情)


息子が、まだモチモチほっぺの乳幼児だったころは
「この子が小学生になる頃には、私の自由時間がもっと増えてバイクに乗れるようになる」と思っていました。

実際には、彼らが乳幼児だった頃のほうが自由な時間もお金も多く
「この子が中学生になる頃には、私の自由時間がもっと増えてバイクに乗れるようになる」と念じている毎日です。

さて3年後、私はここで何を呟いているでしょう。
「ようやく俺の時間キタ」と書いているでしょうか。
それとも「この子が大学生になる頃には・・・」と念じているのでしょうか?

もちろん、子供を授かった人生に一遍の悔いもありませんが
もしタイムマシンがあったら、出産前に大型バイク(SV)に乗り換えた時分に会いに行って、耳元で力強く
「グッジョブ自分と囁いてやりたい今日この頃でございます。

たとえ乗れない日が続いても!家の中に愛機がいてくれるおかげでどんだけ元気が出るか!!バイクは最高のインテリアよ!!!(いや飾ってる場合か乗ってやれ)

さて、欝々とした掴みはこれくらいにして
ちょっとは景気の良い話をしたいと思います。

このたび、とうとう購入ボタンを押しました。



8月、委員長&小4長男がバイク→フェリー→九州の楽しい男二人旅にでかけるということで
(やっぱり娘も産んでおくんだったキィィィ)
餞別として、タンデム用のシートバックを購入いたしました。

まぁ、餞別とは言っても、お金の出どころは委員長の茄子棒なので、私が威張る必然性は全くないのでありますが
そこはそれ、嫉妬とひがみは女の特権と言いますし(聞いたことない)
検索も発注も荷物の受け取りも、我が家では全て私の仕事ですし(回覧板を出しに行った瞬間を狙ってクロネコが来る法則)(類似例:半裸でローラーを漕いだ瞬間を狙って飛脚が来る法則)
さりげなく私のアカウントで購入処理してポイントを大量にGet致しましたし(俺様GJ)
つまり要約すると「おおむね、妻から夫への贈り物」でございます。ニホンゴ、ムズカシアルヨ

このシートバック、タンデムするときに、取り外すことなくそのまま使用できるだけでなく
タンデムする人のシート代わりになるところ、アップなマフラーでも着用可能なこと
タンデムする人用のお菓子やドリンクを手軽な位置に仕舞っておけるところ(後ろの人はお菓子をボリボリ食べながら旅を楽しめる)
でもお値段は通常のシートバック並みなところ(2万円前後です)
などなど、非常に優れものなのでございます。全国の家族持ちライダーにお勧めです~(´∀`)

問題は、この小さなタンデムスペースに
私の愛らしい巨大ヒップが、収まりきるかどうかでございます。北条を滅ぼすおつもりか←?

えーーーー息子とタンデムする時だけ使うなんて、もったいない~~~~私がタンデムするときも使いたい使いたい(お菓子食べたい食べたい)モレモ>(゚∀゚ )( ゚∀゚)<モレモ

まぁその、仮におヒップが収まり切れなかったとしても
委員長のゲンコツ一発で解決する些細な問題ですけれどね。
妻の脳天にゴン!「シートバックが破れたらどーすんだドケ」で解決よね・・・

話は突然変わって、私の哲也の話なんですが(私の哲也)
先週末、マイミクのCOBRIDERさんから頂いた録画Vを視聴しました。
DSC_1032.jpg
(以下、偉大なる元世界チャンピオン原田哲也さんを”哲也”呼ばわりしますが、これもすべて愛ゆえとご海容いただければと存じます)

視聴中、ツイッターで哲也愛をたれ流そうと計画しておりましたが
彼のほほ笑みと語りがあまりに素敵だったため、夢中になりすぎ、呟くことすら失念しておりました・・・あぁ罪な人(私の哲也)

哲也は、所用があって日本に戻ってきた際に、ちょうど解説に呼ばれたらしいのですが
「じゃぁ、この番組のために日本に戻ってきてくれたんですよね~?」という福ちゃん(チュートリアルの福田さん)の絡みに
「いいえ。」とシンプルに首を振って返事していました。

哲也、まさかの塩対応。

あぁ、真面目すぎるッ
そして素敵すぎる。

「そ、そこは嘘でも”そうです~”って言うときましょうよ~!」と福ちゃんの必死のフォローが入っておりましたww

ファンサービスが達者な青木宣篤さんとは好対照に
非常に無口で、愛想笑いも最小限で、コメントも端的で
つまり要約すると「おおむね、哲也サイコー」でございます。
素敵すぎる(´∀`*)ハナヂブー

たとえば、哲也の素敵ポイント。
解説の人が「最近のGPマシンは360km/hを超えるそうですよ~360km/hの世界ってどうですかね、原田さん?」
と話を振ったときに「分かりません。ぼく、そんなスピード、経験したことないんで。」と即答したのには吹きましたwww
いやいやいや、そこは元世界王者として「見える世界が違いますよ」とか返す流れでしょうwwww
だが、そこがいい。
そのあと、「ぼくなんて、せいぜい320km/hくらいなんで。」とコメントして「320km/hで十分凄いです。」と速攻切り返されてました。
私も「もぉ哲也ったらぁ」とテレビの前であまぁく突っ込んでしまいましたよ(´∀`*)
(そしてそんな私を、委員長は生ゴミを見るような目で見ておりましたよ)

ちなみに、私の哲也が解説したレースは、2016年MotoGP第6戦です。
レース自体も、非常にエキサイティングでした!!あのね、ロッシがね(ネタバレのため自粛)
なんと言っても中上くんがさー!(自粛)それに尾上くん(自粛)
マルケスとロレンソの(自粛自粛)
そしてなんといっても、哲也のほほ笑み(アクセル全開)

きっと、チュートリアルの福田さんって、前世の行いがとてもいい人だったんですね。
いったい、前世でどれだけ善行を積めば哲也に「いいえ。」なんて塩対応してもらえるのでしょうか?
うらやましい。私も、哲也の塩対応で悶えてみたいものです(Mか)。

哲也の解説は、民放の日テレG+で視聴できますので、よかったら皆さんもご覧くださいね^^

よーし、パワー入ったぞ~!COBさん、ありがとうございますぅぅぅぅ
それではみなさま、今週もがんばりまっしょい

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←ビックマシンの6月号にも哲也特集があるらしい・・・本屋めぐりしなくちゃッ
関連記事
最新記事
最新コメント
鳩の大好きアイテム
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク