【つぶやき】千手観音鳩子の電装点検講座

みなさーーーん、バイク、乗ってますかーーー\(^o^)/イエー

私は、全然乗ってませんよーーーー\(^o^)/\(^o^)/イエー

こんにちは。更年期withハイテンションでキめてみました@鳩子です。
注:更年期とは・・・永遠の17歳が罹患するシンデレラ病。動悸、息切れ、不眠、厨二病、尿漏れなどが主な症状
シンデレラって意外と大変(誰がシンデレラや)

ひとたびバッテリーを外してしまうと、もう一度はめ直すのは存外おっくうなものです~

おかげで、まだ新年初乗りを果たしていませんよ。新しいウェア、試したいなぁ
でも、周囲の路面はまだ雪が残っていて、なかなかに危険がアブナイのです。でんじゃらーす
早く雪、溶けないかなぁ~。春が待ち遠しいです。。。


泣いてばかりいても仕方ないので
平日のうちにできることを少しでも片付けておこうと思いまして。
KIMG0705.jpg

サービスマニュアルを引っ張り出してきました。

指紋ひとつついていない、綺麗なMyマニュアル。
うん、ふだん、ほっとんど使ってないからね☆

えーと、バッテリーの充電圧を調べる方法は、と・・・φ(..)ペラペラ
KIMG0707.jpg

あった!
8章「電装」の章の8-8、「点検」という項目です。

ふむふむ(´・ω・`)

1、バッテリーリーク電流を調べる

なるほどなるほど。
まずは、おバイクの中で電流がモレモレになってないか調べるわけですね。

わかるー!
私も、最近は年のせいか、たまに尿漏・・・ウソですけどね?

まぁ、SV子も今年で15歳。
人間だったら中3でギャル真っ盛りですが、おバイク界ではもはや中年です。
おぉ、来年はJKかよSV子。あたしと同じだなォイ!(ツッコミは許可します。放置は許しませんww)

この作業は、イグニションスイッチ(エンジンスイッチね)OFFで出来ます。
よーし、週末にやってみよ~っと。

2、バッテリー充電圧の点検

お?
これが、#96さんがコメントで教えてくださった「レギュの整流する前の電圧と電流で大体の故障箇所の目処がつきます。」というやつでしょうか(´・ω・`)フムフム

ここでの電圧が正常で、バッテリーの放電圧が低いのならバッテリー君が犯人ですし(「バッテリー自体の放電電圧が低く、レギュからの充電電圧が正常ならばバッテリーの劣化です」の辺りですね)
逆に、ここでの電圧が異常ならば、レギュ君かジェネ君が犯人ということになります。
レギュレータ、ジェネレータ・・・・ふぉぉぉお高いやつだ~~_(:3 」∠)_

できれば、この時点で「犯人!バッテリー君!!」となって欲しいものです(いでよ、言霊パワー!)

この作業では、「ディマスイッチをHIにして、5000rpmに保つ」と書いてあります。

・・・

「ディマスイッチ」?(´・ω・`)

マニュアルには、「ディマスイッチ」なるものの注釈がついていませんでしたが、ネットで検索してみたところ、どうやらハイビームのスイッチのことのようです。
シャレオツな名前が付いているものですね~。「ディマ」ですってよ奥様!

5000回転か・・・うるせぇな(笑)
この作業では、イグニッションONで、かつ5000回転までフカす必要があります。
うちのSV子、夜中に自宅で5000回転も回したら、たぶん警察に通報されます(笑)爆音仕様だしなぁ
昼間にガレージから引きずり出してチェックせねばなりません。外でフカしても、近所迷惑には違いないけどね^^;シカタネ

3、ジェネレータコイル抵抗の点検

ほぅほぅ。レギュ前の電圧を調べる、というやつですね。

この作業では、ジェネレータを外す必要はないそうです。
えーと
ここまでの電圧が規定値内なら、問題はレギュ君にあるということで
規定値を外れていたら「ジェネレータを新品と交換する」と書いてあります。
ぎゃぁぁぁぁジェネレータ交換怖い~~~~(金額が)

この作業では、抵抗を測るので、イグニッションはOFFでOKみたいです。
おバイクを外に引きずり出すのは結構大変なので、2番を飛ばして先に3番をやるのもいいかも?

でもそれだと、「ジェネレータ、アウトーーー!」って場合しか、分かりませんね・・・。
ジェネじゃなかったら、結局2番をやる羽目にあるのか・・・5000回転…おぉぅ、なんだか想像以上にメンドクサイぞ"(-""-)"

4、、ジェネレータの無負荷性能の点検

この作業では、エンジンをONにして、5000rpmに保ち、ジェネレータの無負荷性能をチェックするそうです。
「この作業でジェネレータの電圧が規定値を外れていたら、ジェネレータを新品に交換してください」

結局交換かよ_(:3 」∠)_

3番でOKが出ても、それでもジェネ君が悪い!って場合もあるようです。トポポ

うーんうーん"(-""-)"


・・・(;゚ロ゚)ハッ!
そういえば、私には手が2本しか付いていないのですが
私がスロットルを回している間、どうやってテスターを点検個所に当てるのでしょうか?

ガビーン
点検って、もしかして一人ではできないものなのでしょうか・・・プロはどうしてるんだろう??
とりあえず、1番のバッテリーチェックだけ自力で頑張って
そこで異常が見つからない場合は、委員長大先輩を召喚したいと思います。

先輩、私が電気系統を触ろうとしたら、ものすごーく嫌な顔するんだよねぇ(´;ω;`)ウゥゥ
気持ちは分かるけどねwwwでも許してくれよぅ~仕方ないんだよぅ~~(TmT)ウゥゥ・・・

でも、泣いてすがって歯茎を剥いてお願いするしかありません・・・あぁぁ、どうかバッテリーのチャージだけで解決しますように!

以上、千手観音(になれない)鳩子の、電装品点検勉強会の巻でした☆

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←週末は、所要のため三重県までドライブしてきます。三重県のレッドバロン、覗きに行けるかな~??

【マラソン・ジョギング】チファニーへの道6 ハーフマラソン 

みのかも日本昭和村ハーフマラソン2018、完走しました!

KIMG0701.jpg

去年のタイムを15分更新しましたヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

15分、ということは、1kmあたり45秒くらい速かった計算になります。すっげー!

なお、ランニングアプリの「マイアシックス」(私は”おにっくす先生”と呼んでいます)によると
あたくし、今週末も21km、その翌週は25km走る予定になっております。すっげー。おにっくす、マジで鬼・・・。

40代女性だと、21kmは2時間切るくらいが平均らしいので、2時間16分なんてまだまだ亀なタイムなのですけれど
ここ数年、ろくにタイムを更新できていなかったので、ブリバリブッチギリに嬉しゅうございます( *´艸`)
自分へのご褒美にチューハイ3本飲んだら3kg太ったよ!!一晩で3か月分のダイエットを台無しにしたったぜイェー
(今年の書初めの前で正座中なう)

さて。
来年の私の為に、今回のタイムアップのポイントを書き残しておこうと思います。
お~い、来年の私~!!目をかっぽじってこの記事を読むといいよ~!!!(そしてチューハイは2本までにしておけ!!!!)

1.補給はセルフで
今年は、コース上の給水所は利用せず、持参したランニングボトルで給水しました。
21kmっぽっちじゃ補給なんて要らない!・・・という人も多いかと思いますが、エイドはともかく水は飲んだほうがいいです!
21kmも風を切って走ったら、たとえ気温が低くても、身体の水分はかなり持っていかれます。

そして、給水所でのタイムロスも、私のような足切ギリギリのランナーには無視できない損失なのです。
今回は、塩熱タブレットを3個持参し、5km・10km・15kmで水と一緒に補給しました。
スポーツドリンクを持参すればタブレットは省略できますが
水だと頭からかぶったり、口元をすすいだりもできるので、なにかと便利です。
フルマラソンの時は水とスポドリ、両方持っていこうと思います。

2.コースガイドを利用せよ
大会の公式サイトには、「コースガイド」というコンテンツが用意されています。

このコンテンツでは、ベテランランナーのガイドさんが全コースを走りながら紹介してくれます。
ものすごーく温和なオジサマがガイドとして登場するのですが、あの笑顔に騙されてはいけません・・・
彼の足をご覧ください、マジのガチでムッキムキです(笑)21kmを、喋りながら笑顔で走破します(爆)

何キロ地点でエゲつない登りが出てくるのか、事前に動画で学習しておくと
本番当日に余裕をもって走ることができます(まぁやっぱり死ぬんですけど)。
私は今年初めてコースガイドを真面目に見ましたが、ペース配分を決めるうえで非常に役に立ちました。
ウィメンズを走る際にも、こうしたコースガイドがないか探してみようと思います(もし公式になくても、有名な大会ならネット上には動画が落ちている、らしいです)。

ただ、動画にない登りも実際には登場しますので、あまりガイドを過信しないでください(笑)
私も今回、3回くらい「聞いてないよーーーー!!!」と絶叫しました_(:3 」∠)_

あと、動画内では「13㎞の途中関門は、スタートから1時間25分で閉鎖されます」と紹介されていますが
実際には、1時間35分です。
たぶん、動画を撮影した当時は1時間25分関門だったのだと思います(私の記憶によると、4年くらい前は1時間25分だった)。
でも、2018年現時点では1時間35分です。
たった10分ですが、私はちょうどこの足切タイムぎりぎりで走るランナーですので、今回はめっちゃ焦りました(;´∀`)
死ぬ気で走り抜けて1時間26分くらいで通過しましたが、もし動画通りに25分だったら・・・・と思うと生きた心地がせず
軽く太ももを攣らせながら激走しました^^;
今回の高タイム、ここでの激走が一因なのかもしれません。

3.仮想敵を作れ
今回は、余力を残さず全力で走り抜きたかったため
レース会場で「仮想敵」を作りました。

「仮想敵」とは、自分より少し早そうなランナーを見つけ、「何があっても、最後にこの人だけは抜く!」とロックオンする作業のことです。
21kmの間ずーっとロックオンするのは、さすがに嫌がられますし失礼ですから、5kmごととか、給水ポイントごとに
敵を交換(!?)するといいと思います。

私は今回、ラスト5kmくらいでとある美女ランナーをロックオンしました。
美しさと言い、年齢といい(若かった!)、ペースといい、私といい勝負のビジョガーがいたのです(どこがいい勝負?という異論は却下します)。

1kmほど彼女をストーキングしながら、私、考えました。
さて、どこでこの美女をブチ抜いておこうか・・・。
ゴール前でブチ抜くのが王道だろうけれど、もしそれで失敗したら「ただずっと後ろを走って追い抜けなかったマヌケ」になって、実にカコワルイ。
ここはやはり、早めにブチ抜いておいてチギり、敵のやる気を殺ぐ作戦か・・・昔のロッシのように・・・←。

というわけで、早めの17㎞地点で美女をブチ抜きました!

うん

17.5km地点でアッサリ抜き返されました。

美女は、そのまま涼しい顔で、私を置き去りにして走り去っていきました・・・_(:3 」∠)_

ぐっぞーーーー(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・・
ちょっと美人で若い娘に負けたーーーーー!!!
いろんな意味で負けたーーーーーーッ(※注:勝った経験はない)

と、思ったら!

ゴール1km前地点で、再び彼女をロックオンしました!!
ぐふふふふふ(((;-д- )=3ハァハァ←瀕死

マラソンの神は我を見捨てなかった!
ここで彼女を追い抜いたら、かなりドラマチックですよね?
今年の私、ちょーカッコイイ!!って感じですよね!!!?(≧∇≦)ゼェゼェゼェーーー

・・・(激走)・・・

どうやっても追い抜けませんでした。

足がーー!足が攣るーーーーー!!!
ぐぁぁぁぁぁ

と、ここで
再度マラソンの神が降臨しました。
ゴール前の渋滞に巻き込まれ、くだんのビジョガーのペースが落ちたのです!!


今だ!
もう、足なんてどうなってもいいから、死ぬ気で突っ走れ鳩子ぉぉぉーーーーーッッッ

結果

ビジョガーをぶっちぎってゴールを決めました。

おめでとう私!
女の妬みパワー、見せたったぞ!!←

・・・ん?
よく見たら、私がブチ抜いたランナーは、ずっとロックオンしていたランナーとは違うゼッケンをつけていました。

あん♡
鳩子の勘違いさん(๑ゝڡ◕๑)♡(テヘペロ)←おまわりさん、このウザい人投獄してください

私がロックオンしていたビジョガーは、私のはるか前でゴール済でした。
2018年、大負けから華麗にスタートです。まる。

でも、彼女のおかげで、最後まで死力を尽くして戦うことができました!
今年の好タイムは、彼女に拠るところが大きいと思います♪
ウィメンズでも、上手にペースメーカーを探し当てられるといいな~

以上、みのかも日本昭和村ハーフマラソン2018レースレポートでした!
今月はガッツリ体重落とすよ~今度こそ本気だよ~(´▽`*)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ

【つぶやき】バッテリーに関する情報提供へのお礼

昨年の年納め記事で
「バッテリーを充電させられないほどの亀速度でツーリングした疑惑」
について公開したところ
いくつかの親切なコメントやメッセージを頂戴しました。

情報をくださったかたに、この場を借りて深く厚く御礼申し上げます。ありがとーありがとー!ヾ(≧▽≦)ノ

このブログをみてくださってる方のなかにも、同じような症状に悩まされてるかたがいらっしゃるかもしれませんので
今日は、お寄せいただいた情報を記事にまとめて残しておこうと思います。
車種に寄らず、冬場はみなさんバッテリーあがりに苦労されると思いますので
もしよろしければ、参考にしていただければと思います。

あ、その前に、指のクリック運動を此方でお願いいたします↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ

さて。
〇委員長説
冬場は、(バッテリー内の)化学反応が鈍くなる。バッテリーの劣化は疑わしいところだが、まずはチャージャーで充電してミソ

→即採用。買い替えを検討する前に、まずはチャージャーで充電してみます。

〇鹿児島のSV乗りさん(掲載の了承をいただいていないので、匿名にて失礼します)
コネクターの中で配線が溶けていた経験がある。配線を切ってギボシ端子を付け、補修した。

→腐食でしょうか・・・怖い((( ;゚Д゚))
今のところ、目に見える部分での腐食はなさそうですが(室内保管が功を奏しているのかもしれません)、もしバッテリー交換後も充電できない状態が続いたら、一度配線のカバーを切ってチェックしたほうがいいかもしれないですね。覚えておきます!情報、ありがとうございます。

〇Lynnさん説
レギュレターがお亡くなりかけてる可能性もありますよ。

→帰りの渋滞でエンジン回さない、ラジエターファン常時回転、ブレーキランプ握りっぱなし・・・おぉぉ、思い当たるところ、ありすぎます"(-""-)"
レギュレーターぁぁぁぁいやぁぁぁあたしの諭吉がぁぁぁワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
うちのTL機も、そういえば数年前にジェネレータとレギュレータが手に手を取り合って一緒に逝きました。
そのときは「やーいやーい、オンボロバイク~!」と嘲笑っておきましたが・・・よくよく考えたら、うちのSV子、走行距離は全然ですけど年式だけならTLと数年しか違わないのでした・・・_(:3 」∠)_
ということは、自然に寿命でお亡くなりかけている可能性も、無くはないわけで・・・いやぁぁぁ

〇#96さん説
バッテリー交換の前に、まずは各箇所の接点を接点復活剤で磨いてみてはどうか。
それから、レギュの整流する前と後との電圧・電流をチェックしてはどうか。それにより、バッテリーが原因なのか、レギュか、それともジェネ(恐怖のため以下略)

→おっしゃる通りですね!
復活剤は委員長が持っているようですので、まずは借りて(返さないけど)コシコシやってみます。
それでも改善しなければ(いや、しても?)、レギュレーター前後の電圧や電流を測定してみるわけですね。

1.レギュの前(レギュレータとジェネレータの間)の電圧が異常→ジェネの問題
2.レギュの後(レギュレータとバッテリーの間)の電圧が異常→レギュレータの問題
3.1と2が正常、かつバッテリー充電圧が異常→バッテリーの問題

うーんと(; ・`д・´)
電気やメカにめっぽう弱いので、ちょっと自信はないのですが(それでいいのか元高専女子!)
こんな理解で大丈夫でしょうか?(>#96さん)

あ、
電圧が正常でも、接点が錆びてると電流は流れてない、ってことはあり得ますかねぇ
(そか、だから最初に接点磨いておいたほうがいいのか・・・)っつーことは、3番の場合は、バッテリーの接点も疑ってみないとダメですね。
1番と2番の場合は、電流が流れてなければ、そもそもレギュやジェネが正常に動作しないだろうから
3番の場合だけ注意すれば良さそうな気もしますけど・・・まぁ、どうせ整備するなら全部磨きますよね。サービスマニュアル、ちゃんと読み解けるかな・・・_(:3 」∠)_

ちなみに!
全国の高専女子の名誉のために付け加えておきますと
「電気やメカに弱い」のは鳩子の特性であって、普通の高専女子はもっと優秀です!あしからず!
一応、私だって、ジェネレータだのレギュレータだのの単語や機能は理解できてますッ
たぶん、私のママ友の半分くらいは知らない単語だと思うので、これだけでもまぁ、恩師の先生にある程度顔向けできる成果ではないかと・・・(ごめん、先生(汗))
なお、鳩家にあるテスターは、高専時代の女子友が自作してくれた高専テスターです。ほら、ちょっと高専っぽいww
作ってくれた友人はとても優秀な人なのですが、いかんせん年式が高いので(25年モノ)、動作はちょっと怪しいという、ねwww
はぁ、市販のテスター、買っておかないとね~"(-""-)"

今週末はハーフマラソンを走ってヨレヨレになる予定ですが、元気が余っていたらテスター購入&電圧チェックに挑みたいと思います!
それではみなさま、よい週末を

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ←新しいウェアを手に入れたので、頑張ってメンテして今月中に初乗りするんだ俺!でももしもジェネレータやレギュレータが逝ってたら・・・
・・・春まで冬眠します・・・

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳩の大好きアイテム



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RACERS(Vol.44)
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッカンタカハシゴー(第5ゴー)
価格:960円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Star Red レディース半袖ジャージ
価格:20300円(税込、送料別) (2017/4/8時点)


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリ

リンク