【マラソン・ジョギング】激走、42.195km(参戦編4)

こんにちは
息子の個人面談の前にバイクでおでかけしたいのですが
片道150kmを2時間半で走りきらなければ面談に遅刻します@鳩子です。
ううむ(´・ω・`)微妙だ!実に微妙だ・・・できなくはない、、がギリギリだ・・・なまず君・・・"(-""-)"



さーて、ゴール編、行っくよー(。>ω<。)ノ

●~40km
この距離になると、歩いている時間が増えていました。
20km通過地点では、手の甲にかいた制限時間ペースに対して45分ほどのアドバンテージがありましたが
ここでずいぶんと時間を潰し、30分差にまで追いつめられます。
気力を振り絞って足を動かしますが、どうやっても太ももがあがらず、ヨチヨチ状態。
やっぱり、フルを走るためには太もものトレーニングがもっと必要なようです。
肺よりも太もも。心に刻んでおきます。

ふくらはぎは軽く痙攣していましたが、塩タブレットが効いたのか、今回は攣らずに踏ん張ってくれてました。
痛くて頭がぼんやりするけれど、度を超すとそれが快感になってきて、変な感じです。ヤバい。

ふと周囲を見渡すと
女性ランナーの多くは、ゆっくりとではありますが一定のペースで走り続けています。
一方、男性ランナーの多くは完全に諦めて歩いており
「女性は後半型」という世の定説を目の当たりにしました。まぁ、そんなこという私が全然「後半型」じゃないですけどもー←ナゲヤリ

だとしたら、あの「ツインテールの君」みたいなオネエランナーはどっちなんだろう・・・「中盤型」?
などと、実にどうでもいいことを考えている間に、40km地点を走り抜けました。
公園の木々が遠くに見え、司会のお姉さんの「まだ制限時間は残っています~!がんばってください~」の声が聞こえてきました。
ゴールは、もうすぐです。

●~ゴール
残り500m
もう、ここからなら匍匐前進ででもゴールできる!という地点で
最後のダッシュに挑みました。
ダッシュ
悲壮感溢れる、ゴール前の一枚ww
上がらない太ももを上腕の振りでなんとか誤魔化そうと必死の図。
(よく見たら、ウェアの腹がめくれてアンダーウェアが見えています。トイレからずっとこの状態で走ってたのか・・・:(;゙゚'ω゚'):)

この日、男性ランナーは1000名近くいましたが
女性ランナー(フルの部)は150名程度でした。
そのせいか、会場に入ると
「あ!女性ランナーが帰ってきました!おかえりなさ~い!」とアナウンサーさんが声をかけてくれます。

BBAでも「女性」扱いしてもらえるんだ・・・と軽く感動しながら、必死の形相でダッシュ
こんなに余力を残すなら、もっと前から頑張ればよかった・・・と思わないでもありませんでしたが
手元の時計で5時間30分をちょっと切るくらいのタイムにて、無事、ゴールラインを割りました。
(※後日郵送されてきた完走証によると、タイムは5時間31分でした。ダサッ)

特に涙を流すこともなく
ゴール後に倒れ込むこともなく
静かに、平和に
初レースを終えました。

大満足のレースでした。

人生初の、そして最後のフルマラソン完走です。
マラソンなんて、二度とやるもんか!!!(※周囲の人は誰も本気にしてくれません)

ゴール後のお楽しみは、コレ
udonn.jpg

参加ランナーに振舞われる、無料の昼食です。
うどんかカレーが選べます。
トロトロにとろける鶏肉が心と胃袋に沁みました。ンマ~い(´∀`*)
来年はカレーを食べたいな~←
お金を払えばお弁当も買えるようです。5時間以内で走りきらないと売れ残っていないそうですが(来年の目標ですね)←
は~めちゃめちゃ美味しかったッ

貴重品預かりのチケットを失くしてしまい
受付で泣いてすがって歯茎を剥いて懇願する、という一幕はありましたが
それ以外はトラブルもなく、無事に家路につきました。
駅から家まで距離が永遠のように長かったな・・・車で現地入りしてなくて、ほんとヨカタ

以上、アラフォーBBAの初フルマラソン参戦記でした!!よーし、書ききったーッ

最後に
応援してくださった全ての方に、厚く御礼申し上げます。
今回、トレーニング期間は三ヶ月、と書きましたが
それはレース前の調整という意味であって、フルマラソンを目指して走り始めたのは
かれこれ6年以上前になります。
あしかけ7年かけて、ここまでたどり着きました。
まぁ、普通はここまで時間はかからないものです。私が、並外れた(低い)運動能力の持ち主なのです。

それでも、地道にやっていれば、なんとかなるものです。
来年は、活動の主軸を自転車(とバイク)に移します。
その次はスイミングをやってみたいです。現状ほぼカナヅチなので・・・。
こんなクワトロン(オートバイ、自転車、ランニング、水泳)を目指す運動音痴BBAですが
今後とも、当ブログにご来訪いただけると嬉しいです。
ターゲットの定まらない、ぬるいブログを今後も続けていく所存です。

ありがとうございました!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←素直に「トライアスロンやってみたい」と言えない乙女心に、生ぬるい目でワンクリックいただけると幸いです

【マラソン・ジョギング】激走、42.195km(参戦編2)

こんにちは
1月のHMSに申し込みます!@鳩子です。
電熱グローブはやはり委員長に却下されました・・・もう、皮下脂肪で寒さに対抗するしかッ

●スタート~5km
庄内緑地公園を2周してから、河川敷のコースにでます。
アットホームな運営、と書くと、なんだか悪口を言っているように読めるかもしれせんが、そんなつもりはありません。
参加者がそれほど多くないので(2000人くらい)、スタートの混雑がなくて走りやすいです。
スタートロスは数分ですし、人を突き飛ばして激走する殺気だったランナーにも会いませんでした。
(ウィメンズにそういう怖いランナーがいる、という意味ではありません。規模が大きいとそういうこともある、という例。ウィメンズがどんな感じかはよく知りません。今年も抽選落ちたから知りようがないよガッデム)

スタート位置は、持ちタイムに関係なく完全にランナーの任意で決められます。ブロック制どころか、持ちタイムの目安を示す看板(4時間台とか)すらありません。
それで特段トラブルが起きないのだから、参加者のマナーも良いのでしょうね。

コースはほぼフラットですが、公園を出ると階段や砂地、芝生などがあります。
こうした路面変化は、地味に足に堪えるんです・・・このあたりで既に、足の裏に痛みを感じ始めました。

今回は5時間以上走りますので(目標は5時間以内ですが・・・(´・ω・))、スマホは持たずに走りました。
タイムは、腕時計と、手の甲に書いたラップ表が頼りです。
ラップ表
制限時間内の6時間でゴールするためのラップ表です。
5km地点で9:43、と書いてあります。
本当は、いくつかの細かい関門時間があるのdすが
書ききれないため、そこは省略しました。
微妙に出たとこ勝負です。

5kmの看板を通り過ぎたところで、最初の塩熱タブレットを取り出します。
フフ(´∀`)今回の作戦の要、「5kmタブレット」です。
5km走るごとにタブレットを舐め、距離感覚をつかむとともに気分転換を測りタイムUPを目指・・
.∵・(゚ε゚ )ブッ!!タブレットが、ドロドロに溶けてスライムになってる!?
なんで!?昨日買ったばかりのタブレットなのに???

・・・ポーチの中を探ると、残りのうち6個のタブレットは問題ありませんが、最後の1個はやはりスライムになっています。
2個のタブレット・・・
Σ(゚Д゚)ハッ
夫のタブレットだ!
ずいぶん前に購入したタブレットだと言っていたので、袋の密閉性が弱くなっていたのでしょう。
私の汗で湿気を吸って、ずいぶんと酷い有様になっていました。

でも、余分のタブレットは入れていません。
オー・ヘンリーごっことか!!誰がそんなバカなことを!!!(※私です)
仕方がないので、袋を歯でかみ切って(袋までシオシオして開けにくくなってたorz)、雄々しくスライムを飲み下します。
とてつもなく食感が悪い。
あと一回、この「スライムタイム」がある予定です。期せずしてロシアンルーレットッ
みなさん、タブレットは開封後お早めにお召し上がりくださいね。

●~10km
スタートから10kmくらい走ったところに、最初のエイドポイントがありました。
名古屋アドベンチャーマラソンのエイドは、アンパン・ういろう・バナナ・スポドリ・水です。
ハーフを走っていたころは、タイムが遅いこともあって、エイド食なんて残っていた試しがなかったのですが
今回、参加4回目にして初めてういろう(たぶん青柳)を口にすることができました。
こういうときのういろうは絶品ですね(´∀`*)ふだんはそれほど好きではないスイーツですが(私は虎屋派)
この日のういろうは体と心に沁みました。
ついでに気道にも染みて(詰まって)軽く死にかけました。体力に余裕のないランナーは、できるだけ小さいういろうを選びましょう。←もちろん一番デカいやつ選んだ人

10km看板が見えた地点で、ドキドキしながら「5kmタブレット」を取り出します。
今回は・・・
普通のタブレットでした(笑)
ほっとしたような、ガッカリ(!?)したような・・・(´ω`)
なんだか、夫のいたずら顔が目に浮かぶようで(別にわざとじゃなかったそうですが)
ニヤニヤしながら10km地点を走り抜けました。

●~20km
レースマジック、とでもいうのでしょうか。
普段の練習では、10kmを超えると息が上がってテンションが下がる頃合いなのですが
レースの時はいつも、ランナーズハイがやってきて足が軽くなる区間です。

今回もハイに助けられ、退屈する間もなく15km地点を走り抜けました。
(タブレットは「セーフ」でした(´・ω・`))

いつもなら17~8km地点で一度くらいは足攣りを起こすのですが
この日は実に快調で、「フル、走りきれるかも」という欲が沸き始めました。
これまでは正直、「20kmを超えたら、ブログ的にはリタイアOKだよね・・・」と弱気でいました。42kmとか、自分には到底無理、と。

それが、今回はかなり余裕をもって20kmを超えられて
「私って、もしかして大分成長しちゃってる感じ☆?」とイイ気分に。
もしかしてもしかして!ハーフ通過タイムが2時間切ってたり(PB:2時間28分)して・・・?
と期待して腕時計を確認したら
1年前のタイムと寸分違っておらず、我ながらビックリしました。すげぇ!俺様去年から一歩も成長してねぇ!!

いやいや、でもまだ余裕が残ってるし・・・今日はフルを走るんだし・・・
とブツブツ己を慰めている間に、あっさりと25kmの折り返し地点を通過。
己の無成長ぶりに驚きながらの、後半戦突入です。

なお、20km通過時の「5kmタブレット」も「セーフ」でした。
残りのタブレット数も減り、圧力が高まってまいりましたww

おっと!またまた出勤時間です。
今日は週末なので、夜にも更新します~(吞んでなかったらだけど
では、また!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←ブログの読者さんに職業を尋ねられましたが、私の本職は「正義の味方」です。とか言ってみてぇ

【マラソン・ジョギング】激走、42.195km(参戦編1)

こんにちは
来月の鈴鹿HMSに申し込もうかどうか迷い中・・・@鳩子です。
12月だと寒いよね~~でも来春まで待つのは長いなぁ~~むぅぅ(; ・`ω・´)

さて、本日からは、運動音痴のBBAが初フルマラソンに挑戦した記録をご報告します。

●レース前日
不安に駆られて買い物に走る

前日になって、フルマラソンの部には関門時間が設定されていることを知り(ハーフの部にはなかったのです~)
「もう無理。オラ走れない」と一気に弱気になりました。
オラ、シオシオすっぞ・・・(弱気玉発射)

しかし、今頃出走を取りやめても、払ったエントリフィーは帰ってきません。
家族にも負担を強いながら練習した三ヶ月間。いまさら逃げるわけにはいきません。

というわけで、急遽買い物をして、お金で不安を紛らわせました。

買ったもの
スポーツデポ(イグニオ)のウェストポーチ
5本指ソックス
塩熱タブレット
OS-1


結果、ウェストポーチは、既に持っていたドイターのポーチで代用可能であり
塩熱タブレットは、同じ商品を夫が一袋持っていました。
5本指ソックスは、おろしたてを履いたためか足にマメを作る結果となり
本当に役に立ったのは、200円弱のOS-1のみでした。

教訓:騒動買いダメ、ゼッタイ

まぁ、ウェストポーチは、イグニオのほうがボトルが揺れにくかったし
足の指も、古いソックスでもマメは避けられなかった気がします。
塩熱タブレットも、夫の持っていたタブレットと私の買ったタブレットを混ぜることによって新たな効果が生まれましたし(詳細は後述)
結果はオーライです。でも次からは買い物に逃げないわッ(; ・`ω・´)

●当日~スタートまで
朝4時に起きて、朝食にお味噌汁ご飯(どんぶり一杯)を食べました。
レース当日の食事は、これまでずっと卵かけごはん一筋でしたが
生の卵は消化に悪いかと思い、今回はお味噌汁ぶっかけご飯にしました。
どっちにしても女子の食事じゃありませんね。良い子の女子は真似しないでください。

お餅、カステラ、バナナ、うどんなどが一般的なランナー勝負食と聞きます。
スタート3時間前までに食べる、というのが鉄則です。

今回はスタートが9時だったので、5時に朝食を採りました。
あまり早くに食べるとスタートまでにお腹が空くので、6時ごろに食べたかったのですが
その時間は電車に乗っている計画だったのです。
お腹が減らないように、バナナ、自家製おにぎり、ゼリーを間食として持っていきました。

初のフルマラソン挑戦にあたっての作戦
・5kmごとに塩熱タブレットを舐める(距離感覚を持つため、気分転換、足攣り対策)
・10kmごとにショッツで補給
・携帯は持たない(重いし、電池が持たないから。時間は腕時計で確認)

塩熱タブレットは、5kmx8個をポーチに入れました。
2~3個余裕を持たせるのが通常のセオリーですが
ポーチに手を入れるたびに「このタブレットが無くなるとき、ゴールできるのね・・・」(おさげ美少女が病室で「この葉っぱが全て落ちるとき、私の命も・・・」のノリ)とオー・ヘンリーごっこができるので
敢えてきっちり8個にしました。

夫から「ほらよ。俺のタブレットも分けてやるよ」とお餞別のタブレットx2個をもらいましたので
自分の分のタブレット6個を足して、ポーチにしまいました。
準備は万端です。

優しい旦那様に駅まで送ってもらい、電車で現地入り(>ありがとうございます、委員長)
スタート2時間前(7:00)には現地入りしましたが
荷物の置き場所を確保したり、トイレに行ったり、当日受付をしている間に
休む間もなくスタートの時を迎えました。
次回も、スタート2時間前には現地入りしましょうφ(・ω・ )(>未来の自分へ)

ハーフの時は、トイレの混雑が酷くて利用できなかった記憶がありますが
フルはハーフよりもスタート時間が早いですし、女子の参加人数も少ないので
待ち時間ナシでトイレが利用できます。
3回も利用したので、これは有り難かった。

スタート前、着替えなどの荷物を置くためにシートを広げていると
お隣に、優しそうなご年配の男性が陣地を確保していました。
その方もお一人での参加だったので、軽く挨拶をして話をしたのですが
なんと、大会最年長の参加者さんでした!
御年70歳オーバーとのこと∑(゜∀゜)
初フル参加者として、大先輩にアドバイスを求めると
「とにかく無理をしないこと。補給は、全部止まって取るくらいの余裕が大事だよ」と教えてくれました。

今回は、このアドバイスのおかげで走りきれたような気がします。
補給は、全箇所足を止めて、全種類いただきました!
直接お礼を言う機会はもうありませんが、この場を借りて念を送りたいと思います。ありがとうございます、先輩ランナー!

いつもは余らせてしまう持ち込み食料(おにぎり、バナナ、ゼリー)も、今回は完食!
少し肌寒い朝だったので、暖かい珈琲飲みたいところでしたが
カフェインは利尿作用が高いため摂取を我慢しました。

庄内緑地公園の自販機にはホットのお茶がないのが残念です・・・。
とかいつつ、カフェインを我慢した割にはレース前に3回もトイレに行ったので、利尿効果ウンタラには疑問が残りますね。
気にせず飲んでも結果は同じかもしれません。

スタートの号砲は、今年も名物名古屋市長が行いました。
この方、全国で一番お給料の安い市長なんだそうです。ほんと、いつもどーでもいい話ばかりです。
市長のグダグダ話で会場が失笑に包まれている間に、いつの間にか号砲が鳴っていました。
全国的知名度の名古屋ウィメンズと違って、名古屋アドベンチャーマラソンは毎回とてもアットホームな運営です。

というわけで、スタートするまでの記録だけで出勤時間が迫ってきました・・・(; ・`ω・´)
続きは今夜書きます!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←バイクのバの字も出てきませんが・・・よろしければ応援のワンクリックをお願いいたします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

リンク